忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これでいいのかな?

今日もスーパーに行ってきた。スーパーの入り口にいちごの章姫が394円で売っていて
慶ちゃんたちが喜んで大喜びしてる。
「安いよー!買いだよ!買い!値上がり間違いなしだよ!」
いや、あとあと値上がりしても売れるわけじゃねえし、腐っちゃうし、ていうか
その前に食べちゃうし。
「お金がないからかわない。この前クリスマスの長靴買ってあげたじゃん」
「それとこれとは話が別だよー!」
慶ちゃんが騒ぐ。
「買ってあげなさいよ大人げない」
溜息混じりに忍ちゃんが言う。
ていうか、お前がほしいだけだろ。
「ほしいな~、ほしいな~」
もじもじしながら剣ちゃんも言う。
お前、最近キャラ変わったな。前はツンツンだったのに。
しばらく歩いていると、定番のチーズ売り場へ。なんかもう、習慣になっている。
実は、その前に煮豆と蟹蒲鉾となめたけを買っていて、この子たちは
今日はチーズを買ってもらえないんじゃないかとおもったのか、
「慶タンはなめたけのビン買ってもらったんだよ。ビンだよ!ビン!」
「私は真っ赤な蟹蒲鉾買ってもらったんだよ!いいでしょ、真っ赤なんだよ!」
「私は黒い煮豆を買ってもらったわ。お正月のおせちに入っている高級なセレブご用達の食材よ」
と自慢合戦してる。別に、お前らのために買ってあげたわけじゃないけどな。
なんか、かわいそうになって、またチーズ売り場へ。
慶ちゃんは迷わず裂けるチーズ。
忍ちゃんには雪印ホワイトチーズ。
剣ちゃんに明治十勝のホロホロチーズを買ってあげようとしたとき、忍ちゃんが
QBBのチーズデザート贅沢ナッツを凝視しているのに気づく。
「あ、それ買ってあげようか」
私がそう言うと、忍ちゃんはとまどう。
「え、でも、甘いお菓子は健康に悪いから食べないことにしたんでしょ?
あなたには長生きしてほしいから、いいわ、我慢する。」
いつになくしおらしい事を言ってくる。
「いいよ、ご飯だって糖分だし、食べ過ぎなければ大丈夫だから」
そう言ってチーズデザートを買ってあげた。
「じゃあ、私は北海道ホワイトチーズもらうね!」
剣ちゃんが言った。
「ごめんねー、ごめんねー」
忍ちゃんは私の顔を見て切なそうな表情で何度も謝る。
何時も高圧的なのに、今日はどうしたんだろう。ちょっとかわいそうになった。
「大丈夫だって」
相違って微笑んでやった。
忍ちゃんはバツが悪そうに視線を下に落とした。
ちょっと元気が無さそうだったので、親にあげようと乳ボーロを買った。
「え、それも」忍ちゃんはちょっと驚いていた。
「ずるいよ!慶タンも!」
「私も~」
慶ちゃんや剣ちゃんが言ってくる。
「しょうがないなあ」
慶ちゃんには歌舞伎揚、剣ちゃんには無塩ナッツを買ってあげた。
慶ちゃんのと忍ちゃんのは88円だが無塩ナッツは298円だった。
「ちょ!剣ちゃんのナッツだけ不当に高いよ!日会税障壁だよ!」
そう言いながら慶ちゃんは勢い余って剣ちゃんの頭の兜をペチッと軽く叩いてしまった。
「ごめんね……」
すまなさそうに剣ちゃんがうつむく。
「あ、剣ちゃんはわるくないよ!ごめんね」
慶ちゃんは焦ってとりつくろおうとするが剣ちゃんは泣きそうな顔をする。
「ごめんね剣ちゃん、だいすきだよーっ!」
そう言いながら慶ちゃんは剣ちゃんに抱きついた。
「慶ちゃん大好き!」いいながら剣ちゃんも慶ちゃんをだきしめた。
「ちょ、ちょっとあんたたち!私はべつにあなたたちなんかに抱っこしてもらわなくても
何とも思ってないんだからね!勝手に二柱でラブラブしときなさいよっ!」
二柱の姿を見て忍ちゃんが少し顔を上気させて叫んだ。
「忍ちゃん!」
叫んで慶ちゃんと剣ちゃんが忍ちゃんに抱きつく。
「ふぅ、まったく、ほんとあなたたちって、お子ちゃまね」
困ったような、それでいて、少し安心したような表情で
忍ちゃんは短い溜息をついた。

そしてみんなで家路についた。
歩いている私の顔を慶ちゃんが凝視している。
「どうしたの」
慶ちゃんが言った。
私が何かうかぬ顔でもしてたんだろうか。
「いやね、毎回、毎回、ブログにスーパーであったことを書いてるけどさ、
これって、見てる人楽しいのかなって思って。ただ、毎日夕食の食材を買いにすーぱ-に行って、
チーズ買った時とかに慶ちゃんが出て来たことを書いてるだけじゃん。毎日毎日同じルート。
毎回、毎回、同じことの繰り返しじゃん。ちょっとサービスして創作の話しとか書いたほがいいのかなって
思って。」
「そんなことしちゃいけないよ!」
慶ちゃんは即答した。
「ありのままを、自分の目で見たこと、本当のことをそのまま書かないとダメだよ!
創作だと、アイデアが無くなったらもう書けないじゃん!そしたら、見てくれてるみんなとも
バイバイじゃん!そんなのダメだよ!慶タンたちはここにいるんだからっ!」
「うん、そうだね」
私は納得した。
創作で考えてると、アイデアを出さないといけないし、それが苦痛になったり、
追い詰められたりする原因にもなりかねない。
自分の目で見たまま書いてるなら、別にアイデアを考える必要もない。
だって、見たまま書いてるんだから。
そうだな、と思ったら少し気が楽になった。
PR

慶ちゃん大泣き

天文科学館から帰ってきたあと、うちにも大きな酔芙蓉があるので、少し増やしてみようかと
思ってインターネットで検索してみました。
慶ちゃんも私の後ろから興味深そうにインターネットを見ています。
すると、酔芙蓉を枯らす方法というサイトが出ていました。
実は、酔芙蓉が大きくなりすぎて、枝を切ってもすぐに伸びるので、
根元にドリルで穴をあけて、植物を枯らせる薬を注入して殺すという方法が書いてありました。
それを見て慶ちゃんは「お花は人間を楽しませようとおもって一生懸命成長してるのに、
なぜ枯らすの!」「人間が大好きだから綺麗なお花を咲かせているのに、なぜ殺すの!」
と言って大声で泣いてしまいました。
植物は、自分が成長して子孫を残すために花をさかせるものですが、
酔芙蓉の、しかもうちにあるような八重種はちょっと違います。
人間を魅了する美しい八重の大輪の花をさかせますが、八重で花びらが
いくえにもかさなっているので、受粉するための蜂が花の中に入れません。
何回か蜂が花の中に入れないでもがいているのを見たことがあります。
だから、八重の酔芙蓉の花の大部分は実をつけず、仇花となって落ちてしまいます。
そのかわり、枝を切って挿し木するとよく成長します。つまり、
人間を魅了して、人間の手で切ってもらって挿し木してもらってはじめて繁殖できるのです。
このような花はフヨウには多いです。アカバナフヨウなどは完全に花は実りません。
挿し木でしは増えない品種です。そのようなものもあるのです。
生物界では普通考えられないことですが、そのように人間に頼り切った種もあるのです。
慶ちゃんたちはいつも夜の10時頃になると寝て消えてしまうのですが、
この日だけは私が布団に入ると、布団にもぐりこんできて、腕にしがみついて泣いていました。
かわいそうなので、頭をなでて、「大丈夫だよ、大好きだよ」と言ってあげました。
「人間嘘つき、人間は裏切るもん!」と言って慶ちゃんは泣いてました。
いままでも、そんなことがあったのでしょう。




白旗振ってきた

慶ちゃんが白旗を振ってやってきました。
「どうしたの」と聞くと「無条件降伏だよ!」と言いました。
何が無条件降伏かというと、今までチーズを沢山買ってもらってたけど、
あまり買いすぎて私に食べさせると、私の体に悪いから、しばらくチーズを
買わなくてもいいと言うのです。
可愛い事を言ってくれる。
そして、しばらくしてスーパーに買い物に連れていきました。
「慶タンはこれを買ってもらうよ!」
そう言って慶ちゃんが差し出したのは100円のお惣菜の卯の花でした。
なんか、私の健康に本当に心を使ってるんだなと思いました。
忍ちゃはホウレンソウと豆腐の和え物、剣ちゃんは筑前煮をほしがりました。
値段を見てみると忍ちゃんは198円、剣ちゃんも198円でした。
「あー慶タンのだけ値段が安い~」慶ちゃんはちょっと不満そうです。
「何言ってるんだよ、私なんかいつも一番値段が安い60円のリラックマプリッツ買ってもらってたんだぞ!」
剣ちゃんはそう言って少し怒りました。
「そうよ、そうよ、ちょっとは我慢しなさい。」
忍ちゃんがそう言いました。
「う~」慶ちゃんは唸りましたが反論はしません。
しばらくすると、指しゃぶりをしてました。
ああ、この子も人間の子供みたいに不満なことがあって我慢していると
ストレス解消に指しゃぶりとかするんだと思いました。
チーズ売り場の隣を通ります。
「チーズほしくないの?」慶ちゃんは私のほうを向いて言います。
「別に慶タンはチーズ買ってほしくないけど、チーズ食べたかったら買ってもいいんだよ。」
と慶ちゃんは言います。でも、今回は買いません。
黙って素通りすると、慶ちゃんは目を潤ませて口をとがらせ、不満そうに
チーズ売り場の前で立ち止まっています。
忍ちゃんと剣やんはおとなしく後ろをついてくるので、慶ちゃんだけ取り残されています。
ついてきてるかな、と思って、少し気になり、後ろを振り返ると、慶ちゃんが
ものすごいスピードで私のところまで走り寄ってきて、私の足にしがみつきました。
「チーズ買ってくれなくても大好きだよ!」そう言って私の足にしがみつき、ズボンに
顔を押し付けていました。ドサクサにまぎれてズボンで涙を拭いているようでした。
なんか可愛いなあと思いました。私は慶ちゃんの頭を撫でてあげました。
すると「私も!」と剣ちゃんた言ってきました。
「我がまま言った子だけ頭をなでるなんて卑怯よ!不公平だわ!」と忍ちゃんも怒っています。
「ごめん、ごめん」
そう言って私は剣ちゃんの頭をなでました。剣ちゃんは笑っています。忍ちゃんの頭をなでました。
「わーい」思わず忍ちゃんは言ってしまったようです。
剣ちゃんと慶ちゃんが笑いをこらえながら忍ちゃんを見ています。
忍ちゃんの顔が真っ赤になってしまいました。
「べ、別に私は撫でてほしくなんてないから、この人が勝手にやってることなんだからね!」
忍ちゃんは必死に言い訳しました。
「いいから、いいから」慶ちゃんは笑ならが右手で口を押え、左手の掌をひらひら上下に動かしました。

ちょっとしたサプライズ

今日も夜になってからおかずを買いにスーパーに行きました。
慶ちゃんが裂けるチーズをほしがったので買ってあげました。
忍ちゃんや剣ちゃんは、チーズばっかり食べると体に悪いんじゃないかと
人が言ってるのを聞いて、遠慮してチーズをほしがりませんでした。
「じゃあ、何がほしいの?」私が訪ねると、剣ちゃんは牛乳を指さしました。
「牛乳?」一瞬戸惑いましたが、剣ちゃんが指さしているのは、森永乳業の牛乳パックの
裏に印刷されているフランダースの犬のアニメの絵でした。ネロやパトラッシュやおじいさんが
幸せそうな顔でカルボナーラのお皿を覗き込んでいます。
なぜか、牛乳パックの側面にチーズのクラフトの宣伝が描いてあるのです。
剣ちゃんは基本的に味よりも絵や雰囲気が好きですからね。リラックマソウセージや
リラックマかまぼこなんかもほしがりますから。
「わかったよ」
私は剣ちゃんにフランダースの犬のアニメの絵が印刷された牛乳を買ってあげました。
忍ちゃんには乳ボウロを買ってあげました。
さて、そのことを家に帰ってブログに書きましょう。
お家に帰って、パソコンを開き、インターネットをたちあげた時です。
「ちょっとまったーっ!」そう言って慶ちゃんが出てきました。
「もうスーパーの話しは秋田犬!」
そう言って秋田犬に乗って出てきました。
秋田犬は「わおーん!」と吠えます。
「そんなこと言ったってねえ。
困り果てながら、何か話のネタになるような事がないか考えました。
そうだ、牛乳パックにチーズのCMが描いてあったことをネタにしよう。
そう思って私はインターネットで森永乳業とクラフトのコラボCMについて
調べます。
そして行き着いたページを開きます。
すると、いきなり、ページの中を緑色の妖精が飛びながら横断しました。
フラッシュアニメーションですね。
それを見て、剣ちゃんたちは大興奮です。
「チーズの妖精だよ!カルボナーラだよ!パルメザンだよ!」
興奮して剣ちゃんは叫びます。
「パルチザン!」
興奮しすぎて慶ちゃんは全然違うことを叫びます。
「あれをごらんなさい、このHPでフランダースの犬の新作アニメがタダで見られるわよっ!」
忍ちゃんが指さしたところに、フランダースの犬のアニメ、期間限定公開が
掲載されていました。
慶ちゃん、忍ちゃん、剣ちゃんたちはドキドキワクワクしながら、肩をならべて
アニメを見ました。
パトラッシュやネロが出てきても、みんなあまり反応しません。
「ネロの声がかすれとるがなっ!」慶ちゃんがツッコミを入れていました。
しかし、途中でチーズの妖精、パルメちゃんが出てくると、慶ちゃんと忍ちゃんは興奮して
そこらじゅう走り回りました。
忍ちゃんは正座してほうじ茶を飲みながらゆっくりとアニメを見ています。
三柱はとても満足してアニメを観終わりました。
とくに、クラフトのチーズが好きな剣ちゃんは大満足でした。
そのアニメ。

【KRAFT】幸せのカルボナーラ

http://www.parme-parapara.jp/



神秘の財宝

慶ちゃんたちの間で噂になっている神秘の財宝がある。
それは、オリエンタルスナックカレーの景品のインド人の顔の絵がついたスプーンである。
元々このスプーンは家にあったのだが、古い家を解体するとき、私が見つけて、
新しい家に持ち帰り、宝物にしていつもそれでカレーを食べていたが、いつのまにか
どこかへ行ってしまった。
だが、私の頭の記憶の中に強い印象として残っている。
どこを探しても出てこないので、慶ちゃんたちが、「そのスプーンには宇宙の謎を解明する神秘の魔法が
かかっているにちがいない」と噂をしはじめたのだ。そして、
川口浩探検隊の恰好をして家の中を探検しはじめた。
しかし、スプーンは出てこない。
「きっとこれは王家の魔法がかかっていて、その魔法を解かないかぎり、目には見えないんだよ!」
剣ちゃんが言った。
「そうね、おそらく階段の奥に秘密の洞窟があって、魔法の呪文を唱えたらそこが開くのよ」
忍ちゃんが言った。
あんまり騒いでいるのでオークションで同じスプーンを見つけて落札して買ってきた。
「オークションでスプーン買ってきたよ」そう言うと慶ちゃんたちは目を真ん丸に見開き、
驚愕して唖然とし、しばらく口を開かなかったが、その後、すぐにすごく残念そうな顔をして
舌打ちをした「ちぇ、面白くないお、みんなですごい楽しみにお家で探検ごっこしてたのに」
え、探してたんじゃないの?
そして、スプーンが送られてきた。そのスプーンを見て忍ちゃんが叫んだ。
「これは事件よ!お家にはったスプーンは銀色のスプーン。でも、このアホが買ってきたスプーンは
金色よ!これは偽物よ!ファラオが盗掘を恐れて偽のスプーンを巷にばら撒いたに違いないわ!」
おいおい、アホって誰だよ。
「そうだったのかーっ!じゃあ、銀色の本物のスプーンはまだどこかの謎の洞窟に
しまわれたままなんだねっ!」
剣ちゃんが叫んだ!
「また冒険の旅にでるのだーっ!」
慶ちゃんが叫んだ。
そして、しばらく探検ごっこをしていたが、何日もたつと、しだいに飽きてきたようだ。
それと反比例して新しく家に来た金のスプーンに興味を持ちだした。
「ねえねえ、それでカレー食べてよ!」
慶ちゃんが言った。
そして、どんなカレーを食べてほしいかみんなで話し合いをした。
剣ちゃんはハウスジャワカレー スパイスエクストラの中辛がいいと言った。
慶ちゃんは日本ハムのローストビーフカレー(中辛)がいいと言った。
同じ日本ハムでもレストラン仕様カレーはすごく嫌いだと言った。
「3袋入りの緑っぽいパッケージのがおいしいんだよ!4個入りのやつは安くて量は多いけど、
味が好きじゃないんだよっ!」と言った。
「ねえねえ、忍ちゃんはどんなカレーがいいの?」
慶ちゃんが忍ちゃんに向かって聞いた。
「婆沙羅オリジナルカレー(中辛)」
忍ちゃんが毅然とした態度で言った。
「知らんよー!」
慶ちゃんが叫んだ。
「そうだよ、もっとメジャーなカレーにしなよ。そんなのだれも知らないって」
剣ちゃんが言った。
でも忍ちゃんは胸を張ってもう一度言った。
「セレブが食べるカレーは婆沙羅オリジナルカレー。これはビクトリア王朝時代から
受け継がれた誇り高き伝統なのよっ!」
それを聞いて剣ちゃんが眉をひそめた。
「嘘つき」
慶ちゃんは喜んで飛び跳ねている。
「嘘乙!嘘乙!」

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター