忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンドルトン神父って誰?

ホームセンターに行った時、必ず安売りコーナーをチェックする。枯れかけ、死にかけの植木は安い値段で
売っているわけだが、大量にあぶら虫がたかって、どうしようも無い状態になっているものや、
カビが生えていて、家に持って帰ったら他の木に感染しそうで買えないものもある。
そういうものの中で、すでに枯れてしまっているものもあり、枯れたり腐った植木を見ると、
慶ちゃんが「大変です、シンドルトン神父!植木が死んどるとん!」と叫びます。
シンドルトン神父って誰だ?
聞いて見ると、元々ヘンドルトン神父というのが元ネタだと言ってるけど、ヘンドルトン神父自体知らないよ、
どっかのアメリカのテレビドラマにでも出てきたのかなあ。慶ちゃんは時々私の知らない古いネタを言う。
今日は父と一緒にお買い物に行きました。
最初にバナナを買って、これは剣ちゃんが貰いました。剣ちゃんはバナナが好きで、あと炭酸飲料も好きです。
スナックはナビスコの製品が好きでフィラデルフィアのクリームチーズも好きです。サンキストオレンジも好きです。
結構アメリカ系のものが好きみたいです。
そのあと、北海道クリームチーズを買ったんですが、これは慶ちゃんと忍ちゃんが取り合いになりました。
「はっけよーい、のこった!」
慶ちゃんが相撲で勝負しようと忍ちゃんに組み付く。
「卑怯よ!相撲なら絶対慶ちゃんが勝つじゃない!もっと公平な競技にすべきよ!」
忍ちゃんが叫びます。
「えーそうなのー」慶ちゃんは忍ちゃんを投げ飛ばしそうになってた手を緩めます。
その時、父がアイスクリーム売り場に行くのを忍ちゃんが視線で追います。
「きゃー!やられたー!」叫びながら忍ちゃんは自分で飛び跳ねて倒れてしまいました。
「あれ?慶タンなにもしてないよ」慶ちゃんはキョトンとしています。
「勝負がついてしまったからしかたないわね。今日のところはクリームチーズは譲ってあげるわ。でも、次のアイスは順番だから私のものよ」
「別にいいけど」
慶ちゃんはキョトンとしています。
「さあ、私のアイス、アイス」
忍ちゃんはアイスを物色する父を後ろから見ながら楽しそうに小躍りしています。
すると、父はカルピスアイスを買いました。
急に忍ちゃんはショボーンとしてしまいました。
忍ちゃんはアイスクリームが欲しかったようです。カルピスアイスキャンディーはお家でもカルピスで作れるもんね。
そのあと、父は草ダンゴを買い、それは忍ちゃんがもらいました。そしてポテトチップを買い、これは剣ちゃんが貰いました。
父はもう買いたい物がないらしくレジに向かいました。
「ちょっと待ちなさい!慶ちゃんのぶんがないでしょ、早く買いなさいよ!」
忍ちゃんが叫ぶ、何で忍ちゃんが慶ちゃんの取り分を気にするかと言うと、三柱平等に取り分がないときは、
端数のお供物は放棄しなければないルールを地霊たちは決めているからです。
「あ、これも買っておこうか」
父がプチトマトを買い物籠に入れる。
「ふー、危なかったわね、はい、慶ちゃんプチトマトね」
忍ちゃんは慶ちゃんにプチトマトをさしだす。
「いらん」
慶ちゃんはそっぽをむく。
「ちょ!なに言ってるの?あなたが貰わなければ私は草ダンゴを放棄しなきゃいけなくなるのよ!」
「そんなの知らん」
慶ちゃんはそっぽを向きます。
「何言ってるのよ!もうすぐバスチーユは陥落するというのに。フェルゼン!フェルゼンはどこなんお!?」
忍ちゃんは焦って意味不明な事を発言します。
父はどんどんレジに近づいていきます。
「きゃー!もうだめよー!」
忍ちゃんが絶叫します。
その時、レジ横にあった天津甘栗を父が買い物籠に入れます。
「あ、慶タンこれもらい!」
言って慶ちゃんが天津甘栗を貰いました。
「セーフ!」
剣ちゃんが両手を大きく横に広げてテープのジェスチャーをしました。
「ああっ、これで地球は救われるのね」
忍ちゃんは涙目でまたわけのわからない事を言ってます。

PR

コメント

無題

最近教会に入り浸っている私に神父さんネタありがとうございますo(^-^)o

ところで楠さんは「幸徳井(かでい)」っていう御家をご存知ですか?
陰陽道に携わった家系だそうです。
ある掲示板のタルパとかがテーマのスレに1年ぐらい前からいらしている女性の方がこのご家系の方らしいです。
知的で物腰柔らかくて本当に素晴らしい方なんです。
お実家は神社で資料の宝庫のようなお家らしいです。
スレにいらしたばかりの頃は「左近の桜 右近の橘の本当の意味は」とか、かつての橘さんと同じことをよく仰っていました。


あと陰陽五行でかつて私は「木の属性」と言ってましたが、あれは間違いでした。
私は「火の属性」だそうです。
友人に調べてもらいました。


では。
【2013/06/16 02:29】 NAME[ぐり~ん] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

ぐり~んさん
幸徳井さんというお家は存じ上げませんねえ。
すごく興味深いお話ありがとうございました。
火の属性というと、礼節ですね。
素晴らしいです。
火は礼節とともに儀礼にも関わります。
世の中の秩序を保つために不可欠な属性ですね。なんだか分かるような気がします。
【2013/06/16 07:22】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

こんばんは。
どうも今日教会で神社で知り合った方達に会って以来心の調子が良く有りません。
楠さんお願いがあります。私が崇敬していた神社は本当に私にとって良い神社だったのでしょうか?
もう霊視を止められてしまったのはよく存じ上げておりますがご無理を承知で是非一度見て戴きたいのてす。
もう疲れました。
どうか宜しくお願いいたします。

PS.慣れないスマホからの書き込みにより悪戦苦闘しております。よって文章が拙く申し訳ございません。
【2013/06/29 22:12】 NAME[ぐり~ん] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

ぐり~んさん
物事には天運地運というものがあります。
巡り合わせで相性の悪い人もいます。
相性の悪い人とは会わないほうがいいでしょう。
距離を置くのです。
感情的に合わないと思っても、時とともに
自然に距離が離れ、顔を合わさなくなることもあります。
神社に通い、熱心に拝んでいると、自然と
解決していくこともあります。
神は人と繋がっており、神社や教会での人間関係と神との関係は同一ではありません。
今は教会に通って心の平安が得られるなら
教会に通っていればいいと思います。また
時がたって時期がくれば神社に帰っていく時期があるかもしれません。苦しみは永遠に続くものではありません。未来は見えないので、現在が苦しいと将来全部苦しいと思いがちですが、実際に永遠に続く苦しみはないのです。だから、未来にそなえて、今一生懸命自分に出来ることを頑張ることが大切なのです。自分の崇敬する神社でイヤな人とあってしまったり、人との関係で屈辱的だと思うこともあるでしょう。しかし、それが
直接神社との相性と繋がるものではありません。もし、本当に相性が悪いなら自然とご縁が薄くなり、別の神社との関係が深くなることでしょう。神に祈り、天運を待てば光明が見えてくると思います。
【2013/06/30 00:39】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

楠さんありがとうございます。
そうですね、
神社の方々との相性は決して悪くはなかったと思うのですが、良き方に進もうとしていたらなにか妨害が入るという感じになっていたんですよね。
せっかく良い仲間が出来たと生活に張りが出てきただけに残念です。
また、神と私との一対一の関係に戻ります。
アドバイス心に染みました。
重ねて御礼申し上げます。
【2013/06/30 11:59】 NAME[ぐり~ん] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

ぐり~んさん
そうお考えになるのがよいと思います。
人間関係というのは刻一刻と変化するものです。
またとても壊れやすいものでもあります。
信仰はあくまでも神との関係と考え、
合わない人とは距離をおくのがよいと思います。
【2013/06/30 15:48】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター