忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買わされてしまった……

とうとうクリスマス用のお菓子の入った長靴をかわされてしまった。
1個398円なり
慶ちゃんは最初、金属の鈴がついてないやつにしようかといってたのですが、
みんなと同じのがいいというので、慶ちゃんも金属の鈴がついたのにしました。
最初は、迷いなく忍ちゃんが青を選びます。
次は慶ちゃんと剣ちゃんが赤の取り合いになりそうになりましたが、
慶ちゃんが「赤はサンタさんの色だから慶タンのだよ!剣ちゃんはピンクにするんでしょ。」
と言って赤を手に取りました。
剣ちゃんはしばらく「う~ん」と悩んでいましたが、ふと緑色の長靴が目に付きました。
「あ、緑きれい」剣ちゃんはふとつぶやきます。
「じゃあ緑にすればいいじゃん」
慶ちゃんが言います。
「え、でも緑って草の色だよ、慶ちゃんの色じゃん」
「そんなの関係ないよ!キレイだと思ったもの、好きなものをとればいいんだよ!」
慶ちゃんが言います。
剣ちゃんはしばらく悩んだあと、ピンクではなく緑の長靴を選びました。
「緑とか私に似合うかなあ……」
剣ちゃんはちょっと人目を気にしている感じでした。
人目といっても私にしか見えませんが。
「カッコいいよ!大人の雰囲気だよ!」
「まあ、シックな感じでいいんじゃないかしら」
慶ちゃんも忍ちゃんも褒めます。
「えへへ」
剣ちゃんは照れてはにかみました。
長靴を買ったら、いつものチーズ売り場へ。
何時もどおりクリームチーズを買おうとすると、忍ちゃんが制止しました。
「お待ちなさい!あれをご覧!」
忍ちゃんが指さす方向に雪印カマンベールチーズがあります。
「何だよ、ただのカマンベールじゃん」
「値段をごらんなさい!」
忍ちゃんは目を見開いて啖呵を切る。
「ああ、割引価格で258円だね」
「ふっ」
私の言葉を鼻で笑う忍ちゃん。
「あなたの目は節穴かしら。あなたには見えていないようね、
普通のカマンベールと6ピース切り分けカマンベールが同じ値段だという真実が!」
何が真実だかよくわからないが、そういえば、丸ごとカマンベールと、
小分けに切ってそれぞれブルーのアルミ紙でくるんでいるカマンベールが同じ値段だ。
たしかに、アルミ紙で小分けに包んでいるほうがいつもは少し値段が高い。
中身の容量は同じなので、買うときはいつも丸ごとで、安い方を買うんだけど。
「今日は最初から切れてるカマンベールがお安いは、これは買うべき好機よ!」
「べつにどっちでもおなじじゃん」
「何言ってるの、切れてないほうは、包丁で切ったときに、包丁いnカマンベールがくっついて、
ちょっと損するじゃない!」
セ、セコイ。
「はいはい、わかりました」
私は6分割パッケージのカマンベールに手を伸ばす。
「ちょっと待って!今日はチーズホンデューの日だよ、みんなでホンデューを食べるよ!
550だから、みんなで食べたらそのほうがお得だよ!」
「は?何言ってるの、ホンデューは全然割引してないじゃない。カマンベール6ピースパックが
安いのは今日だけかもしれないのよ!私たちには時間がないの!」
「そんなの知らん」
忍ちゃんの精密な理論を一言で否定する慶ちゃん
「慶ちゃん……恐ろしい娘」
唖然とする忍ちゃん。
「それでも今日は絶対カマンベールなの!これだけは譲らないわよ!」
「じゃあ、慶タンもホンヂューを絶対ゆずらないよ!」
意地を張りあう二柱。
私は困り果てていたが、550円のチーズホンデューの横に110円の小型チーズホンデューが売っていた。
「慶ちゃん、これ買ってあげるから、一人で食べなよ。」
「うん、わかったそうする」
慶ちゃんは納得した。
「じゃあ、ホンデューに付けるフランスパンも買ってね」
慶ちゃんが言った。それを聞いて剣ちゃんが眉をひそめる。
「あー慶ちゃんだけ二つも買ってもらってずるーい!」
「何言ってんだよ!お鍋だって取っ手とお鍋で一体でしょ、ホンヂューだって、パンとチーズで一体なんだよ!」
剣ちゃんに反論する慶ちゃん。
「そんなことないよ、ティファールのお鍋は取っ手が採れるよ!」
それにまた再反論する剣ちゃん。
そこで忍ちゃんが急に歌いだした。
「取っ手がとれる~ティファール」
それに合わせて剣ちゃん慶ちゃんも歌う。
「取っ手がとれる~ティファール」
最期は三柱で
「取っ手がとれる~ティファール」
すっかりみんな仲直り。
最初、近所のお店屋さんでフランスパンを買おうとするが、一個二五〇円もするので、
駅前のパン専門店にプチフランスパンを買いに行くことにした。
行くと、プチフランスパン以外にも色々なミニパンが四〇円くらいの値段で売っている。
「みんなの分買ったら、平等になるよ!」
慶ちゃんがそう提案するので、剣ちゃんと忍ちゃんにもパンを買ってあげることにした。
慶ちゃんにはプチフランスパン、剣ちゃんにはクロワッサン、忍ちゃんにはコーンパン。
忍ちゃんのだけちょっとだけ高いです。
あとついでに自分もカツサンドを買った。
合計三三〇円
結局、二五〇円より高くなってしまった。
家に帰って部屋に三柱のための長靴を並べる。
喜んで鈴を触っている。
風もないのに、鈴がゆらゆら揺れていました。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター