忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼らの本来の姿

彼らの実態はというと、
実際的にはどこか外国の寺院が荒廃して逃げ出してきた仏道の
眷属の零落した姿だったり、もとから土地に住んでいる
地霊だったり、霊界から人間のエネルギーを引っ張るために
現世に出張ってきている修羅だったり、その実態は
色々なのです。
でも、彼らの多くが仏教の六道に起因している者ですから、
自分たちを詳細に陰陽五行にあてはめたがります。
中には冗談も交じりますし、彼らの語る種族というのは、
私自身が彼らを見ていて当てはまる性格や属性とは
すこし異なるものです。
ですが、彼らの思考や哲学が仏教的思考にとらわれるかぎり、
彼らの説明する種族は、きっちり陰陽五行の分類に
当てはまるものになりますので、
そこはあくまでも、彼らの語るファンタジーの世界の
お話としてとらえるべきだと思います。
彼らの語る種族については、また、後ほど語ることにします。

一時期、有名になった「かんなぎ」というアニメになった
漫画がありましたが、あの発想はある意味いい線をいっているなあと
思いました。
本来仏道の眷属や地霊という存在は威厳に満ちていて、
人から畏怖されるべき存在でした、
しかし、彼らの森の木は切り倒され、土は埋め立てられ、
人々は神仏にあまり手を合わせなくなっていきました。
それでも、そのコアの部分におわします神、仏は
厳然として存在するのですが、末端の眷属たちの中には
零落していくものもあります。
そうした者たちは決して「自然破壊した人間が許せない!」とか
目をつりあげて言いません。
なぜなら、人間も自然の一部であり、大木を食い荒らし打ち倒す
シロアリとかわらないからです。
ただ、彼ら眷属が力を失うと、
意志薄弱になったり、相手の気を引くために、家の柱を
ゆすぶっておどかしたり、また、見える相手には、
スーパーのお惣菜売り場につれていけ!とねだったり(笑)
そんな存在になってしまうだけです。
彼らはただ、存在し、そして時に笑いながら、泣きながら、
時には怒ってゴロゴロ床を転がりながら、
そして、人々から忘れ去られ、ひっそりと消えていくのです。
不満は言いません。
PR

コメント

無題

いわー、ハイパーすぎて頭がついていきません(^^: 

願わくばもう少し初心者向けに
こういうタルパ達の背景的なものを
入れていただけると嬉しいです。

狩破の米欄について質問です、
精霊の分類が3種類なんでしょうか?
それとも小玉さんの精霊衆が3種類(派閥)ということで?
【2009/10/26 21:45】 NAME[シ甫山] WEBLINK[] EDIT[〼]

浦山さんへ

ご希望に添えるように、タルパが
半額割引のスパゲティーを取られて
怒り狂ったエントリー乗せときました。
タルパたちの背景的なものも、
おいおい書いていこうと思っております。

精霊や地霊というのは、本来、
得体のしれないものなんですね。
その中でも私によってくるのが、
主にこの3種類ということです。
私の知らない世界というのは、
もっと、もっとあると思いますし、
彼らが本当のことを言っているのか
どうかもわかりませんが、彼ら
と同じレベルの精霊は、この3種類が
主流みたいですね。
【2009/10/26 21:57】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

精霊3種、了解しました。
多亜、多亜占も合わせて読みましたが
情報量が半端じゃないですね。
連日の更新でさぞお疲れでしょう。
しんどい時は無理なさらずゆっくり休んでください。
お忙しい中丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。
【2009/10/26 23:42】 NAME[シ甫山] WEBLINK[] EDIT[〼]

浦山さんへ

はい、さすがに、
マンドクサーになってきました(笑)
多亜、多亜占は、今後の彼らの
属性を理解するためにも
必要な基礎知識なので、書いてみました。
特に地霊は土地の水や土地や御神木
などともかかわってきますからね。

あまりとばしすぎると息切れするので、
ゆっくりやっていきたいと
思います。
頭の中では容赦なく情報があふれだして
いますが(笑)
【2009/10/27 07:38】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

ヘタリアっていう漫画にちょっと妖怪のことがでてくるんですが

http://www.geocities.jp/himaruya/zsk.htm

ヘタリアの作者さんの言う 意外とやつらあっちこっちで元気に
いきてるのかもしれません。

っていうのは結構あたってたんですね
【2009/11/01 20:31】 NAME[ひぃ] WEBLINK[] EDIT[〼]

ひぃさんへ

ああーそれはあるかもしれませんね。
というか、インターネットが発達して以来、
かなり連中も復権してるみたいですけどね。
インターネットの中で。
でも、名前変えたり、いろいろ工夫して
大変みたいですよ。
ここにいる連中も、実は昔は
ものすごく有名だったかもしれない。
【2009/11/01 21:59】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター