忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残酷に思ったこと

少し前、道路を通っていると、家の庭先から肉厚の多肉植物がはみ出していた。
そこから妖精みたいなのが出てきて「摘んでかえってよ!家で植えてよ!」とか積極的に
アピールしてきた。
ちょっと悪い予感がしたので、それは放置して帰ってきたんだけど、
母親がその多肉植物を摘んで、家に持ってかえってきていた。
ネットで調べてみると、本名アプテニア、通称、ベビーサンローズという。
葉に白い筋が入った子と緑色の葉っぱの子の2種類家に来たのだが、他の人の家を
見ると、庭をはみ出すくらいだから、ものすごく繁殖力がある事は分かった。
だから、庭から一区画離れた場所に隔離してそいつらだけ植えることにした。
予想通り、ベビーサンローズはまたたくまに増えて増殖した。
自分たちの名前を教えてやると、その花の精霊は喜んで
「ベビーサンローズ!と両手を広げて笑顔で叫んでいた。
花の妖精は斑入りの子と緑の子と二人いる。
私の前でもいつもぶりっ子していてかわいい子たちだ。
すごく情もわいてきた。
「ねえ、ねえ中に入れてよ、」と何度も言ってきたけど、庭が全部占領されているので、
中には入れなかった。
ある日、急いで外に出て、庭を見ると、二人の精霊は掴み合いの喧嘩をしていた。
「ワシの領地じゃごるああっ!」「うっさい!わしのんじゃ、ボケ!」
よくみると、狭い領地の中で二人生育領域を争っている。
まあ、植物は生存競争なのでしかたないなあと思った。
そうしているうちにその隔離された場所を一面にベビーサンローズで覆ってしまったが、
中からいくらかか、雑草が生えてきていた。
ベビーたちがかわいそうだとおもい、草を抜こうとつかむと、
葉にギザギザがあり、つかむと手が切れることが分かった。
ベビーたちはとてもかわいくて、多肉で愛らしくて、手でつかむとすぐに折れるように
なっているが、それはかわいいから、人間が植えて持って行ってくれることを知っているからだ。
雑草は人間がつかんで捨てることを知っているので、最初から敵対的に
人間の手を切ってやる仕様になっている。
それでも、手が切れないように用心深く、雑草を抜いていった。
「やったー!もっと抜いて!もっとやっつけてー!」ベビーたちはとても喜んでいた。
しかし、1本の雑草を抜こうとしたとき、間違って少し、ベビーサンローズの葉っぱをちぎってしまった。
「あう~植えてよお」そんな風に葉っぱが言っているような気がして、あわててその場所に植えようとすると
二人のベビーサンローズの妖精がでてきて「植えないでよ!ここは私たちの領地だよ!」「ライバルが増えるでしょ!」と言って植えるのを拒否した。そして「殺せ!殺せ!」と二人で合唱をはじめた。
しかたないので、あやまって摘んでしまったベビーサンローズの葉っぱはゴミ箱に捨てた。
植物の世界は生存競争が厳しいんだなあと思った。
他の木や植物が抜かれたり倒されたりしたら、花の精は悲しむかと思ったけど、むしろ、
喜ぶ。変にテンションが高くて、人間に対しては媚び媚びなので、余計に憐れに思ってしまった。
とくに、草はいつ滅びるかわからない不安定な状況に常にさらされているので大変だ。
この子たちの可愛さも、多方面に分散して生き延びるための知恵なのだなあと思った。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター