忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

霊の話にはオチがない

この前、氏神様の前の家が取り壊しになって、そこの庭にあった大きな椿の木が
重機で引き倒されるのを目撃した。
「うーん」と椿の木がうなった声がしたような気がした。
慶ちゃんは「ツバ子さんが死んじゃったよー」と言って泣いてたので
かわいそうだった。
それから、その土地は家がつぶされて、綺麗に整理されてたんだけど、
そこの土地の上で地霊みたいなのが四柱ほどしゃがみ込んで雑談してた。
「あの椿さんは打ち倒されたのに、人間に祟りもせずに黙って死んでいかれたのお」
「やはり神社の門前の椿という誇りもあったんじゃろう」
「ご立派なことじゃのお」
とか話をしてた。
ただ、それだけなんだけど。
なんか、古屋が取り壊されると、時々地霊みたいなのがいるよね。
そこの家には井戸があったみたいで、その井戸も埋められてたみたいだけど、
井戸の中心に細いビニールパイプが通してあって、空気穴みたいになっていた。
井戸の精霊は怒らせると怖いので、お祓いして空気穴だけ
通すようにしているのだろう。
私の家も井戸を埋めるとき、神社の神主さんを呼んでお祓いをし、
建築業者さんに埋めてもらったが、そのときも空気穴だけは通していた。
やはり建築業者さんは長年の経験でこういうところはよく知っているんだなあと思った。

PR

コメント

無題

こんにちは^^
桜が綺麗ですね^^

怒ると損は、そういうところから来たのね~とか、するめや干し昆布が好きなのね~とか、勉強になります。
木には精霊が宿り。切り倒すのは難しいと思っていましたが、そういうプライド持った木もあるのですね^^

相変わらず、慶ちゃん達も、お元気そうで良かったです。
【2012/04/08 11:56】 NAME[あおいちゃん] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

あおいちゃんさん
精霊がするめいかが好きなのは
呪術者や陰陽師の間では昔から知られていて、
新しく何かを始めるとき、事業や結婚などの
時には精霊を招いておもてなしして、
喜んでもらうためにノシイカを配ったそうです。
これが後にご祝儀袋のノシになったんですって。
木の中でも神社に近い場所の木は
プライドをもって人間に危害を加えない
木もあるようですね。
ただ、どうしても古木を切らないと
いけない時は、先にお祓いはしておいたほうが
いいと思います。
怒ると損だという事は、怒ってばかりいると
怒っている霊とチャンネルが
合ってしまうということもあるようですよ。
だから笑い門には福来たると
言うみたいですね。
【2012/04/08 16:56】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター