忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いっよかーん!

スーパーに行きました。伊予柑がありました。それを見て慶ちゃんが「いっよかーん!」
と叫びました。
「いっよいっよカンカンいっよいっよカンカン、いっよいっよカンカンだっいじけん!」とか歌ってます。
その横にイチゴが売っていましたが阿蘇のイチゴとあまおうが売っていました。
阿蘇のイチゴは398円で安いですが大きさがチッさかったです。あまおうは1ぱっく498円もしますが
1個がとても大きいです。
「見て見て、金魚さんみたいだよ、ほら、慶タンの手の平くらいあるよ、すごいよ」
イチゴ売り場によじ登って、あまおうと手の平を重ね合わせます。
「おいしそうだね、たぶん、買うよね、これは買うしかないよね」
慶ちゃんは目を輝かせていいました。
「しかたないなあ」と言いながら、私は3柱ぶん、3パック買おうとしました。すると慶ちゃんが
叫びました。
「あまおう498円で高いから2パックでいいよ!デザートで千円以上もお金をつかったら、
お天道様がゆるさないよ!」と叫びました。
いや、ゆるすと思うけど。
でも、あまりお金をつかわせないよう気を使っているんだろうと思って、2パックだけ買いました。
その日はとろろ芋とミカンも買いました。青島ミカンと有田ミカンを買いました。
あと甘栗も。それから三度豆も。けっこうお金がかかってしまいました。
「今日はお金がかかったからチーズのおやつは我慢するよ!」
慶ちゃんが言いました。
なんか気をつかってるなあ。
「みんなもいいの?」
と聞くと、忍ちゃんが「しかたないわねえ、私はいいわよ」と言いました。
剣ちゃんは「みんながいいなら、私もいいよ」と言いました。
みんな素直です。
なんか、チーズを買わないと、あんまり慶ちゃんたちのテンションもあがらず、私の背中に
しがみついて、家まで帰りました。
家に帰ると、母が雪印クリームチーズを4箱も買って家の冷蔵庫に入れていました。
それを見て、忍ちゃんが母の所まで全速力で走っていき、三つ指ついてかしずいた。
「不束者ですが、これからもよろしくお願いいたします」
いや、だから、親にはお前ら見えてなんだって。
忍ちゃんの行動を見て慶ちゃんが目を丸くして驚く。
「忍ちゃんだけずるいよ!」そして新聞広告の紙をハサミで切って耳をつくり、セロハンテープで
頬にひげを左右三本ずつはりつけて、慶ちゃんも母の所まで走っていってかしずいた。
「ハツカネズミものですが、よろしくおねがいしまちゅー!」
慶ちゃん、お前、絶対忍ちゃんが二日者ですがよろしくお願いしますって言ったって思ってるだろ、
絶対思ってるだろ。
二人の行動を見て剣ちゃんがオロオロする。
「え、私、二人みたいな面白い事できないよ、どうしよう、どうしよう」
「大丈夫だって、そんなことしなくっても」
そう言って私は剣ちゃんの頭をなぜてあげた。
「うん、ありがとう」
満面の笑みで剣ちゃんは笑った。それを見て慶ちゃんは目を丸くする。
「むきょーっ!剣ちゃんだけずるいよ!」
そして、私の前まで走ってくると、オロオロ、もじもじしはじめた。
「どうしよ、慶タン、みんなみたいに面白こと何もできなの、オロオロ、そわそわ」
おまえの存在自体が十分面白いよ。
私は呆れた。

慶ちゃんたちがひと暴れしたあと、いちごを洗って、ちっちゃい子でも食べられるように
小さく短冊に切ってお皿に入れました。
みんな口をあけて「あーん」って言っている。
お前ら、じぶんで食べろよ。
最初に慶ちゃんからたべさせる。
「あ、また慶ちゃんが最初なの、いつもなのね」不満そうに忍ちゃんが言う。
別に意識してなかったんだけど。
「じゃあ、ジャンケンして決めろよ」
三柱にいちごをたべさせたあと、
2順目はジャンケンする。
剣ちゃんが一番最初「おいちー!」
剣ちゃんは喜ぶ。
次は慶ちゃん「あまーい!」
次は忍ちゃん「まあ、この味なら許してあげてもいいわ」
何を許すんだおい。
「さっき私が一番最後だった、今度は私が最初よ」
忍ちゃんが言うから、今度は忍ちゃんからたべさせた。
口をあーんと開けて、食べるときは、とても幸せそうな顔をしている。
「ふう、食べ終わってしまったわ、しだいに口の中で消えゆくいちごの香り、これがマリッジブルーという
ものなのかしらね」
「違います」
忍ちゃんのボケに速攻ツッコミをいれた。
「私、あんな面白いこと言えないよ、ねえ、私は何を言えばいいの、言えばいいの」
剣ちゃんが切実に私に問いかける。
「いや、言わなくていいから。普通に食べな」
「あーん。おいしい!」
剣ちゃんがぴょんぴょん飛び上がって喜んだ。
「慶タンもあーん、うーんおいしー、ルピールビーあすかルビー甘くておいしい奈良いちご~」
慶ちゃんが歌いだした。
「いや、それ銘柄違うから、甘王は九州だから」
とりあえず、みんな満足でよかった。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター