忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いちごの記憶

春眠暁を覚えずというが、最近ぼーっとしている事が多い。
このまえもイチゴを二パック買って、それを剣ちゃんと慶ちゃんに与えた。
何故なら、前の日に忍ちゃんと慶ちゃんにイチゴを買ってあげていたからだ。
だから今日は剣ちゃんの番なのだ。
そのあと、ぼーっとしてて柿を二つ買ったら剣ちゃんが来て手をさしのべたから、
そのまま剣ちゃんに柿をあげてしまった。
「ちょっと何してんのよ」
横から忍ちゃんがゲシゲシと足を蹴った。
「何って?」
「その柿私のでしょ?順番でしょ」
忍ちゃんが憤怒の表情で主張する。
ごめんぼーっとしてた。
私は、自分の頭のどこかで、結局は慶ちゃんたちは想像の産物でしかないんだろうなという
思いがある。目の前に見えている姿も、所詮、自分の頭のどこかの機能がおかしくなって
見えているんだろうなと。
でも、私が勘違いしていたり、忘れていたりすることを、慶ちゃんたちは覚えている。
特に、自分の権利関係になると、私がぼーっとしてたり忘れていて順番を間違えると、
猛然と抗議してくるのだ。
そういう時はびっくりする。
そのあとアイスクリームコーナーに行って旨ミルクというアイスを買う。
これは竹内力がコマーシャルしてる奴だな。
「私がもらったわ。だって私イチゴもらってないもん。」
そう言って素早く忍ちゃんがアイスを貰った。
「ちょっと待った―!旨ミルクは竹内力だから譲れないよ!ベイビー竹内だよ!」
慶ちゃんが異論を唱える。
「じゃあ、イチゴくれるの?」
「そ、それは……」
「剣ちゃんが貰うの!剣ちゃんはいつもあんまりいいもの貰ってないから、愛情不足なの!」
剣ちゃんも主張しはじめる。
「わかった、剣ちゃんはいどうぞ」
慶ちゃんがすんなり剣ちゃんにゆずる。
「どういう事なの?私にはあげたくないけど、剣ちゃんにはあげるっていうの、良い度胸だわ、
バスチーユ監獄の地下牢送りにするわよ!」
忍ちゃんが慶ちゃんの胸倉を掴む。
「まあまあ、、たまには剣ちゃんにも言い思いしてもらわないと」
わたしがとりなして、なんとかそのばは収まった。
そのあと、プリンが二個一五〇円だったのでこれを買って忍ちゃんと慶ちゃんにあげる。
忍ちゃんも慶ちゃんもプリンは好きなので満足のご様子。
そのあと、草餅と半生タイプのイカ焼とお菓子のピコラを買った。
これで終了。
「ちょっと待って!」
忍ちゃんが言った。
「私が一個足りないわ。
「え?」
私が一個たりないのよ!」
「いや、みんな同じ数だよ」
「だって私が昨日買ってもらったイチゴジャムパンをあなたのお父様が仏壇にお供えになったのよ!」
「え?」
忍ちゃんたちは精霊であり供物を受け取る。精霊にお渡ししたものは人間がお下がりとして
食べることができるが、他の聖霊、高霊にお供えしたものは受け取れない。
「えー」
私は半信半疑で念のためにぼんちあげを買って帰った。
家に帰ると、イチゴジャムパンが仏壇に供えてあった。
私は忍ちゃんにぼんちあげをあげた。
PR

髪の毛が伸びた

風邪の具合がだいぶ良くなったので、私がイチゴを食べるとき、慶ちゃんたちが
私に憑依していいと忍ちゃんから許可が出た。
「わーい」と言って慶ちゃんが憑依する。
私がイチゴを食べる。
「うまー!」
慶ちゃんが喜んだ。
剣ちゃんが憑依する
「おいしー!」
剣ちゃんが喜んだ。
忍ちゃんが憑依する
「おいしいわね」
忍ちゃんが喜ぶ。
でも、まだ体が本調子じゃないので一個しかたべられない。
「もっともっと!」
慶ちゃんがせがむ。
「無理させちゃだめなの!」
忍ちゃんがたしなめる。
「いいもん、食べなくても生気だけすっちゃうもん!」そう言って慶ちゃんは直接イチゴに
かぶりついてちゅーちゅーイチゴの生気を吸いはじめた。
「剣ちゃんも!」
剣ちゃんも吸い始めた。
「あんたたちだけずるいわよ」
我慢しきれず忍ちゃんもすいはじめた。
それで新鮮なイチゴの生気は吸えるみたいだが、味を味わうためには憑依しないといけないみたい。
一生懸命イチゴの生気を吸っている剣ちゃんの後ろ髪がかぶっている兜からはみ出していた。
なんか最近剣ちゃんの髪の毛がちょっと伸びたみたい。
慶ちゃんと忍ちゃんは黒髪だけど、剣ちゃんだけは何故か金髪。

久々のおかいもの

体調は万全ではなかったが、どうしてもほうとうが食べたくなって駅前の
スーパーに買いに行った。ほうとうとは、麺をきしめんのようにひらたく伸ばしたもので、
味噌煮込みなどに入れて食べる。
ほうとうを二束買ったが、慶ちゃんたちが出てきてどうしてもお供物がほしいと言う。
それで剣ちゃんにポテトチップ、慶ちゃんにピーナツチョコレート、忍ちゃんに満月ポンを買ってあげた。
そしてレジに向かおうとすると、剣ちゃんがお菓子売り場で幼児用ビスケットアンパンマンシリーズを見つけてしまった。
「これほしい!」
剣ちゃんが私の袖をひっぱった。
「でもポテトチップ買ってあげたじゃない」
「ポテトいらないからこれほしい!」
そこに忍ちゃんが突っ込みを入れる。
「剣ちゃんだけ二つもずるいわよ、そんなのダメよ!」
「ほしい!ほしい!剣ちゃんいつも注目してもらってないから、今日くらいは特別でいたいの!」
日頃いい子であんまり主張しない剣ちゃんだけど今日だけはすごく主張してきた。
なんだか可哀想になったので、ポテトチップを売り場に戻し、幼児用ビスケットを
買ってあげた。
「わーい!わーい!」
剣ちゃんはよろこんだ。
「ちょっと!剣ちゃんだけ特別扱いかしら!私に対する特別な配慮はないのかしら!」
目をつりあげて忍ちゃんが怒る。
「しかたないなあ、じゃあ、何か好きなの選びなよ」
そういうと忍ちゃんがしばらく売り場を眺めながら悩んでいる。
「いいわ、やっぱりやめる」
「どうしたの?」
「あなたが選んでくれたのが、いちばんいいから」
おっと!ここに来て急にデレモードにはいったー!
「何でれてんだよ」
「別にデレてないわよ。私は大人のおんななのよ」
忍ちゃんは意味不明な事を言って余裕の笑みをうかべた。
なんか最近忍ちゃんが変だ!

どういう風邪のふきまわし

風邪でダウンしていると母親がイチゴを洗ってもってきてくれた。
風邪がひどくてご飯が食べられないので、ちょっと甘みのあるイチゴとかミカンとかバナナを
食べている。
「イチゴだ!イチゴだ!」
慶ちゃんはイチゴを発見して手を出そうとする。
その手を忍ちゃんがペチリと叩く。
「だめよ!私たちがイチゴの生気を吸うと、この子にイチゴの生気がいかないじゃない。
いまは病気なんだから、イチゴはこの子だけにたべさせるの」
忍ちゃんが慶ちゃんに説教している。
「この子って誰だよ」
「あんたに決まってるじゃない、馬鹿なの?」
忍ちゃんが私をギンギンに睨みながら言ってきた。
「どういう風の吹き回しだ」
「あら、私はいつもの私よ」
忍ちゃんは胸を張っていった。
「無い胸は張れぬ」
慶ちゃんが突っ込みを入れる。
「ぶちかまわよ、あんたー!」
忍ちゃんが怒鳴ると慶ちゃんは「ぴゃー!」と言って
逃げていった。
その横で剣ちゃんがじっと見ている。
「あげようか」
私がそう言うと剣ちゃんは首を横に振った。
「早く元気になってね」
良い子や。
「慶タンだって良い子だよ!はやく元気になってね!」
慶ちゃんがやって来て言った。
みんな良い子だ。

慶ちゃんのエネルギー

実は最近、うちの父が体調を壊して入院し、世話とか色々大変だったんだけど、
ふと気づくと、慶ちゃんの陰が薄くなっていた。
ひょっとして父親のエネルギーを吸収してたのかこの子。

私が神社に行かないと、剣ちゃんの陰が薄くなることがあって、
焦ったことはあったけど、慶ちゃんの陰が薄くなったことはなかったので、
安心していた。今回、慶ちゃんの陰が薄くなってびっくりした。
うちの父はけっこう厳格で、頑固な所もある真面目な人で、
おおよそ、慶ちゃんのようなおちゃらけたところはまったくない。
でも、本心では子供の私のことを本当に可愛くおもって、その精神の具現化が
慶ちゃんの行動に出ていたのではないかと思う。
どおりで、何の理由もなしに私の事が大好きなはずだ。
ちょっと寂しいような嬉しいような気持ちになった。
今日、病院に行ってきた。
慶ちゃんが点滴の管をさされている父のベットによじのぼり、オデコをペチッペチ叩いて遊んでいた。
「ちょっと、やめなさいよ」
忍ちゃんが怒って慶ちゃんの後頭部をはたいた。
「ごめんねごめんね~」
慶ちゃんがおちょけた。
忍ちゃんはため息をついた。
父の所へ行くと、慶ちゃんはくっきりしして元気になっていた。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター