忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黄金の犬のウンコ


日々の生活の平安と幸福に感謝して、神社にお礼を言うために参拝に行く。
神社へ行く道すがらに水色の着物を着た女性がしゃがみ込んで地面を見ていた。
よーく見ると体が透けている。
やばい、霊だぞ霊。
しかも水色の服を着ている。きっと池内忍と同じ系統の地霊に違いない。
相手にならないのほうがいい。無視だ無視。
目の前を無視して通り過ぎようとすると、案の定声をかけてくる。
「もしもし、お兄さん、あなたに人生のビックチャンスをさしあげましょう。」
ほら来た。
無視、無視。
無視して通り過ぎていくと、その水色の霊体は少し考え事をしてから大声で叫んだ。
「あ!お兄さん、直木賞受賞の運気を落としましたよ!」
私は反射的に後ろを振り返った。
「え!直木賞!どこ!どこ!俺、直木賞取れるの!?」
それを見て水色の霊は「ぷっ」とふきだす。
やっぱりたちの悪い霊だ。
無視、無視。
「あ!こんなところに芥川賞を取れるチャンスが!」
水色の霊が叫ぶと、悲しいかな私はパブロフの犬のごとく
反射的に振り返ってしまった。
水色の霊の指さす方向、アスファルトに地面の上には黄金に輝く犬のウンコが落ちていた。
「この黄金の犬のウンコを食べれば、あなたは地位と名誉と栄光が得られるのよ。」
水色の霊はそう言う。
「いや、どう考えたって嘘だろ、だってそんなもん食う奴いねーよ。」
私がそう言うと、水色の霊はわが意を得たりとばかりに目を輝かせた。
「そうよ!そうなのよ!誰もやらない事、誰も勇気がなくてできないこと、
わかっていてもできない背徳な行為!だからこそ、あえて、
その誰もやらないことをやった者こそ真の勇者たりえるのよ!」
その水色の霊の言葉に、少しだけ体がゆらぎかけた自分が情けない。
でも、黄金といっても所詮犬のウンコだからな。
そこまでして栄光なんてほしくねえや。
「そのブドウは酸っぱいんだ!だから俺はそんなもの食わねえよ!」
私は黄金のウンコを指さしてタンカを切った。
「いや、ブドウじゃなくてウンコだから、黄金のウ・ン・コ」
水色の霊はすかさず突っ込みを入れた。
だめだ、だめだ、こいつのペースに惑わされたらいけない。
「そんなウンコ、食ってあげないんだからね!フン!」
そういって私は目を閉じ、耳を手で塞いて
「見猿!言わ猿!聞か猿!」と唱えながらその場を走り去った。
家に帰って、すごく憂鬱な気持ちになっていると池内慶がやってきて私の顔を覗き込んだ。
「だいじょうぶ~?」
池内慶に道で出会った奴のことを聞いてみた。
「江匿罠(こうとくみん)だよそいつ、よくインテリの大学教授とか偉い文芸評論家の先生に憑依してるよ。」
と池内慶は言った。
なんだ、文芸界の偉い先生に憑依してるのか・・・・。ならあの黄金の犬のウンコを食えば、
俺は地位と名声と栄誉が・・・・、いや、食わない、食わないって、そこまでして地位と名声と栄誉なんて。
「ねえ、何泣いてるの?」池内慶が聞いてきた。
泣いてなんかいないやい!
そのあと、池内慶は言葉をつづけた。
「もしかしてさ、その黄金の犬のウンコ食べたら、偉い文芸評論家の先生は認めてくれるかもしれないけど、
その他数百万人の人たちはドン引きすると思うよ。」
その池内慶の言葉を聞いて、私は自分の目からウロコが落ちて地面に落ちて割れる音を聞いた。
そうだ、そうだよね、みんなドン引きするよね。
「そんな事しなくても、みんなと楽しく暮らしてればいいよね。」
私がそう言うと、池内慶は「そうだよ、今のままの自分でいいんだよ、素の自分のままでいいんだよ。」
と言って頭をなでてくれた。
なんだか少しホッとした。
PR

コメント

無題

こんにちは^^
いくら自分に選択権があると知っててもすごいおためしですね。

やはり、ゆるぎない信念がないと私のような強欲なものには、すごく悩みそうです。

やっぱり一人に一個池内慶が必要ですね^^
【2009/11/15 17:36】 NAME[あおいちゃん] WEBLINK[] EDIT[〼]

食えといわれても・・

ウンコはちょっと・・・^^;;
でも私も強欲なので(笑)
迷ってしまうかもしれません。
こういうアヤシイ地霊(?)も
うようよしてるのですね~。
【2009/11/15 18:52】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

あおいちゃんさんへ

そうですね。
池内慶は必要です。
それで、もし欲にかられて
悪い霊の言うこときいたら
「ばーか!ばーか!」って言われて、
結局なにもしてもらえないような
気がします。
【2009/11/15 20:33】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

そうですねえ、今回はたまたまウンコ
でしたが、宇宙からの電波の意思だとか
言って、もっと変なことさせようとするのも
いますしね。
よほど気をつけないと、欲にかられると
本当に困ったことになりそうで
怖いですね。
「人のやらないことをやるのがカッコイイ」
みたいなちょっと理屈にあってそうで、
じつは全然理屈に合ってない事を
言ったりするのも彼らのレトリックですね。
ひっかからないようにしないといけません。
【2009/11/15 20:35】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

こんばんは
楠乃小玉さんにははっきりとウンコとして見えた「罠」ですが、無霊感の我々にはどういう形で「罠」が張られるのでしょうか。
知らず知らずのうちに踏んでいそうで・・・
【2009/11/16 01:06】 NAME[にゃべ] WEBLINK[] EDIT[〼]

にゃべさんへ

いえいえ、私であっても罠が見えなくなる
時があります。
基本は「欲」です。
欲を媒介として他人の顔色をうかがうと、
たいがい失敗します。
大金持ちになりたい、名誉がほしい、
人からよく見られたい。
そのために、自分は本来この仕事で
手抜きしたくないけど、経費を削減して
上司に褒められたいから粗悪品の安い
材料を使おうとか、名誉がほしいから、
心にもない正義を語って人の
尊敬を得ようとか。
もし、本当に自分の経験上、何か
したいと思って動くならいいですが
人眼を気にして、人に見えるように
わざとらしく良いことをしたり。
そういう不自然なことをつみかさねていくと、しだいに物事の本質が見えなくなって、
目の前にある犬のウンコすら
見えなくなってしまいます。
【2009/11/16 07:05】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

なるほど、庶民的な立場から、より目立つ立場になるような場合は、特に注意しなくてはなりませんね。
「エライ」人や上司、テレビに出てくる人でも、ああはなりたくないって思うことがありますが、それがドン引き状態だったりするかもですね。

ありがとうございます。
【2009/11/16 15:08】 NAME[にゃべ] WEBLINK[] EDIT[〼]

にゃべさんへ

そうですね。
人は上に行けばいくほど
足元が暗くなるものです。
若いころ、無名な頃、良いことを
言っていた人が偉くなると
変わってしまうこともあります。
そういう点は自戒したいと思います。
【2009/11/16 15:30】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター