忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吸血鬼の狩り方

本来、精霊、妖精のたぐいはさほど攻撃的ではなく、凶暴なものに対しても
無力である。
西洋のフェアリーはたった十数匹のバンパイアによって妖精の泉に存在する四万匹の
フェアリーを一日で全滅させてしまうという。
しかし、日本ではバンパイア、吸血鬼の話をついぞ聞かない。
これは、日本の精霊、地霊が吸血鬼を駆るからだそうだ。
その狩り方は独特で、神社などに西洋の吸血鬼などが近づくと、精霊が何万柱も出てきて
使い捨てカイロを持って「シャー!シャー!シャー!」と叫びながら使い捨てカイロを
勢いよく振る。そして、一斉に吸血鬼に群がって体中に携帯カイロを貼り付けていく。
そして大量の精霊がむらがってできた球を霊球と言うらしい。
そのあと、精霊がちが「ふとんがふっとんだー!」と叫びながら吸血鬼を布団でくるみ、
布団蒸しにする。すると音頭が八〇度くらいまで上がるらしい。
こうして吸血鬼を蒸し焼きにするらしい。
吸血鬼は不死身なので高温で焼いて灰にしてしまうとまた復活する。
刃物で切り裂いても復活する。そうなので、高温で蒸し焼きにして体内の血を蒸し焼きにして固形化させ、
うごかないようにする。
吸血鬼がうごかなくなると大量の石や鉄クズなどと一緒にふとんでくるんで川に投げ捨てる。
吸血鬼布団団子はしばらく水に浮いているが、そのうち水を吸収して重くなり、
石や鉄くずの重みで海の底に沈んで仮死状態のまま放置されるらしい。
日本の精霊はこうやって吸血鬼を蒸し殺しにして海に沈めるので、西洋の吸血鬼は
神社には近づかないらしい。
昔は使い捨てカイロがなかったので、てぬぐいを鬼の体に巻き付けて、乾布摩擦して温度をあげて
蒸し殺しにしたらしいが、とても労力がかかるので、大変だったそうだ。
今では、携帯カイロがあるので楽だと言っていた。
そんな話を精霊たちが雑談していた。
PR

感情と物欲を計りにかけよ

慶ちゃんが「怒ったら損するから怒っちゃだめだよ」と言ってきました。
なぜ怒ったらいけないかというと、私が怒ったら私の収入が少なくなって、
あんまり裂けるチーズが買ってもらえなくなるからだって(笑
でも、その話に怒りの本質があるみたい。
「何を馬鹿なこと言ってんだ」と笑ったら、
慶ちゃんが説明してくれました。
「何で人は怒るの?」
と聞いてきます。
「そりゃ、侮辱されたら怒るかな」
「何で侮辱されたら怒るの?」
「屈辱的だからじゃない?」
「あほー!あほー!」
慶ちゃんが手をぱたぱたさせて目を丸くして言いました。
「何やってんだよ」
私は笑ってしまいました。
「怒らないじゃん」
「そりゃね、慶ちゃんかわいいから」
「違うよ!慶タンが馬鹿にして君は何の危害も加えられないことわかってるから
怒らないんだよ!人間は損をしたり自分の身に危険が及ぶと本能的に悟ったときに
怒って戦闘態勢に入るんだよ!だから慶タンみたいにちっこくて安全なものが
馬鹿にしても怒らないんだよ、でも、図星の弱点とか言い当てられると、
慶タンが言ったことでも怒ると思うよ、それは弱点を言い当てられたからであって、
そこが弱みだからだよ!だから、本来は損をしたり危害を加えられたりすることに
対して怒ってるんだよ。でも、人間は怒りを覚えると、言ったり嫌な事された人に
危害を加え返すことで気分がすっとするんだよ。これは、自然界では
危害を加えてきたものを殺したら安全になるから気分が楽になるという本能が
脳内変換されて、自分が得しないでも、相手が不幸になったら気分が
スッとするように人間の頭が勘違いするんだよ!でも、これは勘違いで、
相手に嫌がらせしたら、相手も仕返しして、どっちも損ばっかするんだよ!
だから、嫌な事してくるヤツでもそいつとつきあうことで利益があるなら
自分に向かって『だってこいつとつきあったら得するじゃん、利益がっぽり、うひひ』って
思えばいいんだよ!そしたら、怒らなくなるよ!つきあっても利益のない人からは、
ひたすら遠ざかって相手にしないといいんだよ。できるかぎり回避するんだよ!
そうすると得だよ!どうしても戦わなくてはならない時は戦うけど、
怒って戦ったらだめだよ。冷静に自分の利益を最大限になるように頭をつかって
戦ったら得をするよ!得をするために戦うんだから、相手を徹底的に叩こうとしないよ、
だから自分も相手からの必死の抵抗でひどい被害を受けることを回避できるよ。
人間は得をするために生きてるんだから、自分を侮辱した人をいつまでも憎んで、
相手を不幸にすることだけを考えていたら、自分も不幸になって、一時的に気分が良くなっても、
また不幸な気分になって損するよ!だから、腹が立って腹がたってしょうがないときは、
冷静に自分の本能に何が得か教えて、説得してやればいいよ。
自分が得することがわかったら、自分の本能もムヒヒッと思って腹が立たなくなるんだよ!」
そんな事を慶ちゃんが教えてくれた。
慶ちゃん、アホみたいな事ばっかりしてるのに、そんな事考えてたんだ。

お祈り

人間は、食事をする前に神様にお祈りして感謝するのがいいと慶ちゃんは言いました。
食事の前の言葉
「たなつもの、もものきくさもあまてらす、ひのおおかみのめぐみえてこそ」
食事が終わったあと。
「あさゆうに、ものくうごとにとようけの、かみのめぐみをおもえよのひと」

こういうお祈りがいいらしい。

何が嫌い?

慶ちゃんに、どうしてゲームセンターのに格闘ゲームをしに行ったらダメなのか聞いてみました。
すると、ゲームセンターのゲームは毎回お金を入れてやるので、中毒になるからダメだと言っています。
ゲームだけじゃなく、日常的にお酒を飲んだり、タバコを吸ったりするのもダメだと言っています。
あと辛いものも中毒になるからダメなんですって。
ゲームも、オンラインゲームのように終りなくダラダラやってしまうものはやってはだめだと
言っています。
ゲーム機で終りがあるゲームとかならいいみたいですね。
日常に害のない環境ゲームみたいなのだったら、まだいいみたいだけど。
だから、インスタントラーメンもあまり食べちゃいけないとさかんに言ってるそうです。
これも、食べることが癖になるから。
癖になって体や精神をむしばむものがダメだそうです。
だから、将棋や野球などはちゃんと終りがあって、ゲームが終わるからいいんですって、。
あと、タオ(道)があるものはやってもいいと言ってました。
基本的に中毒性のある嗜好品を警戒しているようです。それは、
慶ちゃんたちが嫌いというより、私がゲームやお酒やタバコなんかで
中毒になって寿命が縮まってしまうことを恐れて、私を守るために言ってくれているそうです。
ゲームやギャンブルに負けた人の発散した気を吸うと、それも魂に良くないらしいし。
自分の好き嫌いで、ゲーム屋さんに行かないように言っているのではないと
慶ちゃんは言いました。

人間にとってもすごく怖くて警戒しなければならないものが依存症だそうです。
依存症は人生を滅ぼす可能性があるので、そういう可能性があるものから
私を遠ざけたいんですって。

依存症の人は、自分が依存しているものが無くなったら、自分は生きていけないと
思い込んでいるそうです。でも、それが大きな勘違いで、
自分が依存しているものと出会う前は、それなしでも普通に生きていたんだから、
そんなもの、無くても生きていけるんだそうです。
それは、お酒やギャンブルだけじゃなく、新興宗教や買い物依存症もそうだそうです。
その根本にあるのは恐怖心だそうです。
「でも、そんなに怖がらなくても大丈夫だよ。慶タンが一緒にいるからね。」
と慶ちゃんは笑いながら言いました。


慶ちゃんのおクツ

慶ちゃんの靴は木の靴で、「速鳥」という名前が付いているんだって。
楠の上に漆塗りの黒い塗装がしてあって、水の上をものすごいスピードで走れるんだって。
すごいね。でも、いつもは普通に歩いてるよ。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター