忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花シメコ


花藤子さんの先輩に花シメコさんという先輩がいる。
前にシメコさんが住んでいる南の島に藤子さんが遊びに行ったとき、港まで迎えにきてくれたそうだ。
南の島に用事があり行く人が近所にいたので、その人の背中に憑依して行ったわけだが、
藤子さんに会うなりシメコ先輩は「あら~久しぶり~」と言いながら藤子さんの頭をワシ掴みにして
素早く首を直角にへし折った。
ゴキッ!という音とともに藤子さんの首は直角に曲がった。
藤子さんはにっこりと笑い「いやだわ、シメコ先輩、私ってばツタ系の精霊だから首をへし折っても
死にませんよ。」といった。
するとシメコ先輩は「あら~ん、わかってるわよん、ほんの挨拶代りよ、精霊殺したくなったら、
この島には一杯いるから殺し放題よ、べつにあなたを殺したいとは思わないわん。」と言いながら
島を案内して回ってくれたそうだ。
肌は薄い緑と白が混ざったような色、目は真っ赤で瞳孔がイチジクが割れたようにまだらになっている。
白の着物の下の赤黒い袴をはいている。
趣味は精霊に巻きついて絞め殺すことである。
島ではシカ肉のステーキ屋やトビウオの煮つけ、朝日蟹の丸蒸しなどを人間たちが食べているところを
見学し、森の中に入って、森の精霊たちが泣きながら逃げるのをシメコさんが嘲笑しながら
闊歩する後ろから藤子さんがついていっていった。
森の中にずっと線路が続いている。
その上をシメコさんの後ろから藤子さんがついていく。
「どうしてこんな山の中に線路があるんですか?」
藤子さんがそう尋ねると、シメコさんは「森の木を人間たちが盗むためよ。」とさらりと言った。
長い、長い人工植林の林いくら進んでも線路は続き、人工植林も続く。
藤子さんは少し怖くなったそうだ。
ここは山の中なのにまったく精霊がいない。まっすぐに伸びた人工植林。
「悪魔の森よ」シメコさんはつぶやくように言った。
「あら、そうですの」藤子さんは返答に困ってそう答えた。
「私は木の精霊をいびり倒しておびえさせるのは大好きよ、でも、森は殺さない。
だって、森を殺したら精霊がいなくなっていびれなくなるから。でも、こいつら杉の人工林は
黙って森を殺す。無言で着々と。」
シメコさんはつぶやくように言った。
そうしているうちに、20キロも歩いただろうか、やっと人工林から抜ける。
苔むした大地。湧水が流れている。
霧の中に粒子のような霊がいっぱいただよって迷っている。
藤子さんはそれを不思議そうに見た。
「あら、木霊ではないんですね。」
それを聞いたシメコさんは無表情で目をほそめた。
「そうね、昔木を山中から切り出すために何百人、何千人も動員され、死んでいった
樵たちの魂ね。河原の落ちている人面石も人間たちは森の精霊って喜んでいるけど、
あれも伐採中の事故で死んだ樵たちを川や海辺に捨てて、その魂が凝着したものなのにね、
なにもわかっちゃいないわ、なにも。」
そう呟きながらシメコさんが進むと少し開けた場所の岩の上に出た。
「タイコ岩よ」シメコさんが言った。
そこから眺めた渓谷の風景は絶景だった。
「奇麗ですね。」
藤子さんがつぶやくように言った。
ふと、藤子さんの耳元で「ぶ~ん」という羽音がした。
「あら」
見ると、一匹の蠅が飛んでいた。
そして、岩の上に落ちているクッキーのかけらにとまって、それを舐めていた。
「こんなところにもハエがいるんですね。」
藤子さんがそういうと
シメコさんは無表情で「人間たちがつれてきたのよ」といった。

PR

コメント

複雑ですね

シメコさん、いきなりの挨拶こわすぎます!
シメコさんも、ツル系の植物の御眷属なんでしょうか?

大勢の人が連れてこられて死んだ魂を
木霊といって喜ぶ観光者。
(私もその1人でした~^^;;)
人間は、どこに行っても
その場所の大切な自然を破壊してしまうことに
なるのですね・・
人間の存在自体が自然にとって悪なんでしょうか。
複雑です。
【2010/02/17 10:13】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

シメコさんはシメコロシノキの精霊です。
シメコロシの木は精霊が住んでいる
ような巨木に寄生して成長し、
巨大化するにつれて寄生主の木に
巻きついて、絞め殺して枯らせてしまいます。
南国に本当にある木ですよ。
でも、本気になったら藤子さんのほうが強い
ですけどね。
藤の木は観賞用植物の中では雑草並みに
強くて、観賞用植物の中ではしぶとさでは
1番でしょう。
枝を刈れば刈るほど増殖し、手に負えない
くらいに増えて焼き払うしか駆除の方法が
なくなってしまうくらいに増殖します。
だから、藤の木が大きくなったからと
言って、軽々しく枝を刈ってはいけないのです。
生命力で一番強いのは酔芙蓉でしょうね。
あれは、枝の大部分を刈ってもすぐに
増殖し、刈った枝を地面にさしておくと
そこから根を生やして増殖するなど
生命力では観賞用植物では一番です。
この藤と酔芙蓉が観賞用植物の強さの
双璧くらいの位置にいます。
人間に対しては、木の精霊たちは、
松くい虫や白アリなど害虫と同じくらいの
感覚で考えてるみたいですよ。
人間も自然の一部だと考えているみたいです。
【2010/02/17 14:48】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

絞め殺しの木

人間も自然の一部・・
でも、破壊の度合いが大きすぎますけどね~・・・

「絞め殺しの木」
名前からして強烈ですね!
調べてみたらガジュマルのこととありました。
藤の木もそんなにしぶといとは。
酔芙蓉も可憐な姿ですけど強いのですね。
うちの庭は半日陰で粘土質なんですけど
酔芙蓉だったら根付くかな。
色々お勉強になります。ありがとうございます(^^)
【2010/02/17 15:48】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

酔芙蓉なら根付くかもしれませんね。
酔芙蓉のもう一つの特徴は、
朝に白い花を咲かせ、夜には
紅の花になることです。
酔芙蓉にはそうした二面性があります。
【2010/02/17 16:16】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター