忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

田中各(でんちゅうかく)


珍しい客人。
イリュージョンを見せるのがいる。
私の部屋の南側の窓。

すりガラスで外は見えないのだが、そこに仙人の住む霊山を映し出す。
剣のように切り立った山の頂上に白髪で長いヒゲをたくわえた老人が座禅を組んでいる。
ただ、沈黙して座禅をくんでいる。
ただひたすら。どんどんその映像がこちらに迫ってくる。
「突っ込んでほしいんだろ。」振り向きざまに私が言うとその仙人は黙っている。
しかたないのでパソコンを立ち上げて、色々書きものをしている。
「お若いの、なぜこんなところまで来なさった。」仙人が口を開く。
「いや、俺の家だよ」私が答える。
また、しばしの沈黙・・・・・・・・。
カタカタと私がパソコンのキーをたたく音だけが静寂の中に響いていく。
「ふぉっふぉっふぉ、どこまでそのやせ我慢が続くかの、若いの。」
仙人がまたちょっかいを出してくる。
「やせ我慢とかしてねーし、とっとと帰れよ。」
そう言ってやると、仙人は少し体を小刻みにふるわせて、
「バ、バーカ!」と精いっぱい震えた声を出して消えていった。
まあ、だいたい、仙人とか大天使とか年食ってそうなものに化けるのは
まだ若い妖精だ。
年取ってる奴ほど省エネで体を知っさくして若づくりして出てくる。
そんなもんだ。
あとで池内慶が名前を教えてくれた。
田中各(でんちゅうかく)まだまだ修行がたりんの、ふぉっふぉっふぉ。

PR

コメント

飽きませんね

次から次へと変なのがいっぱい・・(笑)
これは飽きませんね~!!
仕事やりにくいとは思いますが・・^^;;
【2009/11/06 20:05】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

そうですね。でも、これでもかなり
選別してるほうです。
やっぱり愛嬌がある連中じゃないと
ここの掲載できないですよね。
必死すぎたり、自分を大きく見せようとして、
他人を嘲笑するような事をする奴は
載せられません。
ギリギリの奴とかは、かなり迷っちゃうんですけどねえ。
本当に、まだまだ色々な奴がいますよ。
【2009/11/06 20:57】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター