忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピコピコハンマーのお松

最近の堤防建設技術の向上は、防風林の存在意義を低下させたのかもしれない。
かつて、一面の松林であった地域に、気がつけば巨大なマンション群が建設されていた。
海沿いの美しい景色の商品価値は高い。
しかし、昔ながらの松林の風景を奪われた昔からの住民の悲しみは深く、
地域住民の要望によって今度は砂浜が埋め立てられ、その上に松林の人工林が
建設された。
昔から魚の産卵場所であった遠浅の海はコンクリートで固められ、その上に埋設された
土の上にか細い松が植林された。
池内慶によると、ここに松の精霊が住み着いているらしい。
新しく作られた人工林なのに珍しいことだ。
元々この精霊は戦国時代以前は地元の神社の敷地にあった松の巨木であったらしいが、
高山右近の神社焼き討ちによって神社もろとも灰になったという。その後しばらく
地をさまよっていたところ、徳川幕府が巨大な防風林の盛土を作りそこに大量の松を
植えたのでそこの主になった。
しかし、再度の松の伐採と新しい木の植林である。
かなり性格がすれてしまったらしい。
特に、地元の氏神様は戦国時代しごく荒廃したのち、徳川幕府によって再建され、
紆余曲折を経て、現在は楠の巨木が植わっている。
そのことが不満なのか、そこの神社ゆかりの方を見つけると、ピコピコハンマーで叩きにくる。
叩かれても、実際は少し顔などを松の小枝にひっかけてかすり傷を負う程度だが、
神社を守るお使いたちにとっては、神社に奉職する神官を傷つけられては、
面目が立たない。
必死に守ってはいるが、これまでのところ、10勝、2敗で2回叩かれている。
松の精霊は自分のことを松高子(まつたかこ)と自称しているが、だれもその名前では
呼んでいない。
通称、ピコピコハンマーのお松。
池内系たちは「たちが悪いから近づくな」と言っている。
私も、そっちの方向に行く用事はなかったのだが、
どうしても朝早く出かけなくてはいけなくなり、ちょっとした食糧を買やビニール袋などを調達
しなければならない用事ができた。その埋立地の松林の向こうには24時間スーパーがある。
やむおえず、そこに行くことにした。
朝もやの中にけむる松林。
海の潮風が香る、すがすがしい感じがする。べつに邪気は感じない。
なんだ、たいしたことないじゃないか。と、気がゆるんだ。
そのとき、松林の向こうに人影が。
茶髪にセミロングのカールのパーマをかけた髪、爪には真赤なマニキュア。
瞬きすると風が起こりそうなつけまつげ、高級ブランドのバック。
ヒョウ柄のドレス。なんで、こんな時間にこんなケバい人がいるんだ。
近づいてみると、そのドレスはヒョウ柄ではなく、松の皮柄のドレスだった。
しかも耳には魚の骨でできたイヤリングをしている。
悪い予感しかしない。
そのケバい女は私を見つけると風にのって音もなく猛スピードで迫ってきた。
歩いてない。飛んでる。
右手を拳にして振り上げると、そこに緑色のピコピコハンマーが現れる。
それで、私の頭を殴ろうとした。そこに池内慶が現れ、剣を引き抜いてハンマーを受け止める。
その後ろから池内剣が現れ、火を吐こうとした。と、その瞬間、
そのケバい女は池内剣に向かって左手を広げた。「ちょっと待って!ここは花火禁止なんですけど!」
そう言ってケバい女が指をさす。その向こうには「この公園では花火禁止です。」という看板があった。
「そんなもん、関係あるか!」と池内剣は怒鳴るが、そのケバい女は「あら!」と言って目を見張った。
「あーら、言っちゃったわね、私、ここの霊界町内会の理事をさせていただいております、
松高子と申します。あなた、花藤子さんところの娘ねえ。こないだの連合霊界町内会でも
この問題は議題にあがったのに、どういう教育してりゃっしゃるのかしら。」
池内剣は「花藤子」という言葉を聞いて動きが止まった。
戦闘力以上の戦闘力を持つという魔界の精霊、ピコピコハンマーのお松は、
霊界町内会のお偉いさんだったのだ!
お松は高級ブランドバックから霊界携帯電話をとりだし、やにわに電話をかける。
しばらくして相手が出る。「あーら、花藤子さん、お久しぶり、ちょっとー、あなたんとこの
池内なんとかって娘がさあ、こんな朝っぱらから公園で火遊びしてさあ、火事になったら
どう責任を取られるおつもりかしら。この前の霊界総会のときにあなたんとこも、同意の
上で押捺しましたよね。」
池内剣は冷や汗を流して直立不動になる。
「ちょっと、しっかりしてよ!」池内慶が池内剣に駆け寄って、池内剣をゆすった。
そのスキをお松は見逃さなかった。
「チャンス!」そう言って私に向かって、ピコピコハンマーを振り上げる。
「あ!」池内慶が叫び声をあげる。
お松と私の目があった。
その瞬間、お松の動きが止まった。
お松の目からは涙が流れ、付けまつげがボロッと落ちた。
お松の後ろに濛々とイリュージョンがうかぶ。
そこには、私がまだ5歳くらいだった頃の風景が映し出された。
親戚のおばさんに連れられて、近所の水族館に遊びに行った帰り、私は松の暴風林を指さした。
「ねえ、松ぼっくり拾いに行こう!」私がそう言うと叔母は苦笑した。
「あんた、松ぼっくりが本当に好きねえ。水族館と松ぼっくりとどっちが好き?」
私は迷わず答えた。「松ぼっくり!」そしてたくさん拾って、家にもって帰って、
自分の宝物箱に入れて時々眺めた。
あのころの、防風林の風景。
お松の目からとめどもなく涙が流れた。
お松のパーマのかかった髪がバサッと音をたてて垂れ下がり、ロングのストレートになった。
髪の毛の色は鮮やかな緑色に、目の色も透きとおるグリーンになった。
お松は「・・・・・・あの頃の風景を・・・・返せ。」と小さくつぶやいた。
いつのまにか、その服は濃い緑と淡い緑、そして白で彩られた巫女の服になっていた。
お松、、いや高子は私に向かって微小を浮かべた。
とても清楚で美しい笑顔だった。
その途端、高子は数本の縦の光の束となってそこから四散して消え去った。





























「あ・・・・・あの性悪のお松が浄化しやがった。」池内剣が唖然としながらつぶやいた。
「す・・・・すごいもの見ちゃったね。」池内慶も呆然としている。



みんな、その場で一瞬、時がとまった。




ただ、あとからやってきた池内忍は冷静に落ちていた。
霊界携帯電話を拾い上げて話をする。
「あ、もしもそ、花藤子様でございますが、だだいまわたくし、精霊を一人浄化しました。
つきましては、善徳控除申請いたしますので、今からそちらの書類をいただきにまいりますわ。
あ、いえいえ、藤子様に来ていただかなくても、今から私が参ります。」
そして、私と池内慶、池内剣が感動で立ち尽くしている横を
「あー忙しい、お仕事、お仕事」と言いながらすりぬけていった。


PR

コメント

無題

お疲れ様です。
なんだかいいお話ですね。

それと、忍ちゃんのちゃっかりしたとこが冷静だが面白かったです。

今日のお話は昔、田舎にいたころホタルがいた近くの川を思い出しました。もっとも中学生になるころにはいませんでしたけどね^^

人の生活は便利になる分、自然も破壊されてることが多いんですね。50年後、100年後どうなるんでしょうか?
【2009/11/27 09:26】 NAME[あおいちゃん] WEBLINK[] EDIT[〼]

あおいちゃんさんへ

そうですねえ、
私の家の近くの河でも昔は
川エビがとれたんですが、
今ではすっかりコンクリートで固められ、
それらの生き物は見なくなりました。
ザリガニもドジョウも見なくなりました。
子供の頃はちくわやスルメで
ザリガニ釣りとかしたんですけどね。
今は、本当に人工的に作った場所で
御金を払わないとそういうものに
御目にかかれなくなってしまいましたねえ。
【2009/11/27 14:05】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

松高子さん

某女優さんとは関係ないのですよね(笑)

楠乃さんの心の風景を見て浄化されたのですね。
以前に智伯さんが
その土地を大切にしていく心があれば
大丈夫とおっしゃってましたが
自然を大切に想う人の心も
とても重要なのかもしれませんね~。

出来れば、少しずつでも昔の自然豊かな
日本に戻せたらなあと切に願います。

連合霊界町内会ってのがリアルで笑えました。
ちゃっかり者な忍ちゃんも(^^)
そういえば、スピ本とかで「宇宙連合」とかあったのを思い出しました。
みんなそれぞれ連合してるのかな(笑)
【2009/11/27 15:44】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

某女優さんはまったく無関係です(笑

そうですね。
メンタルな意味でも、自然への敬愛の
心はを忘れてはいけないと思います。

だいたい、
宇宙連合とか言ってても、
実態は非常に狭い地域の町内会
だったりしますからね。
実態は連合町内会
みたいなものだと思いますよ(笑)
【2009/11/27 17:19】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター