忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

慶ちゃんのルーツ

慶ちゃんたちお花の精霊は元々、中原というところにいたらしい。
慶ちゃんたちは夏(カ)という王国を作っていたが、秋(シュウ)という王国に敗れ、山に逃げ込んだという。
慶ちゃんたちを古代の人間たちは者と呼んだそうだ。
者という漢字は精霊を召喚するために土鍋に大麻を盛り、下から火であぶる儀式を
あらわした文字であるらしい。
人間と精霊の交流をあらわした文字であり、本来の意味は「自由」だと慶ちゃんは言っていた。
実際の漢字の解釈とは違うみたいなので、慶ちゃんが言ってるだけだけどね。
慶ちゃんは者の中でも花者という一族らしい。
花者とは「自由な花」という意味らしい。
者は本来、色でその氏族をあらわすそうだが、花者は綺麗な花を咲かせる特別な存在なので、
花を名乗ることができると慶ちゃんは言っている。
美しい花を咲かせる者だけが花者を名乗れるらしい。
花者の読み方は人間語では「ハナモン」
あと「パアモン」という呼び方もあるらしい。なんでパアっていうかっていうと、
発音がかわいいからだって。なんかポケモンの名前みたい。
一旦は山に逃げ込んだ慶ちゃんたち精霊であったが、山岳にいた王族たちを支援して
奪われた中原を取り返す戦いをやったことがあるらしい。
かなりいいところまで行ったんだそうだが、その戦いにも最終的には敗れ、
山岳の王族と一緒に日本列島に逃げてきたそうだ。
ものすごい古代の話だって。
そんな話を慶ちゃんがしていた。

PR

コメント

無題

秋=周のことでしょうか?
古代の人たちは、精霊さんとお話できたのですね。
今日のEテレで、香川の小豆島では、最近までかわうその妖怪が普通にいて、おじさん、おばさんも化かされてるという放送があったので、古代の人たちも結構日常だったのかも(*^_^*)
【2012/10/13 20:35】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

たぶん、周の事じゃないですかね。
昔の人はふつうに精霊が見えたらしいですよ。
森林が無くなった現代人には
見えないものになってしまいましたが、
今でも日本の山奥でも見えるんでしょうねえ。
かわうその妖怪ってもの慶ちゃんたちの
仲間なんだと思います。
【2012/10/14 22:55】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター