忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラストチャンス

父と一緒にスーパーにお買いものに行きました。
最近イチゴは章姫が多い。
今日も章姫を売っていたので、それを買いました。
章姫は忍ちゃんのお気に入りだから忍ちゃんがもらいます。
その次、いつものパターンならプチトマトだけど、
今日はふじっこのお豆さんを父が買いました。
おまめさんは剣ちゃんがもらいます。
どうも、今日はプチトマトはかわないみたい。
「残念だったわね」
忍ちゃんが慶ちゃんに声をかける。
「いいもん!きっと慶タンは一番いいものがもらえるもん!”」
慶ちゃんは強がりを言います。
その次、父はカニ蒲鉾をカゴに入れる。
「あらよかったじゃない、カニ蒲鉾」
「ちがうよ!慶タンがほしいのはこれじゃないよ!」
慶ちゃんは受け取り拒否。
最近、慶ちゃんは拒否するとき
「ぷー!」と言って横を向く。
最近慣れてきたせいか、ちょっと贅沢になってきたな。
そのあと、チーズ売り場に行く。
「ちーじゅ!ちーじゅ!」
と叫びながら慶ちゃんがぴょんぴょん跳ねる。
しかたないので、クリームチーズをあげた。
いつもは一柱に一個あげるんだけど、今日はあまりお金がないので、
慶ちゃんに一つだけ。
忍ちゃんはイチゴもらってるし剣ちゃんはおまめさんもらってるし、
慶ちゃんだけもらえなかったからいいよね。
忍ちゃんも剣ちゃんもそれなりに納得している様子。
そのあと、父はわらびもちをカゴに入れる。
剣ちゃんが忍ちゃんの顔を見る。
慶ちゃんと剣ちゃんは前のお買いもので一個ずつ余分にもらっている。
今日は忍ちゃんが一個余分にもらう順番なのだ。だから剣ちゃんは忍ちゃんの
顔色をうかがう。
「あら、ほしかったらあげるわよ」
忍ちゃんが言う。
「ありがとう、じゃあ、もし、ここでお買いものがおわったら、これ、忍ちゃんにあげるね」
そう言って剣ちゃんがわらびもちにタッチする。
その後、父は酢豚を買い、それは慶ちゃんがもらう。
「あら、本当は私が一個多くもらえる日のはずなのに、私がぼっちじゃない、これはどういうこと」
忍ちゃんはちょっと不満顔です。
その時、父がタコ焼きをカゴに入れる。
「良かったね、忍ちゃん」
慶ちゃんがいう。
でも忍ちゃんは不満顔だ。
「あら、私はイタリア人じゃないのよ、タコなんて食べないわ」
「いや、日本人もタコ食べるから」
私がツッコミを入れた。
「じゃあ、慶タンが酢豚とあけてあげるよ!」
「いあらない」
忍ちゃんがそっぽをむく。
「あの忍ちゃん、わらびもちと交換しようか」
バツが悪そうに剣ちゃんがわらびもちを差し出す。
あら、ありがとう、お礼に次に貰うものはあなたがとってもいいわよ。
そう言って忍ちゃんがわらびもちを貰った。
すると、父は次にマシュマロをカゴに入れた。
忍ちゃんは愕然とする。
「なんてこと!マシュマロじゃない、私のマシュマロじゃない!」
その光景を見て剣ちゃんがすごくバツが悪そうな顔をする。
「あの……、忍ちゃん、マシュマロもらう?」
「あら、何言っているの、オーストリア王室をみくびらないでちょうだい!」
忍ちゃんは毅然とした態度をとった。
忍ちゃんあhオーストリア王室と何の関係もないけどな。
忍ちゃんが毅然とした態度をとったので、もうしわけなさそうに剣ちゃんは
ましゅまろを貰う。
その次、甘栗がカゴに入ってきたので、それは慶ちゃんがもらう。
「ああ、美人薄命って言うけど、私のような美しいヒロインはつねに苦難にさらされる
運命にあるのねっ!」
お菓子一つもらえないだけで、此の世の終りみたいに深刻な顔をする忍ちゃん。
「コートではコートでは誰でも一人一人きり 私の愛も 私の苦しみも 誰もわかってくれないー」
憂いを含んだ顔で忍ちゃんが歌いだした。
「ここはコートじゃないけどな」
私は冷静にツッコミを入れた。
すると、慶ちゃんがお菓子売り場の棚によじ登って、その一番上で胸を張って、
忍ちゃんに指をさす。
「追ってきなさいひろみ。あたくしは永遠にあなたの前を走る。あたくしはあなたより先に倒れたりしない。どんなに苦しくとも!」
何をやっているのだお前ら、意味が分からないよ。
その時、父はパン売り場に行った。そして、六個入り六甲ミルク入りロールパンを
買い物籠に入れた。
「やったわコーチ!」
忍ちゃんが叫ぶ。
はいはい、よかったね。
父はそのままレジに向かう。
「結局、私は一個多くもらえなかったわね。」
そう言って忍ちゃんが溜息をつく。
その時、慶ちゃんがレジの向こうに指をさした。
「まましゃ~ん!」
そこに、買い物が終わって、ビニール袋に買ったものをつめている母がいたのだ。
レジで会計が終り母のところにいく。
「あ、あれはっ!」
忍ちゃんが指をさす。その向こうには
おフランス企業のダノンのプチダノンヨーグルトが入っていたのだ。
「ねえ、これ私がもらっていい?いい?」
忍ちゃんは必死に慶ちゃん、剣ちゃんにきく。
「いいよ」
「いいよー」
慶ちゃんも剣ちゃんも笑顔で承諾した。
「宗方コーチ!」
喜びのあまり、忍ちゃんは私に抱きついてきた。
そのあと、ハッと気づいて、ちょっと顔を赤らめて「ふん」と言ってそっぽを向いた。
ちょっとかわいい。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター