忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

古代文明の痕跡

「もうすぐ年末だから聖地巡礼に行こう!」
池内慶が言いだした。
「いやだよ、金もないし、時間もないし、行けるわけないだろ!」
私がそういうと、池内慶は部屋の床に転がって「だや!やだ!やだ!聖地巡礼行きたい!」と
だだをこねた。
なんでこいつ、こんなに必死なんだ・・・・ひょっとして、聖地でエネルギー補給しないとこいつら
消えちゃうとか!?
もしそうだったらやばいので、池内慶に聞いてみた。
「ところで聖地ってどこだよ。」と私が聞くと池内慶は「喜春城公園の裏山だよ。」と言った。
はあ?!
そんなとこが何で聖地なんだ。
また、わけのわからない事を言っていると思いつつも、
もしかして何かあるかもしれないと思って、インターネットで調べてみる。
そうしたら、公園の中にあった!
夕霧寮古墳という古代の遺跡が!
すでに朽ち果てて、その存在はわからないものの、公園の裏山に古墳があったなんて
知らなかった。
そこに行ったら、もしかして池内系たちと関係ある古代のメッセージがわかるかもしれない。
私は軽い興奮を覚えた。
場所も近いことだし、図書館に古文書を調べに行くついてに行ける場所だ。
私は、広い公園を抜けて、森の中をかきわけ、高なる鼓動を抑えつつ、一生懸命地図を
見ながら古墳をさがした。そして、見つけた!!!
「やった!古墳がみつかったぞ!
それは小高い盛り土のようで上に何本も細い木が生えている。
これでは、普通に見ただけでは古墳かどうかなんて判別できない。
しかし、池内慶がこの場所にあんなに来たがるということは、必ずここに
古代の謎をひもとく、何らかのヒントがあるに違いない。
「おい、池内慶!古墳に到着したぞ!」私が少し興奮ぎみに池内慶によびかけたが、
池内慶は私よりもっと先に進んでいた。
「こっち!こっち!」と手招きする。
池内忍、池内剣もでてきて、先に進もうとする。
なるほど!この古墳は実はダミーで、もっと先に実は隠れた古代遺跡があるんだな!
私は池内系たちに導かれるまま、そのあとについて行った。
古墳を西側にくだってずっと坂を降りていく。
その向こうはすでにアスファルトで塗り固められた道路だ。
その横にはコンクリートの建物がたっている。
「おい!そっちには何もないぞ!」
私が声をかけると、池内系たちは「聖地だー!」
と言ってそのコンクリートの建物に走り寄った。
は?
池内慶が興奮気味にその建物に指をさす。
「聖地!聖地!」
意味が分からない。
私がポカーンとしていると池内忍が顔をしかめて言った。
「馬鹿じゃない、聖地と言ったら弓道場にきまってるでしょ!」
まあ・・・・・・・こいつらを管理している藤子さんの氏神様は鋼鉄でできた鬼を串刺しにできる
神の矢が収められた弓矢の神様でもあるんだけど。
こいつら・・・・・・・ただ弓道の練習がみたかっただけか・・・・。
こいつら、古代の古墳とかは全然興味がなかったようだ。
 

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター