忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地霊に怒られた日

面白いお話を思いついたので慶ちゃんに話しました。
「慶ちゃんが他の精霊の好物のお寿司をたべちゃった話書こうと思うんだ」
と私が慶ちゃんに言いました。
「慶タンはそんなかわいそうなことはしないよ!」
慶ちゃんがいいました。
「でも、そういうお話を書いたらみんな喜んで笑ってくれるよ。」
私は言いました。
「あー嘘んこの話書いたらいけないんだ、それは愉快犯というんだよ」
「でもみんなが喜んでくれるからいいじゃん」
私はこのとき、所詮、地霊たちも私の想像の産物で、目の前に
現れてきてるのも、自分の脳がどうにかなってるからだと思っていました。
これは脳機能障害なんだと。
「いいじゃん書くよ」
私は書き始めました。
「だめだよー、だめだよー!」
慶ちゃんはいやがっています。
私はしらん顔で書き続けます。
そして書き終わった最後に
「慶ちゃんは悪いことをしたので神様に怒られました」
と書いてしまいました。
「慶ちゃんは悪いことしてないよ!神様に怒られてないよ!」
今までちょっと甘えた感じだった慶ちゃんの声がちょっと怒鳴り声になって
私はビクッとしました。それと同時に、パソコンの画面が通信不能状態に切り替わりました。
あわてて、ブラウザのバック←をクリックしましたが、いままで書いたものはすべて
消えていました。
私は少し怖くなってパソコンの電源を切って閉じました。
そのあとしばらくして、夜中になって慶ちゃんが寝てしまったあと、
「本当は怖い地霊」という題名でブログを書こうとしました。
すると、またブラウザ画面が通信不能の画面に切れ変わって、書いたものが消えてしまいました。
頭の奥で「みんなを怖がらせたらいけないよ、こわくないよ」と聞こえました。
反省した私は題名を「地霊に怒られた日」にかえて反省しました。
すると、ブログをかけるようになりました。
霊という存在は、たとえ幼い子供ややさしい姿で出て来たからといって、
侮ったり、軽んじたりしてはいけません。むしろ、優しい姿やかわいい姿で
でてくる霊は上級霊ですから、そういう優しい相手を軽んじると、
起こらせたときが怖いです。
今回のように実力行使に出られたのははじめてで、驚きました。
私自身、甘えないで、気を引き締めて、霊に対する時も
親しき仲にも礼儀ありだということを思い知り、反省しました。
霊は尊重しなければなりません。とくに、やさしくしてくれる霊やかわいらしい姿の霊は
決して侮ってはなりません。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター