忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世間体

 

私の服の袖を掴んで安心した顔で寝ていた池内慶がパッチリと目を開く。
「誰か来る。」
池内慶がつぶやくと池内剣た手を天にかざしす。するとその掌から光があふれ、そこから
巨大な矛がでてくる。
池内忍は両手を横に広げ、指を開くとその指の間に8枚の水色の護符があられれる。
そして戦闘態勢に入った。
すると部屋の南のほうの空間が割れ、そこから3人の女性闘士が現れた。
セミロングの金髪のストレートヘアーにギリシャ風の兜。兜の両方の横には羽型の飾り模様がついている。
表面は銀に裏は赤のマントをつけて胸板に銀の鎧、下は膝より少し上くらいの長けのスカートをはいている。
目は水色でキツメのメイク。片手に槍をもっている。
まつ毛は長い。どうも付けまつげっぽい。私の所に現れるタルパの類には珍しくメイクをしている。
唇には真っ赤なルージュ。
もう一人は、これまたギリシャ風の白いマントに白い服。インナーに緑色のピッチリ体に密着した
Tシャツのようなものを着ており、かなりの巨乳だ。
革のベルトに金色のバックル。
緑の髪の毛に青い目。手には長めの剣と楯をもっている。
この人もスカートの丈がすこし短い。
もう一人は円筒形の白い帽子をかぶり、爪入りの首回りが少し高いきっちりした白い男子学生服のような
感じの上服を着ている。手には金属の先が三俣に分かれている杖をもっており、その三又の上に
真っ赤な宝石の玉がはめこんである。
この人も短めのスカートをはいている。
修羅の世界は戦闘が多く、かすり傷が多いので多くの修羅は肌を露出しない。こういう短いスカートをはく連中は
珍しい。
池内慶、池内忍、池内剣はいずれも極力肌の露出が少ない服装をしており、池内剣などは鎧の下、特に手足には
厚手の革服を着込んで防慮している。

どうも緊張感がない連中だ。
連中は戦闘意欲もないようでぞろぞろ私の所まきて、池内慶たちを「あー、どいたどいた」と言って手ではらって
私の横にどっかと胡坐をかいて座った。
「何だこいつら?」私が尋ねると池内慶は答えた「慶たん知ってるよ、塗壁大将と嘘乳大将と、鯖読大将だよ。」
と言った。「違うわ!」厚化粧の女戦士が怒って否定した。
「私の名は義の精霊池外京。」次に巨乳の勇者が自己紹介をした。「私は情の精霊池外任」
続いて赤い宝石のついた杖をもった魔法使い風の女が自己紹介「私は信の精霊、池外賢、信の属性故に
決して嘘はつかない今年16歳の永遠の美少女だ。」そう言うと池内慶が話を続ける。
「うん、嘘はついてないよね、正確には2016歳だけど。」
「うっさいわ!」池外賢が怒鳴る。
どうも危害を加える輩ではなさそうだ。
「こいつら3人合わせて外ズラ3姉妹って言うんだよ。」池内慶が私に耳打ちした。
なんか悪い予感がする。
「あなたは、今、大変なことをやらかしてしまいましたね。」池外京が私に向き直って言った。
「え?」意味が分からなかった。
「今、あなたがノートパソコンから、他人様のブログに書いた一文です!」
池外京がまだ開きっぱなしになっているパソコンのブラウザを指さした。
私は、基本的にブログのコメントなどで人を傷つけるような事は書かないように気をつけている。
しかも、もし、それが作家さんともなれば、心無い事を書くことによって、
相手が傷ついてしまい、漫画が描けなくなって出版社や編集者の方に迷惑をかけてはいけないので、
極力、相手を褒めること、社交辞令しか書かない。
特に、今回は私の知り合いの漫画家さんがお世話になっている方へ
社交辞令的に「素晴らしいですね!素敵な絵ですね!気に入りました」
と褒めただけなので、何の問題も無いはずだ。
「うむ、それは悪くない。」情の精霊池外任が言った。
「しかーし!そのブログを最後まで読んだかな。」池外賢がそう言うのであわてて、
ブログの内容を確かめると、その漫画家さんは、ある出版社の漫画誌とその編集システムを
ボロクソに叩いていたのである。
しかも、その編集にかかわっている漫画家さんの一人は、私の恩人の漫画同人誌関係者と親しい作家さんで、
以前コミックマーケットでご挨拶をさせていただいた事もある方だったのだ!
私は、私の恩人に連れられて行っただけなので、私の名前や素性を相手方は知らない。
しかし、私の恩人は私のペンネームを知っている。恩人には、恩人の友人を叩いている漫画家を
私がべた褒めしている現実が知られる可能性がある。外交辞令とか言っても、外から見た他人には
分からないしな。
そのブログで漫画誌の編集方針を叩いている作家さんをコメント欄から注意すれば、
私は私の友人の作家さんがお世話になっている出版社の顔に泥を塗ることになる。
しかし、あのコメント欄が放置されたままだと、私の恩人の顔に泥を塗ることになる。
しかも、ええ、コメント欄は自分で削除する機能など付いておりませんとも。
まさにピーんち!
逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!
と言いつつも私は悩んだ末、熱を出して寝込んでしまった。
「しくしく」
「まったく、無責任にもほどがあるわね、こんな軽率なことをして、どれだけの人が傷付くとおもってんの?」
寝込んでいる私を池外任が厳しく詰問する。
それを見た池内慶が怒って池外任に駆け寄った。「なによ!そんなに責めなくてもいいでしょ!偽乳のくせに!」
そう言って思いっきり池外任の嘘乳を下に向かって押した。押された巨乳は腹の所まで落ちて二こぶラクダのようになった。
「何すんのよ!あんた!」池内慶と池外任はつかみ合いのケンカを始める。
それを横眼に池内剣が冷静に池外京と交渉を始める。
「そんなこと言って、こいつを責めさいなんでも何も解決しないだろう。今日の所は帰ってもらえないだろうか。」
池内剣がそう言うも、池内京は「それはできない相談ね、正義のためにコイツを徹底的に糾弾するうのが、
こいつの良心の化身である私たちの使命だから。」と返した。
「・・・・良心じゃなくて、ただの外聞、世間体だろ。」ぼそっと池内剣がつぶやく。
「なに!」池外京は怒って池内剣に向かって槍をかまえた。
池内剣は池内忍の方の視線をむけて「発射!」と大きく叫んだ。
それとともに、池内忍は水鉄砲のように激しい水流を池外京の顔にはきかけた。
「うああああああ!化粧があああ!化粧がああああ!!!」
池外京は叫びながら顔をおさえ、その場に崩れ落ちた。
そして、立ち上がると「うわああああああ!!!!」と叫びながら走り去ってしまった。
それを見て「あ、ちょっと待って!」と言いながら池外賢も逃げ出した。
一人残されたことに気付いた池外任も池内慶を突き飛ばし、「覚えてなさいよ!」と叫びながら
走り去っていった。残されたのは巨大乳パットが2つ。
池内慶はそれをお尻にくっつけて「マントヒヒのおケツ!」とさけんだ。
・・・・・・・・まあ、それはいいとして、
言葉は怖い。言葉は凶器だ。これからは良く相手の言動をチェックしてから相手を褒めよう。

 

PR

コメント

偽乳!

すみません、笑っちゃいました。
言葉遊びが楽しいですね(^^)

ブログのコメント、わかります。
後でしまった!!と思っても
自分で消せないのがつらいですよね。
パスワードとかあるけど
普段そんなめんどうなことしないですものね^^;;
【2009/12/01 14:59】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

池外系は外ズラであり、建前であるので、
滅多に心の内面には入ってくることは
ないですね。
反対に、池内慶はめったに日常生活の
外面に出てくることはありません。
池外系はとにかく外見を気にするので、
非常に虚飾をこのみますね。

コメントに関しては、そのエントリーだけ
読んでコメントして、あとで
他のコメント読んで「うお!しまった!」と
思うことや、そのあとに、その人が
書いたエントリー読んで、しまった!
って思うことはありますよね。
それで、パスワードついてたらいいけど、
パスワードないところも多いですもんね。
【2009/12/01 18:30】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター