忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界征服の野望


地面に池内忍と池内剣が倒れ伏している。
そして松岡良がハアハアと荒い息をしながら額から血を流している。
「お前たち池内系の世界征服の野望はこの松岡良が阻止する!たとえこの命に代えても!」
松岡良が叫んだ。
松岡良が睨みつけるその先に大理石の階段。そしてその奥に宝石がちりばめられた
荘厳な玉座があった。そこに池内慶がゆったり座っている。
「よく来たな、正義の味方松岡良、しかし、お前ではこの帝王池内慶様には勝てぬわ!
かかってこい!そして敗北し、永遠の絶望を味わうがよい!」
松岡良はトマホークを振りかざし、「うおおおおおお!!!」と叫びながら池内慶に突進する。
池内慶は細身の剣を振りかざし、素早く横になぎ払う。
カン!と乾いた音がして、松岡良のトマホークは空中高くはね飛ばされて後方に落ちた。
池内慶は松岡良に剣を突き付ける。
「帝王池内慶様の勝ちだな。これで世界は暗黒の闇に包まれる。ただし、ひとつだけ世界を
救う方法がある。それはお前が帝王池内慶様の命令を聞くことだ。」
そう言いながら池内慶はニンマリと笑った。
「クッ」松岡良は怒りの眼で池内慶を睨みつける。
「どうした、世界を救いたくないのか。」見下したような視線を松岡良に向けながら池内慶は言葉をつづけた。
松岡良は屈辱に体を震わせなが視線を下に向け、それでも毅然と答えた。
「わかった、お前の命令を聞こう、世界が救われるなら、私は何をされてもいい。」
すると、池内慶は無表情になり、冷酷に言い放った。
「ならば、裸にエプロンのコスプレしろ。」

松岡良はガバッ!と布団からはね起きた。
体中冷や汗でぐっしょり濡れている。
周囲を見回した。
松岡覇がよだれをたらしながら足で布団をはね飛ばして腹を出して寝ている。
「・・・・・・・・」松岡良は無言のまま布団から起きだして、松岡覇に布団をかけてやった。
そして自分の布団に戻った。
真っ暗な部屋、静寂の世界。
時計の秒針だけがカチカチと規則正しく時を刻んでいる。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嫌な初夢だな。」
PR

コメント

あけましておめでとうございます

楠乃さんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ところで、こ、これは…。
【2010/01/01 23:27】 NAME[南の木] WEBLINK[] EDIT[〼]

南の木さんへ

松岡良の初夢です。
御蕎麦つくってるとき、後から
「裸にエプロンしろ!」って言われたことが
頭に残ってたんでしょうね。
【2010/01/02 00:47】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター