忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天罰を与える

慶ちゃんたち、うちにいる地霊はイチゴが大好きなので、
ひょっとしてお庭の花たちもイチゴが好きかなと思いました。
もし、ほしがらなくても腐って土になれば肥料になるかと思って、イチゴを少し切って
お花の鉢に入れました。すると、日頃何も言わないお花が「ギャーッ!」と悲鳴を上げたような
声が心に聞こえたので、慌ててイチゴを退けました。
あとでよく考えると、イチゴって種がいっぱい詰まった実なので、植物にとっては驚異なんだなと
思いました。
植物にとって怖いのは雑草などの種子で、それが成長して自分が凌駕されてしまうことが
一番怖いみたいです。
草花の気持ちになってなかったなと思って反省しました。

今日は地元の神社に参拝してきました。
すると声が聞こえました。
「氏神が氏子を見捨てることはない、氏子の苦難を黙殺することはない、よって氏子が道を違えれば
かならず天罰を与える。」
最初意味が分かりませんでした。必ず氏子を助けるなら、どうして天罰を与えるのかと。
天罰というのは時に死をもたらすこともある恐ろしい祟りですからね。
どうしても意味が分からなくて慶ちゃんに聞いて見ました。すると
「絶対見捨てないから天罰を与えるんだよ!どんな無礼があっても氏神様は
黙殺したり見捨てたりしないんだよ!だから例え天罰を与えて殺すことがあっても、
無視はしないんだよ!」と言ってました。
稲荷神社を家に建立したりして、お金持ちになったあと、稲荷を放置して放棄してしまったりすると
子孫が祟られると言いますが、これも稲荷の眷属の情が深いかららしい。
絶対に見捨てたり黙殺したりしないからこそ、
最後まで祟って気づかせようとするんだそうだ。
それで、気づけば良し、気づかなければ、死ぬぐらいまで警告をエスカレートしていることになるらしい。
なぜ、途中でやめないかというと、氏子を絶対に見捨てないから。捨てないから。
その、絶対に見捨てないという信頼感によって神と氏子は繋がっているらしい。
信心とはそういうものだという。深い話を聞いてしまった。
だから神は信頼しなければならないし、信仰するなら、いいかげんなことをしてはならないそうだ。
それから、自分ではどうしようもない天罰や祟りはないそう。人間が気づいて、考えを改めれば
祟りも自ずから収まるという。
でも、多くの場合、その人がうまくいかないのは、努力が足りないのか、何か、努力の方向性が
間違っていて、あさっての方向に動いているからだそうだ。
一生懸命努力しているのに、天罰や祟りでうまくいかないということは、まずないらしい。
大切なのは信じて懸命に努力することだそうだ。
そんな話を聞きました。
PR

天罰を与える

慶ちゃんたち、うちにいる地霊はイチゴが大好きなので、
ひょっとしてお庭の花たちもイチゴが好きかなと思いました。
もし、ほしがらなくても腐って土になれば肥料になるかと思って、イチゴを少し気って
お花の鉢に入れました。すると、日頃何も言わないお花が「ギャーッ!」と悲鳴を上げたような
声が心に聞こえたので、慌ててイチゴを退けました。
あとでよく考えると、イチゴって種がいっぱい詰まった実なので、植物にとっては驚異なんだなと
思いました。
植物にとって怖いのは雑草などの種子で、それが成長して自分が凌駕されてしまうことが
一番怖いみたいです。
草花の気持ちになってなかったなと思って反省しました。

今日は地元の神社に参拝してきました。
すると声が聞こえました。
「氏神が氏子を見捨てることはない、氏子の苦難を黙殺することはない、よって氏子が道を違えれば
かならず天罰を与える。」
最初意味が分かりませんでした。必ず氏子を助けるなら、どうして天罰を与えるのかと。
天罰というのは時に死をもたらすこともある恐ろしい祟りですからね。
どうしても意味が分からなくて慶ちゃんに聞いて見ました。すると
「絶対見捨てないから天罰を与えるんだよ!どんな無礼があっても氏神様は
黙殺したり見捨てたりしないんだよ!だから例え天罰を与えて殺すことがあっても、
無視はしないんだよ!」と言ってました。
稲荷神社を家に建立したりして、お金持ちになったあと、稲荷を放置して放棄してしまったりすると
子孫が祟られると言いますが、これも稲荷の眷属の情が深いかららしい。
絶対に見捨てたり黙殺したりしないからこそ、
最後まで祟って気づかせようとするんだそうだ。
それで、気づけば良し、気づかなければ、死ぬぐらいまで警告をエスカレートしていることになるらしい。
なぜ、途中でやめないかというと、氏子を絶対に見捨てないから。捨てないから。
その、絶対に見捨てないという信頼感によって神と氏子は繋がっているらしい。
信心とはそういうものだという。深い話を聞いてしまった。
だから神は信頼しなければならないし、信仰するなら、いいかげんなことをしてはならないそうだ。
それから、自分ではどうしようもない天罰や祟りはないそう。人間が気づいて、考えを改めれば
祟りも自ずから収まるという。
でも、多くの場合、その人がうまくいかないのは、努力が足りないのか、何か、努力の方向性が
間違っていて、あさっての方向に動いているからだそうだ。
一生懸命努力しているのに、天罰や祟りでうまくいかないということは、まずないらしい。
大切なのは信じて懸命に努力することだそうだ。
そんな話を聞きました。

お花の声

最近よくホームセンターに行く。
慶ちゃんはホームセンターのお花が大好きだ。
最近の慶ちゃんブームはバーベナのようだ。
バーベナを見つけると両手を斜め上にあげて「ばーべな!」と叫ぶ。
前は踊りながら「カランコエ!」と叫んで居た。
最近、どうも妙に小さな草花の精の声が聞こえる。
この前、小さなデージーが話しかけてきた。
「ねえねえ、おうちに連れて帰ってよ」
「そうだねえ、君かわいいし値段も八〇円だから連れてかえろうかなあ。でも
今日はバラを買いに来たからそっちが先ね」
私はそう言って、バラの苗を二つ買ってデージーの処へ戻った。
「買ってあげようか?」
「いらんわい!」
「どうして?」
「トゲトゲ姉さんは嫌いやねん!」
どうもこのデージーはバラが嫌いなようだ。そのうち、
おじさんがその子を連れていってレジに行き、買って車に乗せて帰っていった。
連れて帰られるとき、デージーの精は嬉しそうに「車にポピー!」と叫びながら
連れて帰られていった。
いや、お前、デージーだからポピーじゃないから。
たぶん、園芸農場の人が鼻歌で歌っていたのを聞いて憶えたんだろう。
ご機嫌そうでなにより。
慶ちゃんたちも元気です。
イチゴもらっってご機嫌にしています。
イマが一番イチゴが安いね。
ひとつ298円くらいであるよ。

忍ちゃん危機一髪

慶ちゃんたちはあいかわらずイチゴ大好きです。
今の時期は安くでイチゴが沢山手に入るので、大喜びです。
一昨日は慶ちゃんと剣ちゃんがイチゴパックをもらいました。
昨日は忍ちゃんが貰いました。今日は父と一緒にお買い物です。
父がイチゴパック一つ買ったら慶ちゃんが手を出そうとしました。
「だめよ」忍ちゃんが言いました。
「なんでだよ!昨日忍ちゃんもらったじゃない!」
「だってあなた、イチゴパック二つもらうときは、どさくさにまぎれて、必ず1個もらうじゃない。あなたの
いちご貰う率は異常に高いのよ、ここは剣ちゃんにゆずりなさい」
「はーい」
慶ちゃんはちょっと不満そうだった。そのあと、慶ちゃんはデコポンを貰いました。忍ちゃんはお気に入りに
キリーのクリームチーズを貰いました。
そのあと、父がミルクアイスパックを買い物籠に入れる。
「あ、これは私がもらうわ」
素早く忍ちゃんがイチゴアイスを貰ってしまう。
「ずるいよ!慶タンイチゴもらってないから、いいもの欲しいよ!アイスほしいよ!」
「何言ってるの、私だってイチゴもらってないんだからアイスほしいわよ」
「だって忍ちゃん昨日イチゴもらったじゃない」
「昨日は昨日よ」
「だって、その前に慶タンがいっぱいもらったから、今日はイチゴ諦めなさいって言ったじゃん」
「それは確率の問題よ、確率として慶ちゃんはイチゴ貰う率が高いからイチゴ貰う率が低い私が
アイスを貰うのは大自然の掟なのよ!」
「ぴょーっ!」
慶ちゃんの頭と耳から湯気が噴き出す。
「はっけよーいのこったー!」
慶たんは頭の上にお相撲さんのちょんまげをつけて忍ちゃんにくみつき、うっちゃって、忍ちゃんを投げ飛ばした。
「きゃっ!何するのよっ!」
忍ちゃんは激怒する。
「慶ちゃん山の勝ち~」
剣ちゃんが行司の格好をして、賞金として勝手にミルクアイスを慶ちゃんにあげてしまう。
「何やってんのよ、あんたたち!」
激怒する忍ちゃん。
「これも自然の摂理だよ、ほほほ」
慶ちゃんは笑ってごまかす。
「まったくもう、そんな子に育てた憶えはありませんよ!」
忍ちゃんは叱責する。
「忍ちゃんに育ててもらったおぼえはないよ!」
慶ちゃんが言う。
「あよい!よい!よよいのよい!」
慶ちゃんと忍ちゃんが一緒に踊る。
「は~ポン!」
二柱揃って柏手を打って、一件落着。
ここらへんの精霊の手打ちのやり方ははく意味がわからない。
つぎに私が牛乳を籠に入れる。
「はいはい、慶ちゃんはそんなに乳製品がすきなら牛乳でももらっときなさい。はいはい、おっぱいがいっぱいよ」
「牛乳はおやつにははいらないよ」
慶ちゃんは不満顔だ。
「いいのよ、天空のはるかかなた、マゼラン星雲にでは牛乳がおやつかもしれないじゃない。実際、
アイスがおやつならその先祖である牛乳がおやつではないというのは、詭弁にすぎないのよっ!」
忍ちゃんが胸をはっていった。
「よくわからないけどアイスもらったから、こでいいや」
慶ちゃんは妥協した。
次にコーヒー牛乳を入れるとこれは剣ちゃんが貰った。
「ほらごらんなさい、剣ちゃんは何の文句も言わずにコーヒー牛乳を貰ったわよ!」
「コーヒー牛乳はおやつだよ!だって甘いもん!」
「あら、じゃあサトウキビから作る味の素はおやつなわけね」
「味の素は甘くないよ!」
「私は起源論の話をしているのよ。コーヒー牛乳と牛乳の差異と機嫌について。はい、ここ重要よ、テストに出ます」
「めんどくさいからもういいや」
慶ちゃんはあっさり話を放棄した。
その次、父が卵入りロールパンを買った。順番的にこれは忍ちゃんのものになった。
なんだか納得いかないわね。
忍ちゃんは不満顔だ。
次に父はチョコレート二つを買い、私がホワイトチョコレート一つを買った。
ホワイトチョコは忍ちゃんが貰った。
チョコレートは慶ちゃんと剣ちゃんがもらって、いつもどおり、チョコをバタバタ上下にふって遊んだ。
慶ちゃんはとくにこの遊びが好きだ。何が面白いのかわからないけど。
そして、次に父はビスコを買った。
「もらった」
素早く忍ちゃんがビスコを貰ってしまった。
「あ、剣ちゃんビスコほしい!」
剣ちゃんがビスコに飛びつこうとする。
「何してるのよ、あなたイチゴもらったでしょ!ビスコがほしかったらイチゴと交換よ!」
「えー剣ちゃんイチゴもビスコもほしい」
「あなたイチゴもらったんだから我慢しなさい!」
「わーん!ビスコ欲しい―!ビスコ―!」
剣ちゃんは泣いてしまった。
「泣いてもあげなーい」
「ほしいよーほしいよー!」
剣ちゃんはぽろぽろ涙を流して泣いた。
「まったくもう、だだっこなんだから、うるさいからやるわよ」
ツンデレ忍ちゃんは剣ちゃんにビスコをあげた。
「わーい!」
剣ちゃんの機嫌はすぐに直った。
そのあとぐつ、父が、オブラートにつつんだ、甘いゼリーお菓子を買った。
「あ、剣ちゃんこれほしい!」
剣ちゃんが飛びつく。
「何いってるの、あんた、さっきビスコとったじゃない」
忍ちゃんが怒る。
「じゃあ、ビスコと交換でいい」
「なによ、あれだけビスコほしがったじゃない!」
「だって剣ちゃんは甘いお菓子が一番すきなんだもーん!」
「まったくどうゆう教育を受けたのかしら、教頭先生!おたくの学校はどういう教育方針ざます!」
忍ちゃんが慶ちゃんに怒鳴った。
「そうおっしゃられましても、PTA会長、剣さんはお宅様のお子様ですし、最低限の礼儀作法は
お宅様で教育していただかないと」
慶ちゃんは背広を着た格好でぺこぺこ頭をさげる。
「何ざます!大切なお子様を預かる学校がそんな態度でどうするざます!こうなったら
教育委員会に訴えるざます!」
「そ、それだけはごかんべんを、これ以上査定が下がると夏のボーナスが減額されてしまいますーっ!」
「ボーナスがなによ!ナスがママ、キュウリがパパとはこれいかに!」
「ちゃんちゃん」
落ちがついたところで慶ちゃんと忍ちゃんはポーズをとった。
そうやって三文芝居をしている間に父はレジに向かってしまった。
「ちょ、ちょっとまってよ!また慶タンのおやつがないよ!」
慶ちゃんがあわてる。
父はレジを済ましてしまった。
レジをすました段階で端数になった最後のおやつは貰えないルールになっている。
不公正にならないために、最近そういうルールが慶ちゃんたちの間でさだめられたのだ。
「わーん」
忍ちゃんと剣ちゃんが泣いてしまった。
忍ちゃんが泣くことはめずらしい。今日はアイスも貰えなかったし、ビスコが最後の希望だったんだろう。
そのまま父は近くの薬局に入る。そして出てくる。
父の肩に慶ちゃんたつかまっている。慶ちゃんはニコニコしている。
「ぼんたんアメもらったよー!」
慶ちゃんはボンタンアメを買ってもらったようだ。
これで、忍ちゃんと剣ちゃんのおやつも復活だ。
「やったわ!」
「やっほー!」
忍ちゃんと剣ちゃんは喜んで踊りを踊った。

イチゴ真っ盛り

イチゴの旬まっさかりで慶ちゃんたちは喜びまくっています。
この前、イチゴを二パック買って慶ちゃんと忍ちゃんが貰って、剣ちゃんは貰えずに涙目になっていましたが、
明治のカマンベールチーズと旨ミルクアイスをもらってちょっとご機嫌が治っていたところです。
最近剣ちゃんは明治のカマンベールが好きなようです。
クラフトのクリームチーズも好きだけど。
今日は大蔵海岸にあるスーパーに行って、高級イチゴを買いました。
この前剣ちゃんはイチゴが貰えなかったので、今日は剣ちゃんの番です。
剣ちゃんは大喜びしてました。
そのあと、リンゴを買ってこれは忍ちゃんが貰いました。
つぎはわらび餅を買ってこれは慶ちゃんが貰いました。
「ちょっとまったー!」
慶ちゃんが言いました。
「剣ちゃんのイチゴは三百八十九円だよ、忍ちゃんのリンゴは二百九十八円だよ。
慶タンのわらび餅が48円たーどういうこったーい!」
叫びながら慶ちゃんはぴょんぴょんその場で飛び跳ねました。
そして服の形のところをめくるマネをして服の片方をぬいだマネをしました。
「オウオウオウ!この桜吹雪がまるっとお見通しでい!」
なんか色々混ざってるみたいです。
「そんな事いわないの。ようは心が大事なのよ。値段なんて気にしない」
忍ちゃんが慶ちゃんをなだめます。
「じゃあ交換してくれる?」
「嫌よ、そんな安物」
忍ちゃん即答。
「むきょーっ!」
叫びながら慶ちゃんはその場をゴロゴロころがりました。
「はいはい、良い子にしててね」
渡しは慶ちゃんの服の誇りをはらって、慶ちゃんの首根っこをつまみあげ、スーパーのカートの上にのせました。
「お?」
慶ちゃんはカートの上から周囲を見回します。
「うひょー乗り物だー!ぶいん!ぶいん!」
言いながら慶ちゃんはスーパーのカートの上でハンドルを回すマネをしまいた。
「私も!私も!」
剣ちゃんがいいながら私の背中によじ登り、肩車して私の頭の上で
ハンドルを回すしぐさをして「ぶいん!ぶいん!」と言って運転ごっこをしました。
私は車か。
「まったく、あなたたちって本当にオコチャマね」
忍ちゃんがいいならが私の足にしがみつき、体をよじのぼって、コアラがユーカリの木に
しがみつくみたいに私の胸の辺りにしがみついてきました。
「ふん、ここが特等席よ」
重い重い。
そのあと、ジャムパンを二つ買いました。
それは慶ちゃんと忍ちゃんが貰いました。
慶ちゃんと忍ちゃんはジャムパンをバタバタ上下にさせて、剣ちゃんを煽りました。
「ぴょーっ剣ちゃんぼっちだよ!ぼっちだよー!」
怒って剣ちゃんは叫びました。その次は板チョコを二枚買いました。
これは剣ちゃんと慶ちゃんが貰いました。
慶ちゃんと剣ちゃんは板チョコを上下にバタバタさせて忍ちゃんを煽りました。
「なによーあなたたちー!」
忍ちゃんは怒りました。
次に慶ちゃんがノシイカが欲しいというので買ってあげました。
「ちょっと待って!さっきから慶ちゃんばっかり買ってもらってるじゃない。順番がおかしいわ。
次は私か剣ちゃんの順番でしょ」
不満顔で忍ちゃんが言いました。
「じゃあ、このノシイカ誰がもらうの?」
慶ちゃんが言うと忍ちゃんも剣ちゃんも顔を横に向けました。
「私はいらないわ」
「剣ちゃんもいらない」
お魚系の干し物が好きなのは慶ちゃんだけなのです。
忍ちゃんと剣ちゃんは臭いのキツいものはあまり好きではありません。
「ぴょーっ!ノシイカ美味しいのにー!」
慶ちゃんがピョンピョン跳ねました。
「でも順番は厳守よ、どう解決するつもりなのかしら」
忍ちゃんがせまる。
「じゃあ、慶タンのジャムパンを忍ちゃんにあげて、チョコレートを剣ちゃんにあげるよ!だから
ノシイカちょうだい!」
「で、でも慶ちゃん、そんな事をしたら忍ちゃんと私だけ二個もらって慶ちゃんはノシイカ一個しか
もらえないんだよ」
心配して剣ちゃんが言った。
「いいんだよ!同じ種類は一つと見なされるの法則があるから分け分けしなくてもいいんだよ!
裂けるチーズだって二つで一パックだけで一人分でしょ!」
「すごい!慶ちゃん太っ腹だね!」
剣ちゃんは感動して目をうるうるさせている。
「ふん、茶番ね、ジャムパン一個、88円、二個で176円。板チョコ一個68円、二個で136円、
ノシイカ一個268円。結局あんたが得してんじゃない!」
さすが頭の回転の速い忍ちゃんがズバリ指摘します。
「値段の問題じゃないんだよ!心の問題なんだよー!」
慶ちゃんがとびはねながら言った。



カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター