忍者ブログ

頭の中の池内慶

空想ファンタジーブログです。 私と脳内タルパたちの愉快なヨタ話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは無理。


氏神様にお参りに行った帰りのこと、神社の境内にたたずむ藤子さんを発見。
「妹様にお願いして、黒石神社の知名度を?」
それを聞いて日頃はいつもにこやかな藤子さんが眉をひそめた。
「お願いだよ~。」池内慶が言った。
藤子さんは困り顔になった。
「あなたたちいは分からないでしょうけど、神界にも色々と事情があるのよ、
とくに私は花の精霊と言っても妹様とは縁遠いから、桜の精霊のあの子に頼んでみたら?」
そう言って藤子さんは神社のご社殿の近くに立つ少し細い桜の木に目をやった。
藤子さんより若い木であるが春には美しく立派な桜の花が咲く。
その桜の木を凝視していると、その下で桜の花びらの模様の着物を着た黒髪の毛の長い
平安貴族の姫様のような女性がうかびあがってきた。
女性は漆塗りのふみ机の上に巻物を広げ、そこに墨で達筆の字を書つづっている。
その後ろには茶色いジャケットに白のブラウスを着た女性が立っていた。
おそらく木の精霊だろう。
「小桜先生、早く原稿お願いしますよ、恋愛小桜絵巻落としちゃうと、私が編集長に怒られちゃうんですよお。」
なにやら、そんなことを言っている。
「それは難儀どすなあ、そないに急かされたら、何も書けへんようになってしまいます。」
桜の精霊はか細い声で言った。
「急かすなんてとんでもありません、先生の作品を霊界のファンの皆さんが待ち焦がれているという
だけのことなんです。先生、大人気ですよ!」
木の精霊らしき女性がそうおだてると、桜の精霊は薄い笑いを見せて、
急に筆のペースが速くなり、一気に巻物を最後まで書き上げた。
「ほら、完成した、ウチは褒められて育つ子なんどすえ。」
墨でかきあげた巻物を手渡されてニッコリ笑う木の精霊。
「ありがとうございます!小桜先生にはいつもお世話になっております!」
すると桜の精霊もニッコリ笑った。
「いいえ、ウチこそ、このような若輩の桜の精霊をご贔屓いただきまして、
心から感謝しとるんどすえ、御社の為なら何でもさせていただきますえ。」
それを聞いて気を良くした木の精霊はつい口をすべらせた。
「ありがとうございます!でしたらこの巻物に書いた原稿をワードに入力して、ついでに
誤字、脱字のチェックもお願いできますか?」
それを聞いた桜の精霊の顔が無表情になる。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ああ、なんか
文を書く気力が急速に失われてしもたどす、次の連載を書き続ける自信が無くなったどす。」
それを聞いて木の精霊は凍りついた「小桜せんせーーーーー!!!!!」

霊界の人気ライター
花小桜

好きなこと
歯の浮くようなお世辞を言ってもらうこと。

嫌いなこと
面倒くさい事務処理
確定申告の計算
税金控除の領収書のおよび経費申請の帳簿記録作業

性格
ガラスのハート

 

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/09 楠乃小玉]
[03/09 ぐり~ん]
[02/04 楠乃小玉]
[02/04 ぐり~ん]
[02/02 楠乃小玉]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

アクセス解析

カウンター