忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンドルトン神父って誰?

ホームセンターに行った時、必ず安売りコーナーをチェックする。枯れかけ、死にかけの植木は安い値段で
売っているわけだが、大量にあぶら虫がたかって、どうしようも無い状態になっているものや、
カビが生えていて、家に持って帰ったら他の木に感染しそうで買えないものもある。
そういうものの中で、すでに枯れてしまっているものもあり、枯れたり腐った植木を見ると、
慶ちゃんが「大変です、シンドルトン神父!植木が死んどるとん!」と叫びます。
シンドルトン神父って誰だ?
聞いて見ると、元々ヘンドルトン神父というのが元ネタだと言ってるけど、ヘンドルトン神父自体知らないよ、
どっかのアメリカのテレビドラマにでも出てきたのかなあ。慶ちゃんは時々私の知らない古いネタを言う。
今日は父と一緒にお買い物に行きました。
最初にバナナを買って、これは剣ちゃんが貰いました。剣ちゃんはバナナが好きで、あと炭酸飲料も好きです。
スナックはナビスコの製品が好きでフィラデルフィアのクリームチーズも好きです。サンキストオレンジも好きです。
結構アメリカ系のものが好きみたいです。
そのあと、北海道クリームチーズを買ったんですが、これは慶ちゃんと忍ちゃんが取り合いになりました。
「はっけよーい、のこった!」
慶ちゃんが相撲で勝負しようと忍ちゃんに組み付く。
「卑怯よ!相撲なら絶対慶ちゃんが勝つじゃない!もっと公平な競技にすべきよ!」
忍ちゃんが叫びます。
「えーそうなのー」慶ちゃんは忍ちゃんを投げ飛ばしそうになってた手を緩めます。
その時、父がアイスクリーム売り場に行くのを忍ちゃんが視線で追います。
「きゃー!やられたー!」叫びながら忍ちゃんは自分で飛び跳ねて倒れてしまいました。
「あれ?慶タンなにもしてないよ」慶ちゃんはキョトンとしています。
「勝負がついてしまったからしかたないわね。今日のところはクリームチーズは譲ってあげるわ。でも、次のアイスは順番だから私のものよ」
「別にいいけど」
慶ちゃんはキョトンとしています。
「さあ、私のアイス、アイス」
忍ちゃんはアイスを物色する父を後ろから見ながら楽しそうに小躍りしています。
すると、父はカルピスアイスを買いました。
急に忍ちゃんはショボーンとしてしまいました。
忍ちゃんはアイスクリームが欲しかったようです。カルピスアイスキャンディーはお家でもカルピスで作れるもんね。
そのあと、父は草ダンゴを買い、それは忍ちゃんがもらいました。そしてポテトチップを買い、これは剣ちゃんが貰いました。
父はもう買いたい物がないらしくレジに向かいました。
「ちょっと待ちなさい!慶ちゃんのぶんがないでしょ、早く買いなさいよ!」
忍ちゃんが叫ぶ、何で忍ちゃんが慶ちゃんの取り分を気にするかと言うと、三柱平等に取り分がないときは、
端数のお供物は放棄しなければないルールを地霊たちは決めているからです。
「あ、これも買っておこうか」
父がプチトマトを買い物籠に入れる。
「ふー、危なかったわね、はい、慶ちゃんプチトマトね」
忍ちゃんは慶ちゃんにプチトマトをさしだす。
「いらん」
慶ちゃんはそっぽをむく。
「ちょ!なに言ってるの?あなたが貰わなければ私は草ダンゴを放棄しなきゃいけなくなるのよ!」
「そんなの知らん」
慶ちゃんはそっぽを向きます。
「何言ってるのよ!もうすぐバスチーユは陥落するというのに。フェルゼン!フェルゼンはどこなんお!?」
忍ちゃんは焦って意味不明な事を発言します。
父はどんどんレジに近づいていきます。
「きゃー!もうだめよー!」
忍ちゃんが絶叫します。
その時、レジ横にあった天津甘栗を父が買い物籠に入れます。
「あ、慶タンこれもらい!」
言って慶ちゃんが天津甘栗を貰いました。
「セーフ!」
剣ちゃんが両手を大きく横に広げてテープのジェスチャーをしました。
「ああっ、これで地球は救われるのね」
忍ちゃんは涙目でまたわけのわからない事を言ってます。

PR

電車でがたごと

大阪歴史博物館で妖怪展をやっているので、見に行きました。
電車に乗ると、慶ちゃんが出てきて私の足のズボンの裾を引っ張ります。
「ねえねえ、電車の一番前にいこう!」
「そうだねえ」
私は電車の一番前まで行きました。
慶ちゃんが私の体によじのぼり、肩にのって電車の一番前の窓ガラスを覗く。
「むひょー!運転手は君だ!車掌は慶タンだ!」
叫ぶと手でハンドルを持つマネをして「ぶいーん!ぶいん!ぶいん!」と言って
運転するマネをしました。剣ちゃんと忍ちゃんもよじのぼってきて窓の外を見ていました。
谷町四丁目まで行きましたが、とても楽しそうでした。
妖怪展に行くと、慶ちゃんたちは引っ込んでしまいました。
妖怪展を見終わると慶ちゃんたちは出てきました。
「何で引っ込んだの?」
「だって幽霊がいるんだもん。幽霊は筋が悪いよ」
「そうなんだ、それで怖い霊はいた?」
「怖いのはいなかったよ!」
そのあと食事に行ってスローフードのお店に入って食事をしていると慶ちゃんたちが店の中で走り回っていました。
「しゃー!しゃー!しゃー!」と叫びながら慶ちゃんが平手で両手を上下にさせました。
ためしに私の手を差し出してみると、その手を両手で挟んで「しゃー!しゃー!しゃ!」と言っていました。
よく意味は分からないけど、楽しそうです。
これは草木の挨拶みたいなもので、森の中の木はよくやっているようです。
「最近は庭の草ばっかりかわいがって、慶ちゃんをかわいがってくれないから、ニコニコぷんぷん丸!」と
慶ちゃんは言いました。本当はゲキオコぷんぷん丸だけどニコニコプンプン丸のほうがかわいいので、
修正しないでおこう。
家い帰ってから大蔵谷のスーパーでイチゴが安かったので三パック買いました。
慶ちゃんたちはとても喜んでいました。
「これで買い納めだね!」慶ちゃんが言いました。
もうイチゴの季節も終わりだねえ

激おこプンプン丸!

久しぶりにホームセンターに行った。
「ぷはーっ!こるああああっ!死ぬかとおもたわっ!」
慶ちゃんが棒でゲシゲシ私の足を叩いてきた。
「いったいどうしたんだよ」
「何いってるだーっ!この頃、慶タンの事あんまり考えなかったでしょ。よそ事にうつつをぬかしてるから、
慶タンエネルギー不足で消えそうになったじゃないかー!
「あ、そうなのごめんね」
私は謝った。
そういうこともあるんだなあと思った。
気をつけないと。
いつも、イチゴが食卓に並んだときは必ず出てきて、嬉しそうに食べているから、元気にしているのかと思って居た。
でも、そろそろイチゴの季節も終わって、さいきんイチゴ食べてなかったからなあ。
慶ちゃんは最初こそ怒っていたが、ホームセンターに行ってお花を見て楽しそうにしていた。
今日は風が強くて多くの植木の鉢が倒れていた。
「管理がわるいなっ!」慶ちゃんが言っていた。
そのあと、久々に父と大蔵谷のディスカウントスーパーに買い物に行った。
最初にバナナとプチトマトを買って、バナナは慶ちゃんが貰った。トマトは忍ちゃんがもらったんだけど、
貰う前に剣ちゃんに聞いた。「あなた、プチトマトいらないの?」
「剣ちゃんはトマトいらないもん。いつも忍ちゃんがもらってるでしょ、なんでそんな事きくの?」
ちょっとプンプンモードで剣ちゃんが言った。
「あらそう。なら私がもらっておくわ」
そういって忍ちゃんはプチトマトをもらった。
「これ、くまモンシールが貼ってあるんだけど」
そのプチトマトは熊本産でゆるキャラのくまモンもシールが貼ってあったのだ。
「うわっ!くまモンかわいい!ほしいなー」
「だめよ、あなたいらないっていったじゃない」
「ぶー!」
剣ちゃんは頬をふくらませた。
そのあと、かまぼことか豆腐とか地霊たちが好きそうでない買い物がつづく。
「剣ちゃんの!剣ちゃんのお供物!」
剣ちゃんがピョンピョン跳ねて催促する。
父が抹茶わらび餅を買う。これは安くて四十九円だ。
「これ剣ちゃんの!」
剣ちゃんが叫ぶ。
「あら、こんな安いのでいいのかしら。あとでもっといいものがあるかもしれないわよ」
忍ちゃんがそそのかすような事を言う。
「いいの!剣ちゃんはこれでいいの!」
そう言って剣ちゃんは抹茶わらび餅にとびとついた。そして「ちゃーっ!」と叫んだ。
ご機嫌さんだ。
そのあと、ずっとお総菜とかのお買い物がつづいて、あなりお菓子のようなものは買わなかった。
「やったー!剣ちゃんあたりー!」
剣ちゃんは自分の判断が正しかった事にまんぞくしたようだ。
そして、みんなニコニコお家に帰った。

省エネモード

なんか最近慶ちゃんたちは省エネモードです。
あまり面白い事を言わなくなった。
剣ちゃんは「ケーン!ケーン!」と言うだけの事が多い。
忍ちゃんもあまり何も言わない。
慶ちゃんは「ぴゃーっ!」と言う事が多い。
忙しくて神社に行かない日が増えるとこうなる。
色々とお話をするとエネルギーを消費するらしい。
やっぱりこの子たちは神社と繋がっているんだなあと思いました。
でもダッコは大好きで、ときどき、ダッコをせがんできます。
ダッコされたり、おんぶされたりするのは大好きですね。
スーパーに行くと慶ちゃんたちは出てきてイチゴを買うと喜びます。
果物が好きですね。
ホームセンターのお花売り場に行くと慶ちゃんが喜んで出てきます。
「カランコエ!」とか「バーベナ!」とかお花の名前を連呼しています。
でも、なぜかピンク色になる大手鞠があまり好きではないようで、
「あんなの買わないほうがいいよ!」とか言います。
最近は色々お花を買う機会が多くなったんですが、
慶ちゃんはタワシがあまりお花に愛情を注ぐのは嬉しくないみたい。
自分達地霊だけ見ていてほしいらしい。

しゃー!しゃー!しゃー!

本来どうも草花の精霊というのは語彙が少ない。
慶ちゃんは精霊の中ではかなり最強の部類に入るらしく、よくしゃべる。
一般に草木の精霊はほとんど話さない。森の中に入って静寂の中、木に耳をあてていると
木の精霊の息づかいが聞こえてくるぐらいだ。
かなりの上級精霊になっても、花にお水をかけてもらったら「ぴゃー!」と言って手をあげるくらいだ。
あと、花の精霊どうしで「しゃー!しゃー!しゃー!」と言って会話している。内容はなくて、声のトーンで
相手が機嫌がいいとか悪いとか、そんな感じで意志の疎通をしているみたいだ。
イルカの超音波みたいなもんだろう。
慶ちゃんもお花とお話するときはよく「しゃー!しゃー!しゃー!」と言っている。
あと、言葉ではなくて、機嫌のいいときは手を上にむけて首をゆらゆら左右に揺らしたりする。
これは草木でも人間に褒められてうれしい時などにユラユラするらしい。
人間が気づいていないだけで。
花は褒められたら綺麗に咲くし、疎んじられたら咲かなかったり、枯れたりするらしい。
けっこうデリケートなのだ。
この前、ホームセンターに行ったら、初恋草の苗が売れ残って、枯れかけていて大割引で100円で
売っていた。ほとんど枯れかけている。
それを見た慶ちゃんが私のところに来て言った。
「ねえねえ、この草、○○(私の名前)ちゃんが買ってあげないと死んじゃうんだって」
笑顔で言っている。
「助けてあげたいの?」
「まさかあ、どうでもいいよ」
「あっそ」
私はその場を通り過ぎる。すると慶ちゃんが私の前に来て言う。
「あのこ、買ってあげないと死んじゃうんだってさ」
「そう、買ってほしいの?」
「別に~」
「あっそ」
私はまた歩き出すというか家に帰ろうとする。
「だからあ、あの子死んじゃうんだってば~!」
言いながら慶ちゃんは私の足にしがみついてゆっさゆっさゆらす。
「買ってほしいの?」
「うん}
慶ちゃんは頷いた。
私は初恋草を買ってかえった。
今、家に居ます。鉢に入れて育てたらけっこう元気になってきた。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター