忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐怖の魔界契約書

地霊どもがあまりにも暇を持て余すと、修羅界の賭博とかやり始めることがあります。
日ごろは場が荒れるから厳禁しているんですが、私が寝ている夜中に時々
やっているようです。
やるなら修羅界に行ってやってこい。
狩破はものすごく頭を使う遊びで頭の回転と膨大な言葉の知識が無ければ勝てません。
池内慶は狩破とか勝てないので面白くないのでやらないのですが、池内忍が一番得意とする分野です。
それで、審判に吸血鬼の崇氏とか修羅界から呼んでくるんですがこいつがたちが悪い。
私が夜中に寝てるときにやればいいのに、時々、私が昼寝してるときにやります。
池内系の連中は私に気兼ねして起きているときはやりませんが、崇氏とかは
全然そんなの関係ありません。
昼寝している私の背中を蹴り飛ばして「起きろ!」と言います。
起きると、幼い女の子が目の前にいます。
「おろかなる人間どもよ、我をあがめよ」と最初から言ってきます。
うっとうしいから無視して寝ます。
「起きんか!」崇氏は激怒してガンガン私の背中を蹴ります。
それでも無視していると「あ、パソコンつけっぱなしで寝てる。消費電力も消耗するし、
パソコンも早く壊れちゃうだろうなー。」とか言ってきます。
あ、いけね、パソコンの電源切らなきゃ。
とおもってパソコンのマウスに触ると、パソコンにFX金融為替取引の広告が表示されていた。
崇氏は耳元でささやく「どうだ、我と契約し、そなたの血を我にくれるなら、わが魔導の力で
金融取引での連戦連勝を約束しよう、そなたは一躍大金持ちじゃ、喜べ、そして
我を崇拝するのじゃ。」そう言って私の前に悪魔契約書と羽ペンをさしだした。
契約内容を読んでみると「わたくしは、このたび崇師様と契約し、魔運を提供していただく対価として
利益100円あたり血液1リットルを提供・・・・・。」
「ふざけんな、この腐れ詐欺師があああああああああ!!!!!」
大声で怒鳴ってやると崇氏ビクッとして目にいっぱいに涙を浮かべ、
泣きながら池内忍のところまで走っていった。
「あのね、あのね、あの大きなお兄ちゃんがね、小さい女の子の私を怒鳴っていじめるの、
私、すごくこわかったの。」と話し方がすっかり幼い女の子になっている。
さっきまで人の前に悪魔契約書差し出してた腐れ外道が何言いやがる。
池内忍や池内剣たちは軽蔑の眼で私を見て「サイテー」といった。
いつもは池内忍たちと喧嘩している松岡系たちもあつまってきて「うわっ、最悪よね、こんな小さな子供に
むかって。」「これだからキモメンは。、」とか言ってる。
おいおい、お前らいつも顔つきあわしたら喧嘩してるくせに、今も喧嘩しろよ、おい。
何でこんな時だけ団結してるんだよ。おい。
自分が悪いことしてるくせに、状況が不利になると急にか弱い被害者に変身して、
被害者の私を加害者に仕立て上げる。
「とっとと帰れ!」どなって、魔界の亡者どもを自分の巣に返した。
まったく、油断も隙もない。
PR

コメント

やっぱりこわい

しょっぱなからもう悪魔みたいな登場ですね^^;;
お金の絡むことは危険ですね~。

【2009/11/02 07:33】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

霊的なものは、お友達として
付き合っていたら、かわいくて
楽しいけど、現世利益などを
頼んで、利害関係ができると
とたんに豹変したりするから
怖いですよ。
それがたとえ、10年一緒に
遊んでいた友達のような霊でもです。
そこは人間の情や友達感覚が
通じません。
だから、だから霊を利用して現世利益を
願ってはいけないんですね。
【2009/11/02 08:45】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

そうですね

たとえば、楠乃さんのように霊などが
見えたり聞こえたりしなくても
心の中でそう願ったりしただけで
契約を交わしてしまうとかあるのでしょうか?
【2009/11/02 17:10】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

あまり悪魔的な契約方法は言いたくないんですが、一般には、自分を信頼している人か、
自分の恩人を
裏切って悪事を働いて、それを
隠ぺいすることによって契約が成立し、
それを自ら暴露することによって、
契約が破棄されるって聞いたことがありますけどね。
だから、かなり積極的に自分から
動かないと契約できないみたいですよ。
隠ぺいしてなくても、親友を借金の保証人
にして自分は借金を払わずに逃げたりするのも契約執行になるみたいですね。
これは借金を支払ったて、友人に謝罪して
許されたら契約破棄みたいな。

【2009/11/02 17:32】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

ありがとうございました

確信犯的に悪事を働けば、自動的に契約成立なのですね。
魔がさすといいますが、まさに魔と契約を交わしているのですね。
でもきちんと悔い改めればちゃんと破棄されるのですね。
凶悪殺人犯でも、最期に悔い改めれば、良き霊が迎えにくると本で読んだことありますが
そういうことかもしれないな~と思いました。
【2009/11/02 19:47】 NAME[とっぽ] WEBLINK[] EDIT[〼]

とっぽさんへ

そうですね。
その時でてくるのが死神です。
死神は死者が死んだとき、
死者の書をかざします。
それで、たとえ殺人犯でも
本心から悔い改め、世のため人のため
すべてを尽くそうとしたならば、
更生の機会を与えられます。
もし、自分が救われたいからと、
本心ではなく、悔い改めたふりだけ
していると死者の書にその事実が
浮き出してきて、死神はその者を
地獄にたたき落とします。
【2009/11/02 20:14】 NAME[楠乃小玉] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター