忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大富豪ママさん

久しぶりに母と買い物に行きました。
今回買うものが多いので荷物持ちです。
もちろん慶ちゃんたちもついてきます。
スーパーに行ってまず三度豆や菊菜などおかず類を買う。
そのあと、乳製品売り場を通りかかったとき、慶ちゃんたちが大合唱する。
「チーズ!チーズ!」でも母親には聞こえていない。
困ってチーズ売り場をずっと見ていると母が話しかけて来た。
「なに?チーズほしいの?」
「あ、うん、クリームチーズとか」
「あっそ」
そう言いながら母はクリームチーズを無造作に5個、買い物籠に居れた。
「むきょーっ!大富豪だよ!」
慶ちゃんが興奮して叫ぶ。
「どういうことなの?!もしかしてお母様はロスチャイルド一族から派遣されてきたエージェントなの?!」
忍ちゃんがわけのわからない事を言う。
「ちょっと待って!でも、5個しかないから誰か1つしかもらえない子がいるよっ!
剣ちゃんが言った。
慶ちゃんたちは顔を見合わせる。
「慶タン、二つもらった!」
素早く慶ちゃんが二つのチーズにタッチした」。
「じゃあ、わたしも!」
忍ちゃんが素早くタッチ。
話し合いで決めるものだと思っていた剣ちゃんは唖然とする。
「卑怯だよ!みんな卑怯だよ!」
剣ちゃんは一生懸命叫んだ。
「あら、いつも買ってる裂けるチーズはいいの?」
母が言った。
「じゃあ、それも一つ」
そう言って私は裂けるチーズを買い物カゴに居れる。
「わーい!私もボッチじゃなくなったー!」
剣ちゃんが喜んで両手をあげる。
その隙に慶ちゃんが裂けるチーズにタッチ。
剣ちゃんは唖然とする。
「ずるいよ慶ちゃん!なんで慶ちゃんだけ3つも取るの!」
「裂けるチーズは慶タンの専売特許だよ!専売公社だよ!山崎の油座だよっ!」
よく分からないが、裂けるチーズは慶ちゃんのものだと言いたいらしい。
「そんなのずるいよ!不公平だよ!」
剣ちゃんが怒る。
「じゃあ、クリームチーズ、一個あげるね」
慶ちゃんは剣ちゃんにクリームチーズの箱をさしだした。
「わーい、ありがとー!」
剣ちゃんの機嫌は直った。
軽いな。
そのあと、いかなごの新子をかって、冷蔵食品売り場に行く。
そこに売っている納豆のうち、いくつかが半額だった。
「あら、やすいわね」
そう言って母が納豆を買う。
「あらそうかね」
近くに居たお婆さんが寄ってきて半額納豆を買おうとするが、
母が半額シールを張ってある納豆を先に取ってしまう。
お婆さんはすこししょんぼりして、バツが悪かったのか、シールが
貼ってない納豆を手に取った。
「あら、こっちにも半額シールが貼ってある納豆があるわ」
母が言った。
「あらそうかね」
おばあさんがそれに手を伸ばすが、母がそれを取ってしまう。
「一つくらい、残しておいてあげなよ、あつかましいな」
私が母を注意した。
「そう」
そう言って母が手をひっこめた。
「はははは」お婆さんが照れ笑いしながら喜んでその納豆を手に取った。
「大富豪ママさんをいぢめるな!ママさんは偉いんだぞ!」
慶ちゃんが怒って私を蹴ってくる。
「そうだよ!ママさんはクリームチーズ5つも買えるくらいのお金持ちなんだよ!」
剣ちゃんも怒る。
「ふっ、ロスチャイルド一族を敵に回すということは、ウオール街を敵に回すということよ。
それが分かったうえで、あえてあなたは時代のあらがおうというの?」
勝ち誇ったかのように忍ちゃんが言う。
「何いってんだよ、お前ら」
私は呆れかえって溜息をついた。
そのあと、母はイチゴ売り場の横を通り過ぎる。
「いちごー!いちごー!」
慶ちゃんが叫ぶ。
そういえば、最近いちごを買ってなかった。
だって、冬のイチゴは温室栽培でけっこう高いんだもん。
「もう帰るけど、何かほしいものはない?」
母が言う。
「あ、いちごがほしいかな」
私は思わず言ってしまった。
「あらそう」
そう言って、母は無造作に798円のさちのかデラックスとさちのかデラックスを買い物かごに入れる。
私はビビる。
「ちょ、ちょっとまってよ、そんな高いの買って、もっと安いのでいいよ」
そう言って498円のさつまおとめとさちのかデラックスを交換する。
「なにやってんのよ!これは外交問題になるわよ!」
忍ちゃんが怒って叫ぶ。
「剣ちゃんは紅ほっぺがいいです!」
剣ちゃんが叫んだ。
「慶タンはさつまおとめが好きだよ!だって慶タンは夢見る乙女なんだお!」
慶ちゃんだけ賛同している。
そういえば剣ちゃんは紅ほっぺが好きだったんだ。名前がかわいいから。
最近、あまおうを買うことが多くて、紅ほっぺを買うことがなかったなあ。
「ねえ、このさつまおとめを紅ほっぺに変えていい?」
「いいよ」
母はすんなり承諾した。
私はさつまおとめを売り場に帰して紅ほっぺをカゴにいれる。
「わーい!私の紅ほっぺ!」
剣ちゃんが喜んだ。
「慶タンのさつまおとめかえせよ!」
慶ちゃんが怒った。
「ふっ、外交とは妥協の産物だということね」
忍ちゃんがわけのわからないことを言った。
「いいもん!慶タンには龍があるもん!」
そう言って慶ちゃんは龍を出してきてスーパーのレジの上をフワフワ遊泳した。
「私も乗る~」
「当然私も乗るわよ」
剣ちゃんと忍ちゃんも龍の上に乗って三柱でフワフワスーパーの中を遊泳していましたとさ。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター