忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼らの本来の姿

彼らの実態はというと、
実際的にはどこか外国の寺院が荒廃して逃げ出してきた仏道の
眷属の零落した姿だったり、もとから土地に住んでいる
地霊だったり、霊界から人間のエネルギーを引っ張るために
現世に出張ってきている修羅だったり、その実態は
色々なのです。
でも、彼らの多くが仏教の六道に起因している者ですから、
自分たちを詳細に陰陽五行にあてはめたがります。
中には冗談も交じりますし、彼らの語る種族というのは、
私自身が彼らを見ていて当てはまる性格や属性とは
すこし異なるものです。
ですが、彼らの思考や哲学が仏教的思考にとらわれるかぎり、
彼らの説明する種族は、きっちり陰陽五行の分類に
当てはまるものになりますので、
そこはあくまでも、彼らの語るファンタジーの世界の
お話としてとらえるべきだと思います。
彼らの語る種族については、また、後ほど語ることにします。

一時期、有名になった「かんなぎ」というアニメになった
漫画がありましたが、あの発想はある意味いい線をいっているなあと
思いました。
本来仏道の眷属や地霊という存在は威厳に満ちていて、
人から畏怖されるべき存在でした、
しかし、彼らの森の木は切り倒され、土は埋め立てられ、
人々は神仏にあまり手を合わせなくなっていきました。
それでも、そのコアの部分におわします神、仏は
厳然として存在するのですが、末端の眷属たちの中には
零落していくものもあります。
そうした者たちは決して「自然破壊した人間が許せない!」とか
目をつりあげて言いません。
なぜなら、人間も自然の一部であり、大木を食い荒らし打ち倒す
シロアリとかわらないからです。
ただ、彼ら眷属が力を失うと、
意志薄弱になったり、相手の気を引くために、家の柱を
ゆすぶっておどかしたり、また、見える相手には、
スーパーのお惣菜売り場につれていけ!とねだったり(笑)
そんな存在になってしまうだけです。
彼らはただ、存在し、そして時に笑いながら、泣きながら、
時には怒ってゴロゴロ床を転がりながら、
そして、人々から忘れ去られ、ひっそりと消えていくのです。
不満は言いません。
PR

多亜占

ああ、どんどんマンドクサーになってきた(笑)

今回に関しては、いつも自分の思考を廃棄するときに書いていたように
内容を整理せずに書いてますので、たぶん、書いている意味が
わからないと思います。
途中まで読んでわけが分からない場合は、読まなくてもいいです。
自分の思考メモみたいなもんですので。


思考を追及すると、どんどん思考があふれてきて
止まらなくなるんですよね。
書くのがめんどくさくなってきました。
本来、多亜は占いに使う札だったんですよ。
それを賭け事に流用しているわけで。
多亜占についてタロットカードみたいな使い方をするんですが、
実際は札の陰陽の組み合わせで運命の方向性や強弱を
見るものですので、タロットのように単独の札では
判断しません。運命はお互いの要因が影響を与えあって、
変化していくものだからです。
過去、現在 自分の行動、 未来
というふうに5枚ずつ上から4列にカードを並べていって、
(自分の場所のカードだけ3枚)
その運命を判断します。
本当は、なぜ5枚なのかなぜ自分は3枚なのか、
占いの運命学と哲学を説明しなければならないのですが、
もうすでに、かなりマンドクサーになってきたので、
ここは省略します。
まあ、簡単に言うと、最初の1枚で
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸を決定し、
残り4枚で前半の2枚の組み合わせで自分の運命、
後半の2枚で外部からの要因を判断します。
だから、3列目は自分の行動なので3枚でいいのです。
ああ、もう、自分しか分からない説明になってきた(笑)

占いは哲学的内容が多すぎて説明ができません。
内容読んでも疲れるだけの内容なんで、はぶきます。
ただ、この占いが彼ら修羅の世界の哲学や属性にも
深くかかわっていますので、
彼らの属性にかかわる部分だけかいつまんで説明しますね。


十二支にはそれぞれ陰陽がありまして、
子陽
丑陰
寅陽
卯陰
辰陽
巳陰
午陽
未陰
申陽
酉陰
戌陽
亥陰
となっているわけです。
全部説明するのは面倒くさいので、
札の子と牛だけで説明しますね。
子の色札
(陽性)
木→甲
火→丙
土→戊
金→庚
水→壬

牛の色札
(陰性)
木→乙
火→丁
土→己
金→辛
水→癸

となります。
この陰陽の木火土金水が
全部で6セットあるわけですね。
それのカードの組み合わせで札同士の相性や優劣で
運命を占うわけです。
今回は占いの哲学部分を省略しすぎたために、
わけがわからなくなってしまいました。
まあ、書かなくてもよかったんですが、
彼らの種族の特性からこの占いが作られているので、
彼らの種族性を説明するためには、どうしても
この占いについて言及しなければならなかったのです。
これに関しては、わからなかったら読み飛ばしてください。
チラシの裏ですみませんでした!!!!!!

騒霊の性別について

騒霊は、元々が人間霊か地霊のような妖精かによって
その性別は変わってきます。
元が人間霊の場合、生前の性別、生前の自分が一番印象を
もっていた時期の姿で出てきます。
だから幼い頃死んだ子供が青年になって出てきたり、年老いて死んだ
歌手やアイドルが若い頃の姿で出てきたりすることもあります。
地霊など精霊の場合は相手にアピールするため、人間の格好で
出てくることが多く、相手が男性の場合、女性の姿で、
女性の場合は男性の姿で現れます。
相手を驚かせる場合は、妖怪などの姿で出てきたりしますが、
相手と仲良くなったり、相手がかわいい方が好きだとわかると
姿を変えることもあります。
私は男性ですので、妖精の騒霊たちは若い女性の姿で出てくることが
大部分ですね。
これが相手が女性だとおなじ妖精でも若い男性の姿で出てくる場合が
あるようです。


ついでに、池内系と対立している松岡系の顔ぶれについて
説明しておきましょう。

松岡良(ショウオウリョウ)
真面目な性格で、いつも松岡系の仲間に気をつかっています。
こいつらは基本的に私には近寄ってきませんので、時々、
思考の端に現れるだけです。
ただ単に池内系と仲が悪く喧嘩しにきているだけのようです。
その中では良は平静な性格で、怒って興奮した仲間を
なだめて帰っていきます。
帰り際にはちゃんと私に向かって一礼しますが、そのあと、
なんともいけない、見下げ果てたような視線を私に一瞥してから
去ります。
あんまり好かれてないようです。
格好は錦の古代の中国服で、緑系のものが多いですね。
頭には小さな冠をかぶっており、その両端から長い鳥の羽のような
飾りがでています。
髪の毛は黒です。
目の色は茶色です。




松岡覇
こいつも、基本的に私のことを敵視しているようですが、
感情があらわで、性格は悪くありません。
あけすけで、怒鳴ったりしますし、気も荒いですが、
良のように腹にいちもつあるような感じはしません。
頭に銀のライオンみたいな兜をかぶっており、池内剣や忍に
ライオンにかじられているようだと笑われて怒ったりしています。
あんまり頭はいい感じはしません。
良のことを姉のように慕っています。
巨大な銀のハンマーをもっています。
このハンマーは柄がハンマーをつきぬけていて、
一番上に抜け防止用でしょうか、紐を編んだような模様の突起に
なっています。この突起はハンマーを固定されている上下の
付け根にもあります。
いつも、鎧を着ていて、マントを身につけており、
表は銀色で裏は赤です。
髪の毛の色は銀です。目の色は赤です。
松岡系はほとんど私に干渉してこないので、詳しい性格や
日ごろどんな発言をするかまではよく把握できていません。

松岡狼

濃い緑の中国服で服の足と腕の袖は紐でしばってあります。
その上からポンチョのような布を頭からかぶっており、
(長方形の布から頭のぶぶんだけ切り抜いてそこから頭をだしている)
胴のところで帯をしめています。帯の色は黄色です。
濃い緑の服は無地ですが上からかぶっている布はブドウの蔓の
ような模様が入っています。
アラビアンナイトのような短剣をもっており、足が早いです。
素早く相手の間合いに入ってきて、首を切り裂くような攻撃を
してくるので気をつけなければいけません。
精霊同士の戦いなので死人はでませんけど。
私には攻撃してこないし、思念の中の行動ですからね。
無口であまりしゃべりません。
頭の後ろで髪をまとめていて、前髪はたらしています。
目の色は緑で髪の毛の色は黒です。


いつもこいつらは、池内系と喧嘩しています。
喧嘩するためにやってくるような感じです。
でも、松岡良はなだめ役で、池内慶は相手にしないで
私の周囲でうろうろしてますので、
おもに剣と忍が闘っている感じです。
相手は覇が敵意むき出しで向かってくる感じで、
狼はあくまでも覇を守るためにお義理で戦っている感じです。
あまり積極的にやる気はありません。
威嚇的攻撃はしてきますけど。
しばらくすると良がとめに入って、それを見て慶も
剣や忍を連れてかえるかんじです。

悪玉コレステロール三姉妹

基本的に私の邪魔をする騒霊のうち、
一番盛んに出てくるのが下記の三人です。
池内慶(チナイケイ)
私ことが大好きで、いつもマンガを一緒に読もうとかバンダイチャンネルで見たいアニメがあるから
ダウンロードして買ってだの、ニコニコ動画見ようだの、ささやいてきます。
無視してると、アイドルマスターのダンスとか目の前で踊って仕事の集中力を
落して振り向かせようとしてきます。
それから、人間の想念が大好物で、仕事上の良いアイデアが浮かぶと、それを食べに来ます。
頭の中にできかけたアイデアがもう一歩!というとき、それにかじりついて、
「はなせ!」と言って無理やり口をあけさせようとしても「いー!」と言って強情にはなしません。
あと、度忘れしたことをもう少しで思い出しそうになったとき、目の前に現れて
「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、それでこれは!」と言って自分の肘をみせて、
完全に思いだしかけていたスケジュールなどを忘れさせます。
格好はストリートファイターの春麗みたいな髪型をしていて頭に二つのポフポフがついています。
目はすこし釣り目で切れ長ですが少し細いです。
髪の毛の色は黒です。
オレンジ色のチャイナ服を着ていて、下はズボンです。
服には金色の刺繍でドラゴンが縫ってあります。
両手両足の間接のところには黄色い帯が結んであって、うごくたびにそれがヒラヒラ動きます。
背中にはお札の円みたいなのが回っているのですが、一か所、それが破れた個所があります。
これで、結界がはずれて、どこからか逃げ出してきたのかなあと思います。
時々、腰に細身の剣をさしていることがあり、暇な時、剣舞などをしていることもあります。
お尻にウサギみたいな丸いフサフサの尻尾が生えていて、私がガン無視を長時間続けると、
それを顔の横でプルプル振って挑発します。

池内剣(チナイケン)
こいつは、基本的に私に無関心です。
金色の鎧を着ていて、すこし太めの剣を腰にさしています。
槍をもっているときもあります。
目の色は青で金髪です。
目はくりっとしていて大きな目です。
髪の毛は短髪で少し天然パーマがかかっていますが、
いつも兜をかぶっているので見えません。
筋肉質でけっこう逞しい感じですが、スポーツマンタイプの体格で、
ボディービルダーみたいなムキムキではありません。
私が仕事していると、隣でゲームをはじめたり、マンガを読んでゲラゲラ笑ったりします。
とくに仕事がいそがしくなってくると、何もしないでねっころがって尻をボリボリかいて
「ひまだなー」と言いながら、大あくびをします。
徹夜仕事が続くと、私の隣に布団を敷いて、大いびきをかいて寝ます。
いつもぐうたらして何もしないくせに、時々私を指さして
「何でお前はそんなにダメ人間なんだ!あーもうイライラする!」と言いながら
部屋中転げまわって怒り狂って暴れます。
大きなお世話です。


池内忍(チナイニン)
こいつが一番悪質です。
私が仕事をしてると「あ、だめだわー、これはだめだ、絶対むりだって、誰が認めるの、
こんないいかげんな仕事、でったい無理、はずかしくないの?」とかネガティブなことを
言ってきます。
「どうせお前なんかさ、絶対成功しないって、私が保証する絶対だ!」とか全然何の確証もないのに、
容易く保障してくれます。
時々池内慶と口げんかしてます。
池内慶は私のことをいじめるなといってかばってくれるのですが、
池内忍が池内慶のことをぼろカスに言っても池内慶は「ほめてくれてありがとー」と言って
うけながすので、池内忍はあきれてどっかに行ってしまいます。
池内忍がどっかに行ってしまうと、池内慶はあいかわらず「仕事なんてほっぽらかして遊ぼうよ~」
とか言って仕事の邪魔をするんですが。
髪の毛は紫紺で目の色も濃いブルーです。
青色の羽衣みたいな服が好きで、いつも薄い水色の天女のような服を着ています。
頭の髪の毛は長髪ですが、上のほうで天女のように結んでいます。
髪はストレートロングヘアーです。
細身で目は少し細めですが切れ長です。
スレンダーです。

こいつらが池内族(チナイゾク)

こいつらといつも仲が悪いのが、
松岡族(しょうおうぞく)
こいつらは、エリート嗜好で、いつも私を遠目から見ながら私を鼻で笑ってます。
池内族とであると喧嘩が高じて剣戟をかわして戦うときもありますが、
ある程度闘っても決着がつかないので、
また去っていきます。
松岡族のメンツは、また気が向いたときにでも、


ブログ開始にあたって

現在自分が運営している歴史ブログにおいて、ファンタジーの設定について書いたところ、
大変お褒めいただき、ぜひ、そうした設定はブログなどに保存したほうがいいとの
お勧めをいただきましたので、その御助言に従い、このブログを立ち上げました。
ちなみに、題名の池内慶とは(チナイケイ)という名前の私の頭の中にいる
想像上の騒霊です。この騒霊はさびしがり屋なので、私が仕事や作業をしていると、
色々と邪魔をしてきて「ニコニコ動画見ようよ」とか「マンガ読もうよ」とか「2ちゃんねる見ね?」
とか言ってきます。みなさんの頭の中にもいるかもしれませんね。(笑)
このほかにも松岡良(しょうおうりょう)とか田中各(でんちゅうかく)とか泰高(たいこう)とか
智伯(チハク)とか色々なのが私の頭の中にいて、よそ事を考えさせたり、
ネガティブなことを言ったりしてひたすらに、私の仕事や作業をじゃましにきます。
でも本当はみんないい奴なんですよ。
そんな愉快な仲間たちが私の仕事と作業を邪魔するべく、
語り続けたヨタ話とよそ事をこのブログに記録していくことにしました。
まあ、気に行った人は読んでいってください。
基本的に私の妄想ですから、「こんなものは科学的に存在しなーい!」などという
マジな突っ込みは無しの方向でよろしくお願いいたします。

それでは、ちょっと不思議な妄想の世界へようこそ。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター