忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪魔の森からの刺客


私がパソコンの前で仕事してると、池内慶がその横で寝ている。
池内剣は私が夜中まで仕事してるとその横に布団敷いて
大いびきかいて寝るのでムカつくが、
池内慶はお昼寝の時しかこない。
いびきもかかないし。
そして冬で私がドテラを着ていると、その垂れ下った袖の端をつかんで寝る。
なんか、そのほうが安心するらしい。
こいつは、邪魔にはならない。
池内慶が寝ているとその周囲には幻影の芝生が生える。
ふさふさとして風になびき、ちょっと青い草のにおいがする。
これは、ただ単なる幻想ではなさそうだ。
そこに踏み入ってくる者がある。
その者が踏んだ所の草はたちまちに枯れた。
草が枯れると池内慶はカッと目を見開いた。
筋肉隆々の上半身裸の棍棒を持った男性。
頭の毛が緑色で棘が生えている。髪の毛が杉の葉だ。
「天下に名高い戦上手、池内慶殿とお見受けいたす。腕試しにお手合せいただきたい。」
池内慶は真顔で体を起こした。
「最近の人工植林で出来た君は知らないかもしれないけど、現世で戦って死んだら
生きて帰れないんだよ。戦争ゴッコなら修羅界の仮想空間でやりな。」
それを聞いて巨体の男はニタリと笑った。
「戦いの中で死ぬは本望!」
池内慶は嫌悪に眉をひそめた。
「死んじゃえ、悪魔っ子」
そいうが早いかその巨体の男の背中から腹に巨大な矛が突き抜ける。
「もらったあ!」池内剣が矛を突き刺したのだ。
「ぐふっ、後ろからとは卑怯な!しかもこれは一対一の勝負のはず!!」
叫ぶ大男に池内剣は声を吐きかけた。「自分で人んところの平安をかき乱しといて卑怯もクソもあるかあ!」
「忍ちゃん!」池内慶が叫ぶと池内忍が「はいよっ!」と言って水色の札を二つ投げた。
それは池内慶の胸に当たって、池内慶の胸は大きく膨らむ。そしてそこから大量の稲穂が実り、
巨体の男の前にバラバラと稲モミが落ちた。
落ちた稲モミのところに池内忍が「ばーっ」と言って水を吐き出すと、巨体男の周囲は一瞬にして
水田となり男の足の自由をうばった。
「くそっ!うごけん!」うめきながら男は足を動かすが足はずぶずぶと水田にのめりこんでいく。
腹にささった矛も抜けない。
そこに猛スピードで稲が育ち、稲穂が実る。
そして、大量の雀がやってきて、その実を食べつくす。
そうすると、最後に大量のうっそうと生えた藁だけが残った。
「農家の雑用!焼畑農業!!!」池内剣が大声で叫びながら口から火を吐く。
いや、もうちょっとかっこいい名前にしろよ、ファイヤーブラスターとかさ・・・・・。
火は稲藁に引火し、その巨大な男は炎に包まれる。
「熱い!熱い!熱い!助けてくれ!死にたくない!!!」
叫ぶ男。
「備長炭になっちまえ。」冷笑する池内忍。
「ふざけんなよ、裁断して割りばしにすんぞ、コラ」煽る池内剣。
怒ってるわりには楽しそうな二人。
「なんでも言うこと聞くなら助けてやるよ。」池内慶が言った。
「言うこと聞きます!聞きますから助けて!」大男は泣きながら叫んだ。
「まったく、この頃の人工植林は。」「忍ちゃん、おねがい!」
池内慶が短く溜息をつき、池内忍に合図すると池内忍は「ばーっ」と言いながら口から水を吐いて、
火を鎮火させた。
水田の泥沼から引きずりだされた大男は池内慶の前にひざまずいた。
「いかに卑怯なやり方をされたとはいえ、負けは負け、これから永遠にあなたのシモベとして隷属しましょう。」
大男の、「卑怯な」という言葉に池内慶はカチンときた。
「別にそんなことしてほしくないよ。」池内慶は冷静な顔で言った。
「はい立って!立って!」
大男を立たせた池内慶は大男の頭に金髪のカツラをかぶせ、口紅を塗って、ピンクのネグリジェを着せた。
そして、池内忍にソニーの8ミリビデオHI8ハイファイ仕様で撮影させた。
池内慶「はい、いいよーいいよ、キャサリンちゃん、もっと色っぽいポーズとってー!」
大男「きゃ、きゃさりん?」
池内慶「そうよ、今日からあなたはキャサリンちゃんよ、さあ、「私、キャサリンちゃん、
みんな私のプロモーションDVD買ってね、今なら私のサインとキスマーク付きポスターカードの
おまけつきよ!」って言うのよ!」
大男「・・・・・・」
池内慶「さあ、早く!なんでも言うこと聞くんでしょ!」
大男「きゃ・・・きゃ・・・・・・・・・」
「うわああああ!!!!!お前ら全員ウンコだあああああ!!!!!」
大男は金髪のカツラをその場に叩きつけ、泣きながら逃げていった。
「これで、あいつも二度とここには近づかないわね。」
池内忍は冷静に言った。

 


追伸
池内慶に聞くと、杉の植林と自然林はとても仲が悪いそうです。
まっすぐに伸びた杉の植林を自然林の精霊は悪魔の森と呼んでいるそうです。
それは、杉の木が殺菌作用のあるヒノキチオールを発散させ、
杉の落ち葉が落ちた場所の草花は枯れ、虫は死に絶え、森を殺してしまうからだそうです。
木が切り倒されたら日光がそそぎ、小さな草花は喜びます。
だから木を切り倒されることは、必ずしも森の小さな草花の妖精たちは怒らないし、嫌いません。
しかし、森との共存を選ばず、草木を枯らし多様性を認めない人工植林の杉林を森の妖精たちは
嫌うそうです。

PR

コメント

人口林

人口林の杉って、あちこちにありますよねえ。
敬愛する宮脇昭先生によれば
本当の森とは、低木や高木、シダなどの
多層多様な植物で成り立っているそうで
やはり単一植物は、自然界から見たらかなり無理がありますよね。
でもその元凶は人間の無知であって、杉には罪はないような気もしてちょっと気の毒です。

キャサリンちゃん・・(笑)
容赦ないよ、池内系シスターズ!!
やっぱこの3人の攻撃方法って素敵ですね~!
水田に稲穂が実って大量の雀・・
どこか日本神話的で、とても面白いです!!
【2009/11/20 21:24】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

さすが、とっぽさんは自然にも造詣が
深いですね。
今回のエントリーは、実は屋久島に
生態系調査に行ったときの地元民の方への
聞き取り調査のときの実態調査のときに
出てきた問題点が私の心の中に
こびりついている事が心象として残っている
のかなあという思いがあります。
ヒノキチオールの殺菌作用とか、
人工林は定期的に伐採してやらないと、
森全体の保湿力が低下し、養分を含んだ
土が流出する実態などは紀伊や信州での
実態調査のレポートを拝見して実感した
ことです。

攻撃方法の情緒を理解していただいて、
とてもうれしいです。
新しいものを描くということは、
理解されるだろうかという恐怖と
常に表裏一体です。
本当に日本的情緒を感じてくださって
とてもうれしいです。
こういうことは、感覚的なことですよね。
理解者がいらっしゃることで、本当に
勇気づけられます。
【2009/11/20 22:34】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

森といえば杉林が思いうかぶ自分ですが、杉林の森は鬱蒼として暗くジメジメしてますよね…
ドイツも人工植林で杉林の森~いわゆる黒い森、ばかりだそうで、もともと明るい広葉樹の森だったのを産業かなんかで伐採しつくしたため変わりに育ちやすい杉を植えたのだそうです
ドイツの人は環境についてとても努力されているようですが すでに一度失っているからなのですね
【2009/11/21 00:47】 NAME[南の木] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

やっぱり木にも精霊がいるんですね。
人間の手によって作られたものではなく、元からの自然なサイクルが一番なんでしょうか。

あと最近、100均でミニミニ竹を勝ってきたのですがそういうのにも精霊がいるか気になります。
【2009/11/21 02:00】 NAME[いざよい] WEBLINK[] EDIT[〼]

南の木さんへ

シュバルツバルトですね。
殺菌作用のある木というのは土中の
虫や微生物を殺すので、土に保湿力が
なくなるんですよね。
だから、定期的に伐採してやらないと
森が死んでしまうんですが、
伐採に反対する自然保護団体の
圧力などにより、森の機能が
破壊され自然破壊された地域もあり、
深刻な問題だと思います。
日本でも、欧米の白人のリベラリストたちが
マスコミを使ってやった割り箸の使用禁止
キャンペーンによって多くの森林業者が
杉林の間伐をやめてしまい、
森の破壊につながったケースが顕著ですね。
自然保護団体は、自然破壊や土砂崩れが
大量に起こったら、あとはフォローもなく
自国に帰って知らんぷりですからね。
彼らは、自然破壊につながる割り箸の
使用を止めて紙ナプキンの使用を
訴えましたが、木を砕いて精製して
つくる紙ナプキンは割り箸の何十倍もの
木材と精製にかかる熱エネルギーを
費やします。
【2009/11/21 10:57】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

いざよいさんへ

だいたい地霊というのは地域に
生息しているものですので、
その地域から何百キロも離れた
ところにもっていかれたら、
精霊も抜けてしまっているかも
しれませんね。
そこの土地でまた大事にされていたら、
新しい精霊が入ってくるかもしれない
ですが。
【2009/11/21 10:59】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター