忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またイチゴの季節がやってきた

慶ちゃんたちはイチゴが大好きです。
最近は私があまり相手にしないので、ふてくされて家には出てこなくなりましたが、
スーパーに行くと、我慢できずに出てきます。
とくにイチゴが大好きです。
慶ちゃんはさちのかやさがほのかが好きです。
九州のイチゴが大好きですね。
忍ちゃんは奈良県のあきひめが大好きです。
姫という名前が特に好きみたいですね。
剣ちゃんは栃木県の紅ほっぺなど関東のイチゴが好きです。
でも、最近は奈良県のあきひめが慶ちゃんたちの間でも大流行しています。
この季節、イチゴの値段も安くなってワンパック300円前後で買えます。
3パック買って帰ると大喜びしてました。
「こんなに買って帰ったら、おなかが張り切れるまで食べられるわね!と忍ちゃんが言います。
「むひょー!もう我慢できないよー!」と言って慶ちゃんが買い物籠の中のイチゴをたべたふりをします。
彼女たちは精霊なので直接イチゴを食べるわけではありません。
イチゴ気を吸い取るのです。これは神社の眷属のお使いがお供え物の気を吸収して、
気を吸収された食べ物は風味が落ちて、お供え物のお下がりを食べたときに
風味がよくない、味けない感じがするのはこのためです。
神だなにお供えした洗い米などもご飯にまぜて炊いてたべたとき、風味が抜けた感じの味になります。
本来は、人間に憑依して、その味を味わうのですが(うちでは私に憑依する)今回は
我慢できずに買い物籠に入っている段階で慶ちゃんがイチゴの気を吸収しはじめました。
「ずるいわよ!」といいながら忍ちゃんもイチゴの気を吸収しはじめます。
「私も!」と言って剣ちゃんも吸収しはじめます。
いつもは、私が食べるぶん、1回にワンパック分くらいしか食べないし、ワンパックも家族で
食べるので、実質ワンパックの3分の一くらいしか食べないのに、
一人でワンパックぐらいのイチゴの気を吸収してしまったので、慶ちゃんたちは気分が悪くなってしまったようです。
「うげー!」と言って、慶ちゃんがその場でイチゴの気を吐き出してしまいました。
「もったいないわね!」と忍ちゃんが怒りますが、ゲロの匂いにあてられて、
自分もゲロゲローとゲロをはいてしまいました。
剣ちゃんも「しかたないなあ」と言いながらあとかたずけをしようとしましたが、
匂いにやられてその場にゲローと吐いてしまいました。
もちろん、慶ちゃんたちは私にしか見えていないし、私にしか匂いは感じません。
でも、私自身は周囲に、よくゲロを吐く赤ちゃんのおいでになる家のような
酸っぱい匂いが充満していました。
久しぶりに出てきたと思ったらこれかよ。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター