忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天罰を与える

慶ちゃんたち、うちにいる地霊はイチゴが大好きなので、
ひょっとしてお庭の花たちもイチゴが好きかなと思いました。
もし、ほしがらなくても腐って土になれば肥料になるかと思って、イチゴを少し切って
お花の鉢に入れました。すると、日頃何も言わないお花が「ギャーッ!」と悲鳴を上げたような
声が心に聞こえたので、慌ててイチゴを退けました。
あとでよく考えると、イチゴって種がいっぱい詰まった実なので、植物にとっては驚異なんだなと
思いました。
植物にとって怖いのは雑草などの種子で、それが成長して自分が凌駕されてしまうことが
一番怖いみたいです。
草花の気持ちになってなかったなと思って反省しました。

今日は地元の神社に参拝してきました。
すると声が聞こえました。
「氏神が氏子を見捨てることはない、氏子の苦難を黙殺することはない、よって氏子が道を違えれば
かならず天罰を与える。」
最初意味が分かりませんでした。必ず氏子を助けるなら、どうして天罰を与えるのかと。
天罰というのは時に死をもたらすこともある恐ろしい祟りですからね。
どうしても意味が分からなくて慶ちゃんに聞いて見ました。すると
「絶対見捨てないから天罰を与えるんだよ!どんな無礼があっても氏神様は
黙殺したり見捨てたりしないんだよ!だから例え天罰を与えて殺すことがあっても、
無視はしないんだよ!」と言ってました。
稲荷神社を家に建立したりして、お金持ちになったあと、稲荷を放置して放棄してしまったりすると
子孫が祟られると言いますが、これも稲荷の眷属の情が深いかららしい。
絶対に見捨てたり黙殺したりしないからこそ、
最後まで祟って気づかせようとするんだそうだ。
それで、気づけば良し、気づかなければ、死ぬぐらいまで警告をエスカレートしていることになるらしい。
なぜ、途中でやめないかというと、氏子を絶対に見捨てないから。捨てないから。
その、絶対に見捨てないという信頼感によって神と氏子は繋がっているらしい。
信心とはそういうものだという。深い話を聞いてしまった。
だから神は信頼しなければならないし、信仰するなら、いいかげんなことをしてはならないそうだ。
それから、自分ではどうしようもない天罰や祟りはないそう。人間が気づいて、考えを改めれば
祟りも自ずから収まるという。
でも、多くの場合、その人がうまくいかないのは、努力が足りないのか、何か、努力の方向性が
間違っていて、あさっての方向に動いているからだそうだ。
一生懸命努力しているのに、天罰や祟りでうまくいかないということは、まずないらしい。
大切なのは信じて懸命に努力することだそうだ。
そんな話を聞きました。
PR

天罰を与える

慶ちゃんたち、うちにいる地霊はイチゴが大好きなので、
ひょっとしてお庭の花たちもイチゴが好きかなと思いました。
もし、ほしがらなくても腐って土になれば肥料になるかと思って、イチゴを少し気って
お花の鉢に入れました。すると、日頃何も言わないお花が「ギャーッ!」と悲鳴を上げたような
声が心に聞こえたので、慌ててイチゴを退けました。
あとでよく考えると、イチゴって種がいっぱい詰まった実なので、植物にとっては驚異なんだなと
思いました。
植物にとって怖いのは雑草などの種子で、それが成長して自分が凌駕されてしまうことが
一番怖いみたいです。
草花の気持ちになってなかったなと思って反省しました。

今日は地元の神社に参拝してきました。
すると声が聞こえました。
「氏神が氏子を見捨てることはない、氏子の苦難を黙殺することはない、よって氏子が道を違えれば
かならず天罰を与える。」
最初意味が分かりませんでした。必ず氏子を助けるなら、どうして天罰を与えるのかと。
天罰というのは時に死をもたらすこともある恐ろしい祟りですからね。
どうしても意味が分からなくて慶ちゃんに聞いて見ました。すると
「絶対見捨てないから天罰を与えるんだよ!どんな無礼があっても氏神様は
黙殺したり見捨てたりしないんだよ!だから例え天罰を与えて殺すことがあっても、
無視はしないんだよ!」と言ってました。
稲荷神社を家に建立したりして、お金持ちになったあと、稲荷を放置して放棄してしまったりすると
子孫が祟られると言いますが、これも稲荷の眷属の情が深いかららしい。
絶対に見捨てたり黙殺したりしないからこそ、
最後まで祟って気づかせようとするんだそうだ。
それで、気づけば良し、気づかなければ、死ぬぐらいまで警告をエスカレートしていることになるらしい。
なぜ、途中でやめないかというと、氏子を絶対に見捨てないから。捨てないから。
その、絶対に見捨てないという信頼感によって神と氏子は繋がっているらしい。
信心とはそういうものだという。深い話を聞いてしまった。
だから神は信頼しなければならないし、信仰するなら、いいかげんなことをしてはならないそうだ。
それから、自分ではどうしようもない天罰や祟りはないそう。人間が気づいて、考えを改めれば
祟りも自ずから収まるという。
でも、多くの場合、その人がうまくいかないのは、努力が足りないのか、何か、努力の方向性が
間違っていて、あさっての方向に動いているからだそうだ。
一生懸命努力しているのに、天罰や祟りでうまくいかないということは、まずないらしい。
大切なのは信じて懸命に努力することだそうだ。
そんな話を聞きました。

三月三日

三月三日ひな祭りの日、
父親と一緒に買い物に行きました。父親は奮発してイチゴを二パックも買いました。
その前の日、忍ちゃんがイチゴをもらっていたので、この日は慶ちゃんと剣ちゃんがイチゴをもらいました。
そして次、父はせっかくの三月三日だということで、ひなあられを買いました。剣ちゃんは
前々からひなあられをほしがっていたので、どうしてもひなあられがほしいといいます。
でも、順番は忍ちゃんです。
「ひなあられほしいよ!」
剣ちゃんが言います。
「あら、それならイチゴを私にゆずってくれるのかしら」
「ううう……」
剣ちゃんは涙目になります。なぜなら、今回のイチゴは紅ほっぺで剣ちゃんが一番大好きな
イチゴで、なかなか手に入らないものだからです。
「あら、どちらもほしいなんてありえないわ。何か欲しいならば何か代償が必要なものよ。それに
ひなまつりの日にひなあられがほしいのはあなただけじゃなくってよ」
まあ、忍ちゃんとしては当然の主張です。
剣ちゃんは涙目になってしまいました。
そのあと、父はチョコレートとジャムパンを買い、チョコレートは慶ちゃんが取ったので、
ジャムパンが自動的に剣ちゃんに回ってきました。
慶ちゃんはいつもやるように、チョコレートの端をもって上下にバタバタ団扇をあおぐようにチョコを振って
遊びました。
いつもなら剣ちゃんもマネしてイチゴジャムパンをバタバタ振ったりするんですが、今日は
しょんぼりしてやりません。
「まあ、乗りが悪いわね、私が代わりにやってあげるわ」
忍ちゃんは剣ちゃんからジャムパンをひったくって上下にバタバタ振りました。
忍ちゃんはこのあそびはめったにやることはないんですよ。
いつもは冷ややかに二柱のやってる姿を冷笑しながら見てるだけです。
「あの……それ私のなんだけど」
剣ちゃんが涙を拭きながら言った。
「だまらっしゃい!あんたの乗りが悪いからこれは私が貰うことにしたわ。あんたはそこのひなあられでも
貰っときなさい!」
厳しい声で忍ちゃんが言った。
「え?いいの?本当にいいの?」
剣ちゃんは目をかがやかせた。
「うるさいわね、私は今、ジャムパンをバタバタ振るのでいそがしいのよ、まったくイヤんなっちゃう!」
言いながら忍ちゃんはジャムパンを上下にバタバタ動かした。
「忍ちゃんありがとう!」
剣ちゃんは満面の笑みで忍ちゃんに抱きついた。
「もう、暑苦しいわね、はあ忙しい、ジャムパンを上下に振る仕事が今日もはじまるわ」
忍ちゃんはすかした顔でジャムパンを上下に振り続けた。


テントウムシさんだ!

今日は久々に母と買い物に行った。
夕方で魚の棚商店街がぎりぎりあいている時間帯だ。
日頃は夜になってからスーパーに行くのだが、今日は
まだ市場が開いていたので市場に行く。
市場の八百屋では、店を閉める時間帯とあって、イチゴが割り引きで売っていた。
ひのしずく、2パックで700円これはけっこう安い。
これを2パック買った。すると忍ちゃんと剣ちゃんが出てきてタッチした。
「慶タンは我慢するよ!」
慶ちゃんが言った。最近、慶ちゃんがヒイキされていると言われて、ちょっと気にしてるようだった。
そのあとミカンをふたかご買った。スーパーではそれぞれビニール袋に入れて別々にしているが
八百屋さんは青いビニールのザルにミカンを入れていて、こちらが買うとそれを
ビニールの袋に一緒に入れてくれる。1かご600円で2つで1200円。
けっこうな値段だ。
「やったー!慶タン大富豪だよ!我慢したかいがあったよ!」
慶ちゃんは目を丸くしてすごく喜んでいるそぶりをしたが、
本当はイチゴがほしいんだと思う。精霊たち一番イチゴが好きだし。
ちょっと慶ちゃんが不憫になった。
そのあと、市場も閉まってしまって日も暮れたので、いつも通りスーパーにレッツゴー!
スーパーに行ってみると、めずらしく紅ほっぺが398円で売っていた。
「紅ほっぺだよ!紅ほっぺ!」
慶ちゃんが興奮して指をさして剣ちゃんの肩をバンバン叩く。でも剣ちゃんはなぜかシュンとしている。
「だめだよ~だって、もうイチゴ買っちゃったもん、剣ちゃんはイチゴもらっちゃったから、もう買ってもらうの
無理だよ」
なんだか可哀想だったので、剣ちゃんにイチゴを買ってあげた。
私は買い物かごにイチゴを入れる。
「わーい!これで三柱全員イチゴがもらえるね!」
そう言って慶ちゃんが笑顔でイチゴに走り寄る。
そして、剣ちゃんと目が合う。
「あ」
慶ちゃんが立ち止まる。
「いっけなーい、これ剣ちゃんのだったね」
そう言って慶ちゃんが笑顔で頭をかく。
「いいよ、だって慶ちゃん、イチゴもらってないでしょ、私はもうイチゴもらったから」
元気なく剣ちゃんが言う。
すると慶ちゃんが胸を張る。
「何言ってんだよ!慶タンはミカン富豪だよっ!八百屋さんで買ってもらった山盛りのミカンをもらって
大満足なんだよ!このミカンは誰にもわたさん!」
「え、じゃあ、紅ほっぺもらってもいいの」
剣ちゃんがすこしおどおどした感じで慶ちゃんを見る。
「もちろんだよ!」
慶ちゃんが笑顔で言った。
「ありがとう!」
剣ちゃんは満面の笑みを浮かべて紅ほっぺにタッチした。
私はそっと慶ちゃんによっていき、その頭をなでてあげた。
慶ちゃんは私を見て、にっこりと笑った。
その後、慶ちゃんと忍ちゃんには雪印クリームチーズ、二個オマケ付きを買ってあげた。
慶ちゃんと忍ちゃんは喜んでいた。
あとは晩ご飯のお総菜だ。
高野豆腐と炒り卵のあえものと筑前煮を買う。高野豆腐は忍ちゃんがもらい、筑前煮は剣ちゃんがもらった。
「あれ見て!」慶ちゃんが目を丸く見開いて指をさす。
そこには照り輝くナスの煮付けがおいてあった。
慶ちゃんたちがうちに来た頃、はにかみながらこれをほしがったものだった。
「テントウムシさんだよ!」慶ちゃんが言った。
「そうだね、テントウムシさんだね」
私が言った。
このスーパーのナスの煮付けはいったん油で揚げたあとで煮付けにしているので、
ナスの表面に光沢があって、照り照りと光っているのだ。だから慶ちゃんはこれをはじめて見たとき
「テントウムシさんだ!」と言ってすごく喜んでいたんだった。
なんか、ものすごく懐かしい気分になって涙が出そうになった。
本当に、本当に、この子たちとは長いつきあいになってしまったなあ。
もちろん買ってあげた。
「やったー!大好き!」そういいながら慶ちゃんは私に抱きついてきた。
「あんただけずるいわよ!」そう言って忍ちゃんが抱きついてきた。
「私も!」そう言って剣ちゃんが足にしがみついてきた。
「みんな大好きだよ」
そういいながら私は三柱ともだっこして頭をなでてあげた。

慶ちゃん雑記

慶ちゃんと雑談して仕入れて来たネタを書きます。

元々慶ちゃんは日本に居たそうです。
それが、外国と戦争になって、白村江というところに置き去りにされたらしい。
そこから、色々な国にわたって、金という国で大事にされて、宝物のように扱われたらしい。
そこから色々あって、日本に戻ってきたらしい。
本人もあんまり詳しい国名とか分からないみたい。
アジアの国々を回ってきてるようだ。
本当かどうかわかんないけど。
あと、慶ちゃんの仲間がアメリカ空軍の飛行機に乗って、
イタズラしてたら、アメリカ空軍の中で霊感のある人がそれを見つけて、
「アメちゃんやるからやめてくれ」と頼んだのでやめたらしい。
それ以来、アメリカ空軍の人が面白がって、精霊を餌付けして
いっぱいお菓子をあげるようになったので、
精霊が癖になって人間のところにお菓子を貰いに行くようになったと
慶ちゃんは言っている。
ろくなことしないな(笑
タイ人にチップをあげる習慣をつけてしまったのもアメリカ人らしいし。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター