忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大晦日


松岡良の前に智伯が立った。
「そなたに話・・・」と智伯が言い終わらぬ間に
松岡良は瞬時に巨大な両刃の斧を智伯の上に振り落とした。
気がつけば、智伯は振り下ろした斧の切っ先に立っている。
「このままではでは松岡覇が地獄行になる、それでもよいのか?」
智伯は冷静な顔で松岡良を見下ろしながら言った。
松岡良は無言のまま智伯を見上げた。

その頃池内系たちは・・・・・・。
氏神様に併設されている保育園で園児のみんなとカスタネットを叩いていた。
もちろん、人間にはその姿は見えない。
「うんたん!うんたん!」池内慶は喜んでたたいている。
「あーうぜー、はやくゲームしてー。」池内剣は飽き初めている。
「あら、これはクリスチャンディオールかしら」退屈した池内忍は
カスタネットをほっぽらかして、保母さんのバックの中の化粧品をチェックしている。
その池内忍の頭の上から声がする。
「あらあら、善徳積みをさぼって保母さんのバック調べですか。」
見上げると藤子さんがいた。
藤子さんの姿を見ると慌てて池内剣と池内忍は土下座した。
「ははーっ!」
それを後ろで池内慶はうれしそうな顔で見ている。「おしおきだべ~♪」
「いえ、これはたまたまでして、ついさっきまで子供たちを見守って善徳を積んでおりました。」
池内忍がそう言うと、藤子さんは「そんなこと言ってると、また舌抜かれちゃうぞ。」と言いながら
ほほ笑んだ。
「ははーっ!」と池内忍は平伏する。
藤子さんは緑色のボードとそこに挟まれた書類を左手にもっている。
それを見ながら考えるようなそぶりで、右手を顎のことろへ持っていった。
「困ったわねえ、慶ちゃんはいいんだけど、剣ちゃんと忍ちゃんはこのままだと
善徳累積滞納で、しばらく冥界で強制労働させられちゃうかもよ。」
藤子さんがそう言うと忍は平伏したまま答えた。
「そこをなんとか。」
藤子さんは少し考えた。
「じゃあ、この年末の返済期限のうちに、大きな善徳を積んでもらいましょう。
あなたたちが大嫌いな松岡系の皆さんをご招待して、一緒に仲良く大晦日の
年越し蕎麦をたべるのよ。」
タルパは思念エネルギーなので人間の食事を食べることはできないが、
仏壇のお供え物、ご神前の供物、お祭りの時のごちそう、大晦日の年越し蕎麦、
正月のおせち料理など信仰の精神がある食事に関しては、その人間の信仰心の念で
できた念の料理として食べることができるのだ。
それを聞いて池内剣と池内忍は目を丸くして頭をあげた。
「絶対いやだ!」池内剣が断言した。
「そうよねえ、あいつらと仲良くするくらいなら、私、冥界の強制労働のほうがいいかも。」
池内忍もそういった。
「はぁ、そう、じゃあ、1か月くらいマグロ船にでも乗ってもらおうかしら。」
藤子さんが小さなため息をついてそう言うと、池内剣と池内忍は戦慄した。
池内剣&池内忍「マグロ船!」
冥界のマグロ船とは、三途の川に浮かんでいる船で、飛び込み自殺などでバラバラになって
三途の川に流れてきた死体を網ですくい上げて、よせあつめ、人間の形に形成する作業である。
細かく気の滅入る作業が延々続くのである。
主に、善徳が足りない霊が善徳を積むために送りこまれる船である。
「マグロ船はいやだ!やります!松岡系と一緒に年越し蕎麦食べます!」
池内剣は叫んだ。
「私も、もう二度とマグロ船は嫌!」池内忍も叫ぶ。
ん?忍は行ったことあるのか?
「よろしい。」藤子さんはにっこりと笑った。

そして大晦日。
池内系たちは年越し蕎麦の御出汁を作りはじめるが、作り方がわからない。
混乱する池内剣や池内慶を見て、池内忍はため息をつく。
「あんたたちダメねえ、こういうものはね、さしすせそ、って言ってね、
まず、砂糖、塩、酢、醤油、ソースの順番で入れていけばいいのよ!」
池内忍の言葉に池内慶は目を見張る。
「さすが忍ちゃん物知り!さっそくはじめよう!」
そう言いながら鍋に砂糖、塩、酢、醤油、ソースの順番にドボドボ入れはじめた。
その時、池内剣が背後の気配に気付き身構えた。
後ろに松岡良が立っていたのだ。
池内慶もあわてて向き直ってファイティングポーズを取る。
池内忍も攻撃用護符を出してきた。
「やるか!」池内剣が叫んだ。
松岡良はそれを無視して池内系たちの前を素通りして鍋の前に進み出た。
そして、その中身を流しに捨てた。
「せっかくの俺たちの御出汁を!」池内剣が激怒した。
「そうだよ!塩分が多い汁を捨てるときはティッシュにしみこませてゴミ箱に捨てなきゃ!」
池内慶も激怒した。
「いや、そこじゃないだろ、怒るとこ。」
池内忍がつっこんだ。
松岡良は池内系たちの方を向き直った。
「水につけた昆布はないの?」
池内系たちは顔を見合わせる。
「何するの、そんなもの?」
池内慶が尋ねる。
「昆布は沸騰したお湯に入れたらキブ味が出るから、
前日から水につけてエキスを出しておかないといけないのよ。」
松岡良は冷静に答えた。
池内慶&池内剣&池内忍「え~~~!!!」
池内慶「どうしよう、そんなもの用意してないよ。」
池内剣「ここは味の素1ビンぶち込んでごまかすしかねえよ!」
池内忍「むしろ、あきらめてめんつゆ買いにいきましょ!」
池内系たちは混乱した。
そんな池内系たちを見ながら松岡良は無表情に言った。
「私、昨日から作ってるから、それをもってくるわ。」
池内系たちは唖然とした表情で松岡良を見る。
松岡良がどっかに行ってしまう。
池内慶「何!?あの賢い奥様!」
池内剣「お前なんか裸にエプロンでダーリンに媚売ってろ!」
池内忍「むしろおでん屋になれ!」
しばらくして2リットル入りのペットボトルに入った昆布水をもって松岡良が現れた。
そして、無言で鍋に昆布水を入れ、綿の袋に鰹節、シイタケ、煮干しの頭と内臓を綺麗に
とったもの、刻んだトビウオの干物などを入れて煮込み、醤油、みりん、酒で味をととのえて、
最後に隠し味に粉末の乾燥帆立て貝柱を一つまみ入れた。
松岡良はそれをオタマですくい小皿に入れて池内慶にさしだした。
池内慶はそれを飲んでみる。
「こ、これは!まったりとして、それでいて爽やか!これぞまさしく至高のおおおお!!!!」
「小芝居とかいいから。」池内忍が突っ込みを入れた。
池内系たちが掛け合い漫才をやっているうちにも松岡良は出汁の横のお鍋でお湯を沸騰させ、
そこに生そばを入れて茹ながら、まな板の上ですばやく厚揚げとちくわを切って御出汁の中に入れた。
そして、間髪いれず、湯だったそばをザルの上にあけた。
「何!この流れるような複数作業は!」池内慶が驚きの声をあげる。
しかし、池内忍は見逃さなかった。
「あら、えらそうなことを言ってるわりには、おネギを切るのを忘れたのかしら。」
池内忍がそう言っている間に松岡良は素早くネギを刻んだ。
そして言った。
「ネギは最後に入れないとシャキシャキ感が失われるのよ。」
それを聞いて池内忍は顔を紅潮させた。
「何よ、ネギくらいで鬼の首とったみたいに威張っちゃって!ネギなんて関係ないわよ!」
それを横眼で見ながら池内剣がぼそっとつぶやいた。
「最初にネギにつっこみを入れたのは忍だけどな。」
そうしているうちに松岡覇や松岡狼や松岡炎が来た。
松岡覇はちょっと気まずそうにしている。
松岡狼は無言で席についた。松岡炎は笑顔で「どうも、どうも」言っている。
松岡覇は気まずそうな顔をして少し離れた場所に立っていた。
「早くこっちに来なさい、お蕎麦が伸びちゃうから。」
松岡良が抑揚のない声でいった。
「はい」そう言いながら松岡覇は席に着いた。
席につくと、松岡良が全員のお蕎麦をとりわけて、「めしあがれ」と
言いながら一人一人にくばった。
「うっめー!さすが良姉貴の料理は最高だわ!」そう言いながら松岡覇は蕎麦を
貪り食った。
「口にお蕎麦がついてるわよ。」そう言いながら松岡良は無表情のまま
ハンカチを出してきて、松岡覇の口をふいた。
松岡覇はうれしそうに「んー」と言って顔を突き出した。
そのアットホームな雰囲気に池内系たちは唖然とした。
「何・・・・・このホームドラマ。」
池内忍がつぶやいた。


今年一年皆様本当に、ありがとうございました。
また来年も良い年でありますように。




 

PR

コメント

無題

こんにちは。
明日はいよいよ2010年ですね。
いつもありがとうございます。

結末がアットホームで良かったです。

やっぱり皆仲良し、平和が一番いいですね^^

来年も宜しくお願いします^^
【2009/12/31 12:49】 NAME[あおいちゃん] WEBLINK[] EDIT[〼]

あおいちゃんさんへ

そうですね。
結末はアットホームで〆ようと思っていました。
また、来年からはいろいろ事件が起こるかも
しれませんが、結末はまた幸せで〆たい
ですね。来年もよろしくお願いします。
【2009/12/31 14:26】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

年越し

松岡良ってお料理上手なんですね。
なんかすごくおいしそうなんですけど・・!

マグロで思い出しましたが
列車の飛び込み自殺のバラバラ遺体を
列車関係者はマグロと呼ぶそうです。
・・と昔高校の授業で聞いたことがある。
(どんな授業・・)
いやですね、マグロ船^^;;

へんな話題を振ってしまってすみません。
最後はみんなほのぼの平和な
年越し風景で癒されました。
来年も楽しみにしております(*^_^*)
慶たんにもよろしくお伝えください。(笑)
【2009/12/31 20:40】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

松岡良は何でもそつなく
こなしてしまうので、
料理もとても上手という(笑)

そうですねえ、そのマグロを
縫い合わせる仕事です。
池内忍がいやがっています。

今年ラストはほのぼのストーリーで〆です。
【2009/12/31 22:14】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

今年もよろしくお願いします。
うんたんって何ですか?
NHKの番組のうーたんのことですか??
【2010/01/01 03:54】 NAME[南の木] WEBLINK[] EDIT[〼]

南の木さんへ

うん!たん!
って幼稚園の子供がカスタネットを
叩くときのリズム取りですよ。
うん、で拍子をとって、たん、で
カスタネットを叩く。
お遊戯のリズムです。
【2010/01/01 09:42】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

池内系のみんなのノリツッコミが一段と冴えてますね

面白いです
【2010/01/01 20:00】 NAME[ひぃ] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

そうなんですか!
うちの姪っ子がまさに園児なんですが カスタネットさん、は、あ、いに合わせて叩いてます
地域によってそういうのも違うんですね。きっと(^^)




【2010/01/01 23:37】 NAME[南の木] WEBLINK[] EDIT[〼]

南の木さんへ

おお、そうなんですね。
やっぱり、地域によって違うんでしょうね。
【2010/01/02 00:45】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

ひぃさんへ

池内慶は小芝居みたいなコントとか大好きですよ。
【2010/01/02 00:54】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

自分は

精神系の病をもってるので、自分が生きるので精一杯。むしろマグロにならないように自分を押さえるのでいっぱいいっぱい。とても善徳なんかつめないけど、それでもいいですか?
【2010/01/02 16:02】 NAME[ひぃ] WEBLINK[] EDIT[〼]

ひぃさん

ひぃさん
彼らは神社の眷属だから善徳をつまなければ
ならないのですよ。
むしろ、生きているだけで精一杯の
人間をささえるためにいる存在です。
彼らがいることで人間がなごめば、それだけでもある種の善徳なのかもしれません。
私だって自分で生きるだけで精一杯ですよ。
その答えは小説にも書きましたが、
人間は生きているだけでいいのです。
それだけで、十分に善徳なんですよ。
【2010/01/02 21:29】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター