忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頭の中が痛いです

夢を見ました。
仕事に疲れてパソコンの前に突っ伏して、そのまま気絶寝してしまいました。
そして夢を見たのです。
鮮やかな田園風景。そこを私は飛んでいるのです。
眼下には一面の青い水田、そこを過ぎると蓮の花が沢山咲いている大きな川が見えました。
ん?これってひょっとして三途の川?
一足飛びに飛んでそこと飛び越えて河原に降り立ったとき、ちょっと「やばいかな。」と
思いました。
そこで目が覚めました。
鮮やかなカラーの夢でした。
カラーの夢なんて珍しいです。ああ、私は神様に愛されているのかなあ、こんなきれいな映像の
夢を見て、とご機嫌だったんですが、その夢を見たあとあたりから、頭の左の後頭部が
突発的にチクッ!と痛みます。
おかしいなと思いました。そういえば、脳に異常があるとカラーの夢をみるという話を昔人から
聞いたことがあるのを思い出しました。
嘘か本当かわからないけど、嫌な予感がしました。
その時はそれで済んだんですが、夜になって頭に激痛が走りました。
頭の左の後頭部が非常に痛い。こんな感覚の激痛は初めてです。
いままで頭痛になってもコメカミが痛かったり、頭全体が痛かったりするもので、
部分的に激痛が走るということはありませんでした。
あまりにも痛いので、ちょっと怖くなってしまいました。
明日、病院が開いているか考えました。
主治医の病院が木曜日が定休日。明日は水曜日。助かった。
とりあえず、脳梗塞など頭の血管に血栓が詰まっていたらいけないので、
お茶を大量に飲んで、体に水分補給をしました。
そして、我慢して寝ました。
朝起きると、すぐに病院に行って診てもらいましたが、脳内の精密検査をしたほうがいいと
言われて、駅二つ向こうの町にある脳外科の大病院に主治医の先生が連絡を取ってくれました。
検査等でお金がいるといけないので、駅前の銀行で10万円ほどおろして、電車に乗りました。
電車に乗ると、背中から池内系たちが出てきて池内慶が「ピクニックだ!やっほーい!やっほーい!」と
騒いでいる。気楽なもんだな、おい。池内忍と池内剣はガラスに張り付いて外の風景を眺めている。
脳外科病院に行くとまずMRI 脳検査を受けることとなった。
レントゲンではなく、電磁気磁石をつかって脳の断面図を作成するそうで、カード類をもっていると
全部だめになるから、全部外すようにお医者様から説明があった。
ベットに寝かされて、頭にU字型の金具のようなものをつけられる。
そして白い巨大なドーナツのような機械の中を通される。
非常にうるさい音がするそうで、そのU字型の金具と頭の間、耳のところに
少し大き目のクッションを入れられた。隙間をキュウキュウに詰められて、ちょっと頭が狭い。
体がうごかないようにちょっと太めの帯のようなマジックテープで体を拘束される。ちょっと不安。
「苦しくなったり、何かトラブルがあったらこれを押してくださいね、機械が停止して外にブザーが鳴りますから」
お医者さんはそう言って、私の手にボタンを握らせた。
「絶対に動かないでくださいね、動くと最初からやり直しになりますからね。」
お医者様は念を押すようにそう言った。
撮影1回5千円。やり直すとなるとまた5千円。
絶対動かないぞと心に決める。
お医者さんが部屋の外にでると機械がガコーン、ガコーンと音を立てながら巨大な縦型の
白いドーナツのような機械の中に体が送り込まれていく。
目の前が真っ暗になる。
棺桶に入れられて焼かれるときってこんな感じなのかなあというネガティブな感覚が
頭をよぎる。
目の前が真っ暗になって視界がさえぎられると、その黒い空間にぬーっと池内忍が顔を出す。
そして私の喉を両手でサワサワ~とくすぐる。
やめろ!くすぐったい!咳がでそうになる!だしちゃだめだと思うほど咳がしたくてしたくてたまらなくなる!
「ごせんえ~ん、ごせんえ~ん。」池内忍はニタニタ笑いながら受け来ない私の喉をくすぐり続ける。
池内剣が現れる。
池内剣はどこからもってきたのか小太鼓を3個どほど持っていて
それをボボンバボンバボンバボンババンと叩きながら
「咳しろ!咳しろ!5千円!咳しろ!咳しろ!5千円!」と叫んでいる。
池内慶も現れて両手に扇子をもってジュリアナ東京みたいな踊りを踊っている。
こいつら、人ごとだと思っておちょくりやがって・・・・。
なんがすごく楽しそうだな。
咳を我慢して我慢して必死になる。しだいに息がつまってくる。
「はい、もうすぐ終わりますよー。」というお医者さんの声が聞こえる。
そこで、我慢できずに「ごほっつ!」と咳をしてしまった。
咳をしたあとはちょっとすっきりした。
結局、撮影は1発撮りで成功した。
「チッ!」池内忍が舌打ちをする。
相変わらずだなお前は。
撮影が終わると、データが出そろうまでしばらく待たされる。
途中で昼休みを挟んだので結構長時間待たされた。
看護婦さんが私の番号を読んで、私はお医者様のところに行った。
お医者様が深刻そうな顔をして「う~ん」とうなりながら首をひねっている。
やばい!なにか悪い病気なのか?
お医者様が私の顔を見た。
「脳に異常はありません。頭の神経痛ですね。」
「は?」
私は最初意味がわからなかった。
「頭の表皮層の神経痛です。ほっとけば治ります。」
お医者様はそう言った。
なんだそれ。
でも、よかった、手術とかまで考えていたので、ホッとしました。
ひょうっとしたら、池内系たちはこのことが分かっていたのかもしれない。
だから、あんなに気楽に楽しんでいたのかもしれない。
それなら、最初から教えろよ、まったく。

PR

コメント

やめて~ですね!

MRI私もやったことあります。
やってる最中に
「今ここで東海大地震が起きたらどうなるんだろうか。」
とか色々怖いことを考えてしまいました。
動けない時に池内系のようないたずらされたら
余計に過敏になっちゃうっちゅ~の!
特に忍ちゃん、やめてほしい・・!(笑)
でも彼らがこれだけやりたい放題出来たのも
たいした症状じゃなかったからってことでしょうね。
逆に言えば、彼らが神妙だとやばいのかもしれませんが^^;;
お大事になさってください。
【2010/01/21 13:58】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

そうですねえ。
池内系が出てきたのも、
一晩寝て、頭痛が治まってからですからね。
本当に頭痛が激しかったときは
でてきませんでしたから。
あとMRIとか見るのが初めてだったので、
テンションが上がっちゃったんだと思います。
MRIをやっているときは視界が本当に
真っ暗になりますから、そういう場所には
連中のようなものが跳梁跋扈する
隙間が存分にありますからね。
【2010/01/21 16:14】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター