忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当は怖い木霊

草木の精霊の中で、人間に一番近しいのは花の精霊だそうだ。
人間は野原に咲いている花を拾ってきて家に植え、お水をやって肥料をやる。
花が枯れると悲しむ。
無償の愛で尽くしてくれる。だから花は人間を信頼しているらしい。
そういえば野菜に精霊はいるんだろうか。とんと聞かない。
すぐに食べられてしまうので、諦めの境地なんだろうか。
慶ちゃんに言わせると、野菜と人間は共生関係なんだそうだ。
野菜は人間に良ベられて喜んでいるらしい。
なぜなら、人間は野菜を食べるために、種を残して野菜を育て続ける。
なぜ、野菜が人間に食べられることろ望んでいるかというと、それは
「あく」だそうだ。
ほうれん草などにはかなりいつい「あく」がある。だから生だときぶみがあって食べにくい。
「あく」とは一種の毒のようなもので、火を通さなければ食べられない。
つまり、野菜は火を使うことのできる人間にだけ食べられて、その他の
食べるだけで野菜を育てない動物には野菜が食べられないように「あく」を出しているそうだ。

人間と一番敵対的なのが森の精霊、木霊だそうだ。
森の木は人間に育ててもらっているという自覚がないらしい。
それなのに、人間は森に入って木を切り倒す。
野生の木にとって人間は敵でしかないようだ。しかも時々火事を起こして
山を丸焼けにする。
実は、花の精霊のように背丈の低い草木は大火事になって山の木が
ヤケ尽くすと太陽が直接あたって嬉しいようだ。
丸焼けになった山に風にのって種子がとんできて太陽がふりそそぐなか、広々とした大地で花を咲かせる。
でもしばらくしたら木が伸びてきて日光を奪われ、花は枯れてしまう。
だから花は人間の味方だそうだ。
山の植物にとって、人間は害を与えるものである一方、時々山に入ってくるごちそうなんだそうだ。
だから、一人で人間が山に入ってくると、道を迷わせ、グルグルと歩かせて、谷底に落としたり、
森の中で衰弱しさせるんだそうだ。そうして、死体が腐って肥料になると、
森の植物にとって大変なごちそうになるそうだ。人間の油はほんとうに貴重で
なかなか手に入らない大のごちそうなんだそうだ。
でも、最近は人が迷って死んでも、捜索隊がやってきて死体をもっていってしまうので、
つまらないらしい。
木霊も悪気はなくて、ただごちそうがほしいだけなんだって。
山で迷ったら、木霊が混乱させて歩き回らせて消耗させるので、
動かず、携帯電話などで助けをもとめ、じっとして体力温存しておいたほうがいいらしい。
慶ちゃんがチョコレートをもらったときなどに喜んで、チョコを上下にビタン!ビタン!と叩きつけるようにして
遊ぶ仕草は、森の中ではがれた木の皮の平たいやつを上下にたたきつけてビタンビタン遊ぶ習慣が
今でも残っているからだそうだ。落ち葉や木の皮は草にとってごちそうなので、よろこんで
ビタンビタンやっていたらしい。
ちなみに慶ちゃんはお花の精霊である。
PR

慶ちゃんの船

慶ちゃんの乗った楠の船は精霊の加護によってものすごいスピードで進んだそうだ。
数百年の間、地方から中央に米を輸送するのにつかわれていたそうだ。
この船を操っていたのが鴨族という人たちであったが、あるとき、大陸と大和朝廷との間で
戦争が起こり、慶ちゃんの船もかりだされたそうだ。
そして、冬(トウ)の軍勢の大攻勢をうけて大和朝廷は敗れ、
慶ちゃんの船は冬の軍隊にとられてしまったそうだ。
それから1千年近く大陸の国側がさしむけたの導師たちと闘争を繰り広げていたらしい。
慶ちゃんは日本と大陸の間を何度か往復しているみたい。

忍ちゃんのルーツ

忍ちゃんが地中で眠っていた古代、その水脈の上に大きな楠が生えたそうだ。
そこに慶ちゃんが住み着いたみたい。
忍ちゃんと慶ちゃんはそれ以来の付き合いらしい。
その楠は大きく成長して巨木になったため、人間に目をつけられ、切り倒されてしまったそうだ。
そして、それは船にされて、慶ちゃんはその船に乗ってあちこちに遊びに行ってしまったそうだ。
そうしているうちに切られた楠の根が腐り、根が張っていたところが落ち窪んで清水が湧き出る泉になったそうだ。
忍ちゃんはそれ以降、そこの主になったそうだが、近年になって埋め立てられたので、
人里に下りてきたそうだ。

ちなみに精霊とかはふつう人家とかに住み着いたり、人の前に顔を出したりしないそうだけど、
家の中に神社を立ててしまったりすると、そこに霊道ができて、精霊がよってきてしまうそうだ。
私の家は祖父が高取神社の奥の院から荒熊大明神を勧請して神社を立てたが、空襲で
焼けてしまった。それで、慶ちゃんたち精霊が住み着いているらしい。
ほかにも、街中でウロウロしている精霊というのは、勧請されたけど神社がつぶされてしまった
りしたところにとどまっているということらしい。
本来であれば、何か特別な縁や理由がなければ、神社をあまりふつうの人の家とかには
勧請しないほうがいいらしい。

慶ちゃんのルーツ

慶ちゃんたちお花の精霊は元々、中原というところにいたらしい。
慶ちゃんたちは夏(カ)という王国を作っていたが、秋(シュウ)という王国に敗れ、山に逃げ込んだという。
慶ちゃんたちを古代の人間たちは者と呼んだそうだ。
者という漢字は精霊を召喚するために土鍋に大麻を盛り、下から火であぶる儀式を
あらわした文字であるらしい。
人間と精霊の交流をあらわした文字であり、本来の意味は「自由」だと慶ちゃんは言っていた。
実際の漢字の解釈とは違うみたいなので、慶ちゃんが言ってるだけだけどね。
慶ちゃんは者の中でも花者という一族らしい。
花者とは「自由な花」という意味らしい。
者は本来、色でその氏族をあらわすそうだが、花者は綺麗な花を咲かせる特別な存在なので、
花を名乗ることができると慶ちゃんは言っている。
美しい花を咲かせる者だけが花者を名乗れるらしい。
花者の読み方は人間語では「ハナモン」
あと「パアモン」という呼び方もあるらしい。なんでパアっていうかっていうと、
発音がかわいいからだって。なんかポケモンの名前みたい。
一旦は山に逃げ込んだ慶ちゃんたち精霊であったが、山岳にいた王族たちを支援して
奪われた中原を取り返す戦いをやったことがあるらしい。
かなりいいところまで行ったんだそうだが、その戦いにも最終的には敗れ、
山岳の王族と一緒に日本列島に逃げてきたそうだ。
ものすごい古代の話だって。
そんな話を慶ちゃんがしていた。

復活!

1ヶ月近くパソコンが壊れて修理にだしていたせいで、長らくブログを更新できませんでした。
この1ヶ月の間にもいろいろありました。
酔扶養の木が倒れかけて、それを立て直すために、綺麗な枝を切らないといけなくて
かなしい思いをしたりとか。
そんな中でも慶ちゃん、忍ちゃん、剣ちゃんたちは元気いっぱいで遊んでいますよ。
最近、慶ちゃんは毛糸の狸耳のついた帽子をかぶるのが気に入ってるみたいです。
あと、このまえ、夏祭りのとき、真っ赤なはっぴをきてた。
背中には「江戸っ子」とかいてあるやつ。
江戸っ子じゃないんだけどね。
今日はスーパーに行って桃を買ってきました。
剣ちゃんと忍ちゃんはアイスをもらいました。
「慶タンもアイス!アイス~!」と言ってましたが、
「慶ちゃんは桃をあげたでしょ」といったら、それなりに納得してました。
あと、久しぶりに裂けるチーズを買ってあげました。
あと、この1ヶ月の間にあった大事件というのがあって、
忍ちゃんがすごく好きなキリーのクリームチーズが大家すりして168円で売ってたのです。
忍ちゃんがいつになく興奮して私の太ももをバンバンたたいてせがむので
かってあげました。
いつもは268円くらいの品物ですから、ものすごい値引きですよね。
「一生見られないようなすばらしいものを見せていただいたわ」といいながら忍ちゃんの目が
うるうる潤んでいました。
剣ちゃんはいつも元気です。
元気にクレヨンでお絵かきしてます。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター