忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毒について



毒について思いついたので、忘れる前に書いておかないと。
メモメモ。


木系の池内慶も金系の松岡覇も両方毒をもっています。
でも、それは種類が違います。
池内慶の毒は主にウイルスが発する有機毒で、松岡覇の毒は薬品系の独で
無機毒です。
土の属性の吸血鬼、崇氏などが金系の無機毒を体内に注入されても、土は浄化作用が
ありますから、いずれは浄化しますので金毒は怖がりません。
しかし、木系の毒はウイルス毒ですから吸血鬼の血液を媒介としてどんどんウイルスが
繁殖していきます。よって体内解毒作用が追い付かないばかりか、どんどん吸血鬼の
体内の血を消費していきますので、吸血鬼は毒による血液の腐敗と貧血に苦しみながら、
のたうって死ぬことになります。よって、心の底から木系の毒を恐れます。
これに対して金系の松岡覇は、体が無機物でできていますから、ウイルスが養分として
繁殖する栄養がありません。むしろ無機毒が体内にありますからそれに消毒されて
ウイルスが死んでしまいますので、木系の毒はまったく怖がりません。
これに対して、池内慶のような木系は、火から攻撃を受けた場合、燃えて灰になってしまいますが、
完全に灰になって燃え尽きてしまう前に胞子やウイルスを発散して、逃げ延びます。
そして、土の属性の者や自分自身の灰に寄生して、そこから成長して元の姿に戻りますから、
時間はかかりますが、完全に殺すことはできません。
しかし、金気の毒にやられると細胞自体が死んでしまいので、蘇生できなくなるのです。
また、松岡覇の持っているような巨大ハンマーですりつぶされて細かい細胞まで磨滅されて
しまうと、蘇生することができませんので、この点も恐れます。
この点で、木性は金性に非常に弱いです。
その代わり、金性は火性を非常に恐れます。これは、火によって完全に体が溶けなくても、
自分の体が変形するのを極度に恐れるからです。金性は顔が非常に美しく、
どのような刃物もそれを傷つけることはできないのですが、高熱によっては溶けます。
溶けてしまった顔は元に戻すことができず、絶望した金性は自ら自分の首を引き抜いて、
自分で死んでしまうこともあります。それほど顔の美しさにこだわっているので、いくら勇気があり
怖いものしらずの金性であっても火を恐れるのです。
それは、臆病や死を恐れているのではなく、己の美しい顔が醜く溶けることへの恐怖感なのです。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター