忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正義は負ける!


松岡覇が「智伯様はほんとうに素晴らしい!」とあちこちに吹聴したので、
智伯のところに松岡狼と松岡炎がやってきて教えを乞うた。
智伯は「教えが欲しければ、心を改め、隣人と仲良くし、礼節をつくしなさい、さすれば
進むべき道を教えましょう。」と言った。
松岡狼と松岡炎は智伯の前に平伏し、心を入れ替えると誓いを立てた。
すると、智伯は教えを説くまえに問うた。
「そも、何故にお前たちは松岡良に仕えるか。」
すると松岡炎が答えた。
「それは松岡良が最高の義であるからにほかなりません、正義は必ず勝つ!
そして、松岡良の武力は天下随一、戦えば必ず勝つ!正義は必ず勝つものならば、
すなあち、勝った者こそ正義でしょう!」
それを無表情で聞いていた智伯が再度問うた。
「だから、己らが屈した堕天の闇土に従ったのだな?」
すると松岡炎と松岡狼が無言で頷く。
智伯は視線を少し下に落とした。
「ならば教えよう、正義は負ける!」
その言葉に松岡炎は「なんと!」と声を漏らし松岡狼は目を見張った。
「この世は絶対的な正義が勝つならば、何故に日の大神の天照大神が最高神であらせられるか。」
松岡炎と松岡狼は顔を見合わせた。
松岡炎が答える。
「それは我らとて常々疑問のこと。本来は義の大神であらせられる素戔嗚尊こそ最高神たるべき存在。
素戔嗚尊の武力の前に天照大神はなすすべもなく天岩戸に隠れたにも関わらず、神々はそれを嘆き
悲しみ、ついに素戔嗚尊は追放されてしまいました。これがわかりません、最高の叡智を持ちたる
神々が、なぜ力こそ正義であり、正義こそ勝利であるという事実を理解されぬのか不思議でなりませぬ。」
それを聞いて智伯は口元に微笑を浮かべた。しかし目は笑っていない。
智伯は言った「そのような理屈、認めるわけにはいかぬな、神々の行いを批評するなど傲慢不遜、
無礼であろう!」
そう言われて松岡炎はカーッと顔を赤らめ下を向いた。しかし、その表情には明らかに不条理な感情論に
対する不満の色が出ていた。
これには松岡狼が反論した。
「これは智恵の護法のお言葉とも思われぬご発言、そのような言説、所詮は感情論ではありませぬか!」
それを聞いて智伯はゆっくりと二回、うなずいた。
「いかにも感情論、そしてこの世は感情論なのだ。」
その言葉に松岡狼は合点がいかない様子。
「いかに正しい事を言っていようと、その態度が傲慢不遜であれば、人々は内心不満を募らせる。
そして、その人が力をなくせば、周囲の人々はすべからすその者を見捨てる。また最初から
力なくば、いくら正論を言っていても、人々から嘲笑され、相手にもされぬ。」
それを聞いて松岡狼はハッと目を見張った。
智伯は言葉を続ける。
「いつも行いをただし、礼節をわきまえ、己よりも力の弱い者、
拙い者に対しても誠実に対応しておれば、一言も正義を語らずとも、一言も正義に従えと
言わずとも、拳を振り上げて悪を打つと叫ばなくても、人は自然とついてくるものです。」
智伯と視線が合う松岡狼。
松岡狼は視線を下に落とした。
「正義の道を説くとは、すなあち、背中で語ること。己が自ら模範を見せ、人々を助け、
人々をに感謝されてこそ、人々は従います。たとえ天下一の武人であっても、
百人の凡人相手に戦えばいずれ力尽きて負けます。どのような美しい大女優でも、
舞台の上で観衆を見下げ果てた毒を吐けば、その演技が天下無双の技量であっても、
観客たちは背を向けて帰っていきます。正しいことを言えば人が付いてくる、
自分は正しいから、何を言っても良い、そのようなおごり高ぶった心こそ敗北への道。
つまり、礼節を弁えぬ正義は人々の支持を得られず打ち捨てられ、滅びる運命にあるのです。」
そこまで智伯が言うと松岡狼も松岡炎も完全に平伏していた。
「それでは、これからはみんなと仲良く、礼儀正しく暮らすのですよ。」
智伯がそう言うと松岡狼、松岡炎とも「ははーっ!」と声をあげてかしこまった。
その時、智伯の顔から初めて満面の笑みがこぼれた。

 

PR

コメント

とても納得いたしました

ここ最近、ずっとこのことを考えていました。
今日のエントリーを読んで
とてもすっきり、納得しました。
智伯様の教えはやはり尊いですね(*^_^*)
ありがとうございます。
【2009/12/04 17:04】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

そうですねえ。
この問題は、とても考えさせられる
問題です。
そして、ある意味、とても怖い問題ですね。
人は絶対にかなわない相手に対しても、
屈辱感が鬱積すれば爆発して捨て身の
攻撃を加えてくることもあります。
例というのは、本当に考えさせられる
問題です。
五行において仁義礼智信があり、
義は礼に負けるんですね。
なんで義のような強い力が
お辞儀や挨拶みたいな礼の弱い力に
負けるのか不思議に思ってたんですが、
これは、本当に奥が深い問題です。
【2009/12/04 17:17】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター