忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キリスト教の天使が来た

実は、前々から悪魔的なものが来てて色々悩んでることがありました。
でもそういう事を書くと、ここを見ている人にも被害が及んだらいけないので黙っていました。
しかし、今日解決しました。
悪魔的な連中が、自分たちはキリスト教徒に皆殺しにされた民の守り神であって、
悪いのはキリスト教徒だと言ってきたのです。
聖書のレビ記にその記載があると言ってました。
それで、誘惑されるとかじゃなくて、可哀そうだなあという同情の気持ちが出て、
悪魔を悪いものと思いきれないところがありました。しかし、
今日、決断してそれでも悪い事をする霊に近寄ったらダメだ。縁を切ろうと思ったのです。
すると、瞬間、目の前に天使みたいなのが現れて、ほんの一瞬、1秒くらいの間にパノラマのように
ものすごいスピードで古代中東の歴史を紐解いてみせました。
その悪魔崇拝というのは、自分の願望をかなえるために、自分の子供を火に投げ入れたり、
セックス教団だったりして、性病が蔓延したりして、滅びるにはちゃんと滅びる理由がある
ということでした。
天使みたいなのは何も話しませんでしたが、なんか精神的にスッキリした。

あとで、慶ちゃんたちが来て、キリスト教は敵ではないと説明しました。
キリスト教の解釈では、神様には天なる神、子なる神、精霊が存在し、
慶ちゃんたちは精霊に分類される存在なので、キリスト教徒であっても
救うべき存在だと言ってました。
なんか、ちょっと安心した。

PR

コメント

無題

滅びるには滅びる理由がある・・・
必ず報いは受けるということですね。

神様とか天使とか、そういった上級霊というのは、人間が自分で決心しないかぎり、何も手を貸そうとはしないのですよね。
勉強になります(^^)
【2011/12/24 21:12】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

そうですねえ。決断しないと出てこないですね。
でも、何もしゃべりませんでしたけど。
「お前は選ばれしものだ!」とか
全然言わないですね(笑)
ほんとうにパッと出てすぐ消えたので
実際天使だったかどうかわからないけど、
まあ、私を正しい方向に導こうとしたんじゃないですかね。
キリスト教の天使とかほんと高尚なんだけどなあ。
キリストの言ってることって、まさに
私の言ってることと似てるんだけどなあ。
日本のキリスト教の教会って
神道の神社を潰すための裁判起こしたり、
建物を建てるときにお祓いするのは
憲法違反だという裁判起こしたり、
すごい怖いですもんね。
なんで、こうなっちゃったんだろうと
思ったりします。
【2011/12/24 21:55】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター