忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元旦

今日は元旦なのにみんな呼んでも全然出てこなかった。
インターネットのニコニコ動画でプチマスを見せたら喜んで踊っていた。
年賀状が届いて、慶ちゃんと忍ちゃんと剣ちゃんのイラストを描いた年賀状が
届いたので、みんな大喜びしていた。
実は去年の十二月二十五日、こちらから出した年賀状が元旦にとどかないと、いつも
イラストを描いてくれる人が気をわるくするかもしれないから二十五日までに書けと
慶ちゃんたちに矢の催促をされていたので、今年は珍しく二十五日前に年賀状を出してた。
今年の年賀状には馬さんのかぶり物がついていた。みんな大喜びでそれをかぶって走り回っていた。
慶ちゃんは「うっほーい!」という言葉が気に入ってなんども「うっほーい!」と言いながら
グルグル円をかいて走り回っていた。暫く遊んだあと、剣ちゃんがイラストを凝視して一言つぶやいた。
「私……こんなに顔丸くない」
「何いってんのよ、オコチャマね、なんた人にものもらっといて贅沢言うんじゃないわよ、
ここは童心にかえって素直に喜ぶのが筋ってもんよ!」
忍ちゃんがそういいならがピコピコハンマーで剣ちゃんの頭をピコピコ叩いた。
でも剣ちゃんは兜をかぶっているので平気だ。
「いたくないもーん!」
剣ちゃんはそう言って、また馬のかぶりものをして慶ちゃんとおいかけっこをしていた。
けっこうみんな気に入っているみたいだ。
「そうだ!龍ちゃんに乗ろう!」
慶ちゃんがそう言って押し入れの奥から龍を引っ張り出してきた。
「私くま!くまー!」
剣ちゃんが言ってクマのぬいぐるみをひっぱりだしてきた。
それと一緒にマントと王冠がでてきた。
「あ、これ、キングドーナツのだ!」
慶ちゃんが目をかがやかした。
慶ちゃんは王冠とマントを身につけて、パソコンの大の上によじ登って叫んだ。
「キングドーナッツ!」
剣ちゃんと忍ちゃんは龍に乗ってふわふわその辺りを浮遊して遊んだ。
「前に龍さんに乗って神社に行ってしからられたので、今度はもっていかないようにしようね!」
慶ちゃんが言った。
「そうだね、しまっちゃおう」
剣ちゃんちゃんが言った。
「まって!しまう前に乗る!」
慶ちゃんがそう言って王冠とマントをつけて龍の上に乗ってふわふわ空を飛んだ。
「あー楽しかった」
慶ちゃんは満足して龍と王冠とマントを押し入れの中にしまった。
「慶タンの宝物だよ!」
そう言いながら慶ちゃんはピョンピョン跳ねた。
PR

前庭に酔芙蓉を挿し木した

慶ちゃんたちは毎日楽しく生活しています。
最近はスーパーで棒鱈の煮付けなどが売っているんですが、それを見て
「ぼーだらーぼーだらー」と言いながら慶ちゃんと剣ちゃんが踊っています。
けっこう面白いことをしてるんですが、音楽にあわせて踊ったりだとからだから
どうも文章にしにくい。
この前は久しぶりにポッキーで剣道ごっこしてたけど。
ポッキー剣道とはポッキーを打ち付けあって、ポッキーが折れたほうが負けという
遊びだけど、この前やったときは慶ちゃんばっかり勝って、負けたほうはポッキーたべて
つぎのポッキーを出してくるからいつまでも慶ちゃんがポッキー食べられなくて
大激怒してたけど、今回は、だいたい同じくらいの確率で折れてたから、
慶ちゃんも無事ポッキーを食べられました。
最近、慶ちゃんたちの事情をあんまり書かなかったので、今日はスーパーに行っても
しばらく慶ちゃんたちは出てきませんでした。でもカマンベールチーズの安売りをしてたので
二つ買ったら、大慌てで出てきました。買ったのは二つだったので三柱で取りあいっこ
してたけど、お総菜のスパゲッティーを買ったら、慶ちゃんはそれに飛びついたので、
カマンベールチーズは剣ちゃんと忍ちゃんが貰いました。
慶ちゃんは久しぶりに「ゲッティーゲッティースパゲッティー!」と唄いながら踊りました。
これってたぶん、スパゲッティーをゲットしたって意味の歌なんだろうか。
楽しそうでなにより。
町はすでに正月気分。スーパーのお総菜も正月ものばっかりでした。
正月の出汁やとろろ芋など買っていたら買い物の奏楽が九千円くらいになってしまった。
慶ちゃんも忍ちゃんも剣ちゃんも目を見開いて驚いていました。
「いったいどこのミリオネアなの!」忍ちゃんが言いました。
「すごいね!マンションが買える額だね!」剣ちゃんがいいました。
いや、買えないけど。
「むきょー!むきょー!むきょー!」慶ちゃんは興奮して意味不明の奇声をあげながら
走り回りました。
冬のさなかなのに元気だなあ。
実は、今年の秋には台風が来て、庭にあった酔芙蓉の大木が傾いてしまったのです。
枝が上にひろがりすぎて幹でささえきれなくなったのでしょう。このため、
傾いた側の太い枝をかなり切りました。去年も傾いて太い枝を切って、
慶ちゃんが起っていたので、今年も心配したのですが、今年は暫く口を
きいてくれませんでした。面白い事もしてくれませんでした。
酔芙蓉の大木は裏庭にあるんですが、その枝を挿し木にして植木鉢に入れていたのが
根がついて、けっこう育ったので、それを前庭に植えたので、慶ちゃんは少し
機嫌が直りました。
何本か挿し木にしたのがあったので、近所の公園にも植えてあげようかなあと思っていたのですが、夢枕に神様が立たれ、「なぜ、ご神域のものを外にだすのか」とお叱りをうけたので、
家の中からその挿し木を出すのをやめました。やはり、この酔芙蓉の木はご心霊が
やどったご神木なんだなあと再認識したしだいです。
とりあえす、慶ちゃんのご機嫌が少しなおってよかったです。

小さいおっさん(伯精)

このまえ、小さいおじさんという題名の小説を見かけた。
時々芸能人が見かける小さいおっさん。
あれは慶ちゃんたちと同じものなのかなあって思ってました。そんな事を思いながら、
あの小さいおじさんって何者なんだろうと思って寝たら、夢枕に小さいおっさんが出てきて、
耳元で「伯精」(はくしょう)って言いました。そして直感的に八幡宮の眷属なんだって
思いました。
朝起きて慶ちゃんたちに、「慶ちゃんたち伯精っていうのか」って聞くと、
「慶タンは伯精じゃないよ、せんまだよ!」
って言いました。伯精ってのは音を聞いてすぐに言葉が頭に浮かびましたが、
せんまってどういう字か全然おもいつかないのでひらがなで書きます。

最近は慶ちゃんはりきって、ボーダラの前で「ぼだー!ぼーだ!」とか良いながら
剣ちゃんと腕を組んで踊ったりしてたけど、私が忙しくしててブログに書かなかったので
ちょっと起ってます。
あいかわらずだっこは好きで、よくだっこをねだってきます。
あと、やっぱり電車の先頭が大好きですね。
最近は別の人が居て、電車の先頭にいけない事が多いけど。
あと、金運をつけるために、黄色の靴を履くといいよと言われました。
あと、家の西側に黄色い実の千両、北側に白い実の万両を植えるといいと言われました。
でも、千両、万両ってどっちも赤い実だからなあ。なんかかぐやひめの宝物の話みたいだ。

不思議に思うこと

最近、どうも小さいオッサンの事が話題になることが多い。
慶ちゃんもその類いなんだろうと思う。
関東に出没する小さいオッサンは八幡神社に参拝した人に付いてくるらしく
的場浩二が神社に参拝したとき、ついてきて、家に住み着き、そのことを
的場浩二がテレビで話したことから一気に広まったらしい。
私の場合も、氏神様に参拝に行ってから付いてくるようになったんだが、
それでも不思議なのは中国人みたいな格好をしている事。
時々、よくわからない事を言うし。
日本の神社に住んでいるのに、なんで中国人みたいな格好をしてるんだろう。
最近、剣ちゃんが時々背中に六角形の鉄の柱みたいなのを三本担いでいることがあるので、
何かとたずねたら焼夷弾だと言う。何でそんなもん担いでいるんだろう。
なんでも昔この辺りに落ちたものらしい。もしかして、いまでも地中のどっかに
埋っているのかもしれないと思うと怖いな。
あと忍ちゃんは泉の話をする。
JRの上を通っている鉄橋、黒橋から少し上に上がったところに
小さな神社があるんだが、そこに昔ものすごい大きな楠があって、それを切り倒して
人間が船を作ったらしい。その切り倒した切り株が腐って、大穴になり、そこから
泉が湧き出して、そこに忍ちゃんが住むようになったとか言ってる。
もう数千年の前の事らしいので、たしかめようもないけどね。
色々と不思議に思うことはある。

仲良く取り合い

最近スーパーに行っても慶ちゃんが面白いことをしない。
前は芸みたいな事をよくしてたんだけど、最近あまりブログにも
慶ちゃんたちの事を書かなくなったせいか、慶ちゃんたちも省エネモードになってしまった。
「ねえ、また慶ちゃんたちをブログに書くから面白いことしてよ」
私は慶ちゃんにいった。
「面白い事?」
「むきょー!」
慶ちゃんは叫んで面白い顔をした。
いやそれ、文章でものすごく表現しにくいから。
「ぴょー!」
また面白い顔をした。
いやだから……。もういい。
最近の慶ちゃんたちのお気に入りは海岸沿いのディスカウントスーパーだ。
スーパーの入り口に天津甘栗が売っていたので、これを買った。
甘栗は慶ちゃんの大好物なので、慶ちゃんは大喜びだ。
次に二十五円のコーヒーを四つかった。まずはコーヒー一つずつ慶ちゃんと忍ちゃんと剣ちゃんで
わけたんだけど、一つ余ったので、これは剣ちゃんがもらった。
次に、アイスのコーナーに行って178円のチョコチップの入ったアイスを買って、
これは忍ちゃんが貰った。このアイスは前に買ったとき、ホームランバーという
名前で男の子みたいだかと言って慶ちゃんに譲ったアイスだった。でも、今回は
忍ちゃんがほしいと言った。なぜかというと、チョコチップが入っていて、食べたらカリカリして
オシャレだからだって。前に買ったのはカフェオレ味とバニラ味が一本のアイスに
二種類入っていて、何か昔の駄菓子屋風だったので、いらなかったそうだ。何か、
忍ちゃんなりのこだわりがあるらしい。
その後、カツサンドと肉じゃがを買って、カツサンドは慶ちゃんが、肉じゃがは
剣ちゃんがもらった。
「私はお肉がダメなのに、何でお肉のものばっかり買うのよ!」
忍ちゃんがピョンピョン跳ねながら怒った。
「じゃあ、忍ちゃんにはほうれん草ね」
私は買い物かごにほうれん草を入れた。
「だからあ、分かってないわね。三柱であれこれ言いながら
お供物を取り合うのがいいんじゃない。あなた、ドラマってものを分かってないわね」
忍ちゃんがため息まじりに言った。
けっきょく、わいわいいいながらお供物を取り合うのが楽しみなんだそうだ。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター