忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天罰を与える

慶ちゃんたち、うちにいる地霊はイチゴが大好きなので、
ひょっとしてお庭の花たちもイチゴが好きかなと思いました。
もし、ほしがらなくても腐って土になれば肥料になるかと思って、イチゴを少し気って
お花の鉢に入れました。すると、日頃何も言わないお花が「ギャーッ!」と悲鳴を上げたような
声が心に聞こえたので、慌ててイチゴを退けました。
あとでよく考えると、イチゴって種がいっぱい詰まった実なので、植物にとっては驚異なんだなと
思いました。
植物にとって怖いのは雑草などの種子で、それが成長して自分が凌駕されてしまうことが
一番怖いみたいです。
草花の気持ちになってなかったなと思って反省しました。

今日は地元の神社に参拝してきました。
すると声が聞こえました。
「氏神が氏子を見捨てることはない、氏子の苦難を黙殺することはない、よって氏子が道を違えれば
かならず天罰を与える。」
最初意味が分かりませんでした。必ず氏子を助けるなら、どうして天罰を与えるのかと。
天罰というのは時に死をもたらすこともある恐ろしい祟りですからね。
どうしても意味が分からなくて慶ちゃんに聞いて見ました。すると
「絶対見捨てないから天罰を与えるんだよ!どんな無礼があっても氏神様は
黙殺したり見捨てたりしないんだよ!だから例え天罰を与えて殺すことがあっても、
無視はしないんだよ!」と言ってました。
稲荷神社を家に建立したりして、お金持ちになったあと、稲荷を放置して放棄してしまったりすると
子孫が祟られると言いますが、これも稲荷の眷属の情が深いかららしい。
絶対に見捨てたり黙殺したりしないからこそ、
最後まで祟って気づかせようとするんだそうだ。
それで、気づけば良し、気づかなければ、死ぬぐらいまで警告をエスカレートしていることになるらしい。
なぜ、途中でやめないかというと、氏子を絶対に見捨てないから。捨てないから。
その、絶対に見捨てないという信頼感によって神と氏子は繋がっているらしい。
信心とはそういうものだという。深い話を聞いてしまった。
だから神は信頼しなければならないし、信仰するなら、いいかげんなことをしてはならないそうだ。
それから、自分ではどうしようもない天罰や祟りはないそう。人間が気づいて、考えを改めれば
祟りも自ずから収まるという。
でも、多くの場合、その人がうまくいかないのは、努力が足りないのか、何か、努力の方向性が
間違っていて、あさっての方向に動いているからだそうだ。
一生懸命努力しているのに、天罰や祟りでうまくいかないということは、まずないらしい。
大切なのは信じて懸命に努力することだそうだ。
そんな話を聞きました。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター