忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真夜中に壁を叩く音がする

真夜中に事務処理作業をしていると、ドンドンと壁をたたくおとがします。
「どん!」となってからしばらくして、また「どん!」いったい何だろうか、
もしかしてポルターガイストだろうかと不審に思っていました。
すると慶ちゃんたちが出てきて言いました。
「今日は大雪だから屋根から雪が落ちる音だよ!幽霊じゃないよ!怖くないよ!」
といいました。
私の住む地方は気候温暖でめったに雪は降りません。しかし、この日にかぎって、
年に一度あるかないかの大寒波が到来したのです。
窓の外を見てみると薄暗い外の風景に部屋の明かりが照り返し、一面の雪景色でした。
「こわくないよ!」こわくないよ!」と慶ちゃんは私を励まそうとしますが、いつもはすでに
慶ちゃんたちは寝ている時間です。
うつらうつらしながら必死に起きています。
私をはげまそうとしたのでしょう。
「歌を歌って眠気をさまそうよ!」剣ちゃんが言いました。
「まったく、めんどうね」忍ちゃんが言いました。
「お化けなんて居ないさ!お化けなんて嘘さ!寝ぼけた人が見間違えただけさっ!」
慶ちゃんが大声で歌いだすと、剣ちゃんと忍ちゃんも一緒に歌いだしました。
忍ちゃんはちょっと嫌々な感じです。
なんか、いとおしいような感じがしたので、私は冷蔵庫まで行ってイチゴを三個もってきました。
「きょーっ!」とイチゴをみるなり慶ちゃんは喜びの声をあげました。
慶ちゃんから順番に私の体に憑依させ、一人ぶんずつイチゴを食べさせました。
慶ちゃん、忍ちゃん、剣ちゃん。そして剣ちゃんが出て行ったあと、また慶ちゃんが体に入ってきました。
「もう寝なきゃだめだよ。」私が言うと、慶ちゃんは「すぱげっち!すぱげっち!」と叫びはじめました。
そういえば、今日、スーパーでお惣菜の198円のナポリタンスパゲティーを買ってきたのでした。
慶ちゃんはこれが大好きです。
今日だけは特別です。
慶ちゃんを憑依させたまま、お惣菜のナポリタンスパゲティーをレンジでチンして食べました。
スパゲティーを食べているうちに、服にスパゲティーソースがついてしまいました。
「チッ」私が舌打ちをすると慶ちゃんが「服にスパゲティーソースが付くのとケンカは江戸の華だよっ!」
と言いました。
ちょっと違うような気がします。
「はははっ」と剣ちゃんが笑います。
「くっだらな~いい。」と忍ちゃんがうすら笑いを浮かべていました。
「さあ、もう寝ようね」私が言うと、慶ちゃんはニコニコ笑いながら消えていきました。
剣ちゃんはお辞儀をして、忍ちゃんは「ふん」と言ってそっぽを向きながら消えていきました。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター